天津むし寿司


a0095931_1674615.jpg 本日のお昼ごはんです。一見天津飯に見えますが、中身は市販の穴子の押し寿司。それを蒸してあたたかい蒸しずし(京都の人は「ぬくずし」というようですが)にして、その上に卵焼きをのせ、レンコンが入ったとろとろの餡をかけます。メニューはこれにほうれん草のおひたし。
a0095931_16184287.jpg 最初、穴子寿司を買ってきて何かしようとするから、そのままでもいいのにとeは思ったのですがひと手間かけないと気が済まないのび丸。どうも料理はストレス解消のため必要なものらしく、忙しくなればなるほどエスカレートしていくようです。暇だとどっかに食べにいく時間があるんですが、ないので怒濤のように帰ってきてがんがん料理して食べてまたすぐ仕事に出て行きます。
a0095931_1018247.jpg ちなみに同じ日の朝ご飯。あたたかいカリフラワー蕎麦。姪が泊まったので3人分作りました。小さな白いものがカリフラワー。それに小松菜、台湾で買った乾燥あみがさだけをもどして切ったもの、人参入り。お揚げに見える白い四角いのもあみがさだけ。eの好物なので一個まるまるもサービスで入ってます。普通中華料理には良くつかわれるけど蕎麦にはめずらしいかも。
by nobimaru | 2010-02-10 16:08 | 昼ご飯 | Comments(0)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru