熟成したボルドーと鴨


熟成したボルドーと鴨_a0095931_11343296.jpgワイン好きのくせにセラーをもってないので納戸にほっぽらかしていた赤。過酷な夏を何回かすごしてきたので、心配になってやばい、開けようということになりました。メモを見ると、2004年に買ったらしい。「シャトー・コスデストゥルネル」サンテステフのスーパーセカンドと書いてある。10年ちょっとくらいで熟成するわけがないんですが・・・
熟成したボルドーと鴨_a0095931_11424879.jpg玉名の友人の牧場でとれたぴかぴかのターサイとエリンギと調理直前まで生きていたエビのクリーム煮をとりあえずのスパークリングワインで。
熟成したボルドーと鴨_a0095931_11451518.jpg珍しくリピートする一本。品種がシャルドネとピノノワールなんで微妙にピンク。ロゼじゃないですけどね。オーストラリアのヒドゥン・セラーズ。

熟成したボルドーと鴨_a0095931_11491585.jpgターサイは意外と癖が無くて使いやすい野菜です。生の時、みかけは色が濃くて取っつきにくいですが。エビはのび丸が魚の対面コーナーで魚屋さんの目の前で一匹一匹掻き回して生きているのを確認しながら選んだもの。はらはらですがやるんですよ〜のび丸は・・でもおかげで抜群にぷりぷり。
熟成したボルドーと鴨_a0095931_11541394.jpgにんじんのサラダです。これも玉名の友人から送られた無農薬。千切りにして家にあったスパイスと塩と油と柑橘?であえたもの。箸休めに。
熟成したボルドーと鴨_a0095931_11564334.jpgメゾン・カイザーのパンに乗っけるとスパークリングワインに妙にあいます。カナッペやね。
熟成したボルドーと鴨_a0095931_11585068.jpg・・・つぎました、赤ワイン。1時間ほど前に抜栓しておいて。
熟成したボルドーと鴨_a0095931_1202054.jpgぎゃー、やっぱり熟成している!きれいな赤が微妙な茶色に色づいて・・・すまないたった12年で・・。でも在る意味ラッキーでした。たくらんでもこううまくは熟成しないよなあという感じ。若々しい頂点から少しだけ下った季節の味わい。そんな尊敬すべきワインには・・・
熟成したボルドーと鴨_a0095931_1225931.jpgのび丸の鴨!これはもう黙って食って黙って飲むしかない。鴨を焼かせると失敗なしののび丸ですが、今回簡単さが進化した調理法をためした所、かわらず旨い〜〜〜。次回ご説明します。玉名の牧場のほうれん草を茹で、くるみの油などで和えた付け合わせと赤い胡椒をそえて。
熟成したボルドーと鴨_a0095931_12154971.jpg玉名の牧場のお芋をマッシュしスパイスと塩をしてオーブンで焼いたもの。芋好きの報告者eの顔がほころびます。皮が赤くてしっかりした珍しい馬鈴薯です。上にチーズをのせるまでもなく、バターだけで深い味わい。
熟成したボルドーと鴨_a0095931_1219116.jpg鴨の上にほうれん草、そのまた上にお芋。とにもかくにもごちそうさま!08年12月13日(土)の焦ったワインともらい物の友人手作りの野菜で、久しぶりに幸せなのび丸の晩ご飯でした・・・。
by nobimaru | 2008-12-20 12:07 | ワイン | Comments(0)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru