離陸する飛行機の音を聴きながら・・

離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_23402066.jpeg
花見弁当持って午前中に飛行場へ。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_23410124.jpeg
ボチボチ葉っぱが見え始めていた桜。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_23411573.jpeg
石のペンチに陣取ってかばん家のパンを切ります。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_23450396.jpeg
メニューは
手前がタプナード。
左の緑色がモミモミサラダ。今回はスモークサーディン入り。
奥が牛もも肉ブランデー幽庵風干しとマッシュドポテト。
レシピは最後にコピペします。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_23481062.jpeg
ワインはイタリアのロゼフリザンテ。微々微発泡。
肉の色が綺麗。
いただきま〜す。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_23482797.jpeg
島へ向かう飛行機やヘリコプターが視界に。音ものんびり。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_23484043.jpeg
花びらの絨毯。子供連れが三々五々到着。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_13093002.jpeg
しっかりスモークがかかったオイルサーディンのサラダ。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_13305842.jpeg
中央に離陸しようとする新中央航空の飛行機・・
わかりにくいですがちょっと浮いてる〜。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_13143803.jpeg
普通は半分しか食べないかばん家のフランスパンを全部カット。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_13111777.jpeg
お肉に桜の花びら・・
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_13112865.jpeg
駐機場へと引っ張ってもらってる飛行機。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_13224727.jpeg
チーズを海苔で挟んで。ワインのお供。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_13115700.jpeg
最後の花を楽しんでいます。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_13173559.jpeg
都心よりも少し遅い桜でした。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_13174677.jpeg
のび丸がターミナルのトイレから帰ってきたので
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_13175569.jpeg
帰ろう。長閑で大好きな小さな公園です。
離陸する飛行機の音を聴きながら・・_a0095931_13180813.jpeg
帰りのミニバスからみた大沢あたり。
この反対側に大沢グラウンドがあって少年たちが野球の練習中でした。

今年も花見は終わり。

ごちそうさまでした。


備忘録レシピです。

かばんちのフランスパン

タプナード: 
瓢亭玉子を作り、黄身と白身に分ける。
春玉葱をスライスして塩をし、水洗いして絞る。
潰して種を抜いたオリーブを刻み、行者ニンニク・黄身を混ぜ、
玉葱・刻んだ白身と和えて塩で調味。


もみもみサラダ: 
キャベツ・うるい・三つ葉を切って塩を振って揉み、
クミン、ディルなどの乾燥ハーブと橙の汁・オリーブ油を加えてさらに揉み、
スモークサーディンと合わせてビニール袋に詰めて一晩置く。

和牛もも肉スライス: 
もも肉ブランデー幽庵風干しを適切な大きさに切り出し、
アルミ箔に包み、 予熱したオーブントースターで7分、
ひっくり返して3分焼きそのまま冷めるまで置く。
冷蔵庫で休ませ、スライス。

                          
マッシュドポテト: 
ジャガイモを茹でて発酵バターを混ぜて潰し、
ディジョンマスタードを加えて和え、塩で調味。
               
パルミジャーノレッジャーノはブロックで持って行き、
その場でスライスして沼田の海苔に包む。




Commented by kobacken at 2021-04-08 16:23
週末になると、飛行場へ行きたいと思うのですが。。。涙
桜吹雪の中でのワインピクニックいいなぁ。
飛行機にも乗りたい。
Commented by nobimaru at 2021-04-08 19:24
小さい公園なので桜が散ると飛行機の音以外何もないです。
でも島行き飛行機はおすすめです。地面が近いし・・
スリル満点ですよ〜!!笑
by nobimaru | 2021-04-07 23:15 | お弁当 | Comments(2)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru