イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。

最近芸術に触れていますか?観た、創った芸術の話聞かせて!

イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_12473552.jpg

朝10時に見学予約した高松市牟礼のイサム・ノグチ庭園美術館前。
石垣の向こうが彫刻の庭。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_12505468.jpg
1枚目の写真の場所に向かいます。
のび丸は午後から仕事なので早朝の琴電。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_12510622.jpg
車窓に屋島が見えてきた。ずーっと島だと思ってた奥様e。半島でした。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19184669.jpg
近づくとなかなか険しい山だということがわかります。紅葉ピークね。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19193491.jpg
25分で庭園美術館の最寄りの駅に到着。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19203703.jpg
八栗という駅。屋島の対岸の半島。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19213499.jpg
晴天に恵まれたので20分ほど歩きます。早速源平合戦古跡が。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19214962.jpg
ゆっくり見てると見学時間に間に合わないので。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19220780.jpg
途中○通も博○堂のコピーライターもひっくり返ると
思うほどの看板に出会う。初めわからなかった我ら。あ〜〜。インパクト大!
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19223030.jpg
どんどん通り過ぎる。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19225354.jpg
海だったのか?
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19234717.jpg
小学校跡。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19241540.jpg
石材店。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19243450.jpg
また石材店。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19244744.jpg
ここを曲がらずに次の電柱を右に。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19250967.jpg
川のそばを歩く。のび丸は一度行っているので
歩いて楽しい道を選んで歩きます。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19252840.jpg
受付がある家に着きました。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19280212.jpg
ストーブが焚いてある室内で見学者が揃うのを待ちます。
イサム・ノグチ庭園美術館へ行くぞ〜。_a0095931_19282209.jpg
石垣の向こうからは撮影ができないので皆さんここで記念撮影。
期待大だ。それにしてもここはマジに石の産地なんだなあ。
イサム・ノグチが選んだ意味がやっとわかった。

約1時間で見学おわり。庭園内にはイサム・ノグチが
暮らした家もあり、庭の小高い丘からは対岸の屋島が眺められます。
みなさんゆったりと彫刻の間を巡りながら名残惜しそうでした。

のび丸が初めて行った時は午後だったので夕焼けが素晴らしかったそう。

確かにここは何度も来たいとこだなあ。

札幌のイサム・ノグチ最後のデザインのモエレ沼公園も外せないし。

この後うどんを食べてのび丸は高松で仕事。
奥様eはお友達がいる小豆島に一泊の予定。

続きます。


Commented by kobacken at 2019-12-10 14:31
わーーー、素敵な旅!!
私もイサム・ノグチの、そこに行ってみたいんですよねぇ。
彼の世界、空気感を、生まれ故郷で感じたい!!
Commented by nobimaru at 2019-12-10 18:50
このあたりは今まではほとんど縁がない場所だったんですが、今回行けて本当に良かったです。行ってみると高松市から近くて。念願叶いました〜。肩の力がふっと抜けるような場所でした。
by nobimaru | 2019-12-09 22:46 | お散歩・旅 | Comments(2)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru