五島のかたやきそば「炒麺(チャーメン)」と五島うどん。

五島では宴会の時超大きいお皿の
皿うどん(と把握)を出前でとります。
みんなで五島に行った時奥様eだけこれを経験できなかった。
a0095931_09191195.jpg
いつも五島うどんをとる五島の店にこんなものもあったので注文してみました。
a0095931_09192690.jpg
パリパリ麺の堅やきそば。
二人ぶんたっぷりあって一個270円。
a0095931_09202614.jpg
このお皿の直径は30センチ。五島皿うどんとは比べられませんが
そこそこでかいです。
とろ〜っとあんかけにした具材を乗っける。キャベツ、もやし
なぜか白魚と試しに買ってきてみたカニカマ。
最近のカニカマって進化著しいなあ。

いつもは五島うどん(乾麺です)しか取らなかったけど
次回からこれも必須かも。

パリパリ麺がかけだれでしっとりしたところを
ずるずると食べるのが醍醐味です〜。
揚げ麺なのでずるずるしても香ばしい。

しかしずーっと皿うどんと思ってたけど
炒麺という名前なんですね。

お店は五島の山本海産物

遠いからか送料が高いのでいっぺんに注文。
次は2年後くらい?

a0095931_09371406.jpg
ちなみに五島うどんは細め。こんな風に冷やしそうめん風に
a0095931_09370139.jpg
お昼ご飯に食べたり
a0095931_09382646.jpg
コシがあるので暖かいひっぱりうどんとして
a0095931_09384320.jpg
お酒の後やお酒なしの軽い夕飯にも重宝します。

そんな時美味しい五島うどんは常備乾物として
欠かせません。

ごちそうさまでした。

by nobimaru | 2019-09-22 09:50 | 昼ご飯 | Comments(0)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru