宴会編。ホヤが初めての姪。こりゃバケツいっぱい食べたいっ、らしい。

a0095931_08263597.jpg
ホヤです。ところてん、山芋の千切り、きゅうりと。
田丸屋のつぶつぶわさびがトッピング。
絵的にはキレイですが、普通のわさびの方が良かったらしい。
バケツいっぱい食べたい姪。〜・・・。
a0095931_08265141.jpg
お盆時期ですが火曜日市場が空いてて
ホヤのみならず青柳もありました。
本当は珍しいイシガキ貝を狙ったけどなかったので。
夏の青柳は美味しいし。
あんまり使わなかった蓋つきのガラスの珍味入れ。
a0095931_08281439.jpg
青柳オープン!美しい。
a0095931_08284755.jpg
みょうがと三つ葉にわさび。地海苔を醤油で和えたもので。
a0095931_08285921.jpg
これは青柳の貝柱と紐の部分。ネギなどと和えてます。
a0095931_08291005.jpg
ホヤの残り。お酢などで和えてます。ネギを叩いたものをトッピング。
a0095931_08292024.jpg
カツオのヅケ。
新玉ねぎのスライスに塩をして置き絞ったもの。
よく使うので塩たま、と言ってます。それとネギ。
a0095931_08282939.jpg
新イカの握り。生姜トッピング。小さい新しいイカだからか
新子と同じく、柔らかくとろけます。
a0095931_08283644.jpg
青柳リピート。

a0095931_08293250.jpg
新イカの寿司リピート。
a0095931_08294668.jpg
イカゲソ。料理の種類は多いですが一皿を3人で食べるので
量的にはちょうどいい感じ。
a0095931_08295942.jpg
さて新子。これも初めて。という姪。
どこかのお寿司屋さんで食べていると思うけど
パンとオリーブオイルと、は姪も始めてでしょう。
まあ季節物なのでその時に日本にいないと出会えないですね。
a0095931_08411835.jpg
そう考えると日本の四季は真剣に取り組まないと
徒や疎かにはコメントできない厄介な代物だなあ。
前回きらず和えを下地にしたのでキレイに盛れましたが
今回きゅうりなのでやや無骨。
a0095931_08413127.jpg
ワインは2月に千歳空港のワイン売り場でプロモーションをしていた
オチガビワイナリーのシャルドネ2015.
クリスタルに透き通ったワイン。軽く熟成感もあり美味しい。
a0095931_08415951.jpg
オリーブオイル漬けに合わせるのはシャルドネはちょっと違ったかも?
でもとてもハイレベルなワインです。
a0095931_08414506.jpg
美味しい。口に入れると新子はすっと溶けてパンしか残らない感じ。
a0095931_08420812.jpg
酢飯があるので新子の握り。三尾乗せです。う〜ん本領発揮。
新イカの寿司もこれもこのあっという間にとろけて残らない感じを
日本人は愛でたのですね。
一口3秒くらいで無くなるのにものすごい作業量。
日本人って・・・意地悪?何言ってんですかね、奥様e。
a0095931_08422295.jpg
食事の時に飲まない方は呆れるのではと思いますが、つまみはまだあります
黒はんぺんは静岡おでんの必須アイテム。
はい、おでんです。
a0095931_10155453.jpg
黒はんぺんとこんにゃくのおでん。静岡のおでんに欠かせない「粉」
の代わりに削りたて鰹節と青のりをトッピング。
子供は串が好き、と思って用意したようですが子供は隣の部屋で熟睡。
姪は幸せそうにばくばく食べてます。
a0095931_10160974.jpg
最後に冷や汁。九州ではよく食べてました。
宮崎の冷や汁が有名ですが色々なバリエーションで
各地にあります。夏の食欲不振に最適です。

ごちそうさま。

次の日国領の遊び場に行って帰ってきて
のび丸のお昼を食べて帰ります。

続きます。

Commented by kobacken at 2019-09-01 16:19
とろけるイカとは・・・寿司では「とりあえずシメサバとイカ!」の私としては、お代わりしたくなるのもわかります。
オチガビワイナリーのシャルドネもそそりますねぇ。
最近、余市周辺アツイです!!

静岡おでんに、最後は奥様のソウルフードで攻めますか。
これでもかと食べ物が出てくるって、のび丸さま、魔法使いに見えますね。
Commented by nobimaru at 2019-09-02 09:58
eです。
確かに北海道・静岡・九州と全国縦断してますね。笑
千歳ではオチガビワイナリーの社長がテイスティングさせてくれました。おっさんでした。毎日畑に出てるなあという感じの。ワイナリー経営は農業なんだという矜持が感じられました。

Commented by のび丸 at 2019-09-02 10:03 x
墨烏賊の子供を新イカと言います。夏に出回る季節の寿司ネタですな。その扱いは、新子と並んで超めんどくさい。捌くのは簡単です。薄皮を剥くのが大変。竹串を使って手掛かりを作りながら剥いていきます。完全には取れませんねえ。それでも、この工程を経ればふんわり柔らかな口当たりになります。
ちなみに、写真の握り寿司は一貫につき一杯の新イカ。
by nobimaru | 2019-09-01 15:30 | 宴会(3人以上の食事) | Comments(3)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru