新子118尾をいただきます。


いただきます。
a0095931_10515528.jpg

新子の酢締めの出来あがり。
小さい・・・
ちゃんと身だけになっています。
a0095931_17083965.jpg
とりあえずビールでお疲れ様。
a0095931_17085020.jpg
青柳。噛むとサクッとしてじわ〜っと美味しい。
きゅうりとわさびで。
a0095931_17090669.jpg
青柳のヒモを酢漬けミョウガと。
しかし118尾の新子とトビウオ、その上
青柳まで買ってきたのね。・・・
a0095931_23460273.jpg
新子を食べる準備が整いました。
もう22時半じゃ!
a0095931_09403263.jpg
近くのかばん家のバゲットとスペインのオリーブオイル。
この組み合わせを最初から目論んでいたようです。
贅沢・・。
a0095931_09435193.jpg
真ん中にきらず和えを盛って
その上に新子を盛り付けています。
a0095931_09413924.jpg
ふふふ、これも美味しい。
すみません。新子を食べた感想を書いてませんでした。
のび丸のコメント通り、口の中で
すっと溶けて無くなります。魚とは思えない。
a0095931_10454752.jpg
パンに一尾とってオリーブオイルを垂らし
食べます。パンとオリーブオイルだけが
かろうじて口の中で形をとどめ、
新子はすっととろけてえもいわれぬ儚い後味を残して
どっかに行ってしまう・・・
a0095931_09395131.jpg
カヴァが最適だったかもしれないですが
丹波ワインの甲州泡、これは・・
辛口と表示されているとはいえ新子に合わせるには甘い。
フルーティと書いてあったのに察するべきでした。
a0095931_10461257.jpg
それでももちろん飲みます。
パンにチーズにブルーベリージャムとかならぴったりかも。
a0095931_10460090.jpg
イワシ系にオリーブオイルは本当に合いますね。
a0095931_10515528.jpg
2回目の盛り付け。
a0095931_10521372.jpg
美味しいものは美しい・・なんて言いたくなる。
a0095931_10531669.jpg
ラストの盛り付け。だんだんワインもいい感じに。
a0095931_12395492.jpg
新子の表と裏。小皿は直径14センチです。
なかなか上手にさばけてませんか?
a0095931_12474800.jpg
トビウオの自家製玄関先扇風機干物。
調布産パプリカを奥様eがJAで見つけました。
a0095931_12495558.jpg
トビウオの干物、作りたてでふっくら。
パプリカも小ぶりですが肉厚!
a0095931_12480338.jpg
パンとオリーブオイルときらず和えとで
魚たちを食べながら大変だった一日を振り返ります。
a0095931_12481656.jpg
パンと新子とオリーブオイル。
(なんかのタイトル見たい)この小ささに
挑戦したのび丸。
自業自得とはいえ本当にお疲れ様。
付き合った奥様eも、いえ疲れてません。
大満足。それでも
全部食べ終わったのは真夜中でございました。

ここまでお付き合いくださりありがとうございました。

しかし、この日はパリから姪が東京についているはずの日。

もちろん、新子があれば作りませすよ。
あればね。

ありました・・・週末静岡に法事で往復。

週明けにまた

小魚地獄に突入です。

食べる方は天国ですけど。




Commented by のび丸 at 2019-08-28 21:40 x
いやはや。「許してください。もうしません。」と言いながら捌きました。
新子は腹骨も梳くのですが、梳かなくても酢に通して一晩置けばほとんど引っかかりません。腹骨まで梳いたものは口に入れると風味だけ残して雪のように消えます。これが新子の真骨頂ですな。と、このオヤジギャグが言いたいばかりにこんな苦役を。
フランスパン・オリーブオイルと合わせたのは、スペインバルで出てくるイワシの酢漬けのイメージからです。まあスペイン人が食べたら驚くだろうねえ。
by nobimaru | 2019-08-28 12:59 | 魚料理 | Comments(1)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru