バレンシアで料理する 9)バレンシアで最後の一日。晩餐

7月19日20時48分

バレンシア最後の晩餐です。
中央市場で買った食材は残さず食べて帰りたいですね。
のび丸作サラダのレタスはここで買いました。
シャキシャキで味が濃いレタスは2個で1ユーロ。
a0095931_10594800.jpg
ブータンノワールみたいなサラミときゅうりのぬか漬け(のび丸持参)は
変な組み合わせですがすごく合ってます。
レタスの芯に近いところも一緒に。
a0095931_10582421.jpg
レタスの葉っぱ。
持参の地海苔とオリーブオイルのドレッシングものび丸作。
とても合います。
a0095931_11054212.jpg
モッツァレアのようですがもっとコクがあるチーズも一緒に
つまみながらビールを飲みます!粒胡椒がポイント。
チーズは素晴らしく美味しいですが市場内のどこで買ったか
覚えていない・・・チーズはもっと食べたかった食材です。
a0095931_11073339.jpg
ビールや揚げ物用の大きなオリーブオイル、日用品は
近くのメルカドーナで。肉魚、ワインも売ってます。便利でした。
a0095931_11372848.jpg
中央市場のカタツムリ屋さん
a0095931_11101893.jpg
ここで買ったカタツムリの料理。創太シェフ調理。
前日、出来立ても食べましたが、一晩おいて温め直したのも
(多分です。何か新たに加えたかもしれません)
味が落ち着き上品なコクも加わって絶品。
a0095931_11121942.jpg
この上質の食材店では壁一面バレンシア産のワインやカヴァが
並べられてて迷いました。市場正面の角の店です。
ここでカヴァのヴィンテージとロゼを購入。
どちらも2000円くらい。
a0095931_11371560.jpg
カタツムリくらいからカヴァ飲んでます。うまいっ!
最後まで取っておいたロゼカヴァ〜。
カヴァの地元だしね。感慨無量。
a0095931_12321338.jpg
この卵屋さん。初めて来た時のび丸はうっかり鳥肉屋さんで
卵買ったんですが、創太シェフはここを利用したようです。
a0095931_11182297.jpg
残った卵でオムレツ作ったのはのび丸。色々入っています。
a0095931_11171662.jpg
肉はここで。
a0095931_11154635.jpg
創太シェフ、焼いてます。顔ハートいらないかもですが、
まあお約束で〜。台所があるところにはのび丸は
いつも使っている包丁をトランクに入れて持参。
アパルトマンには大体、切れない包丁しか置いてないので・・。
今までの情けない経験から学んだのですな。

今回創太シェフについて気がついたところ。
よく手を洗う。アパルトマンに着いた途端に
溜まってた台所ゴミを速攻で捨てに行った。
その後も気がついたら捨ててくれてました。
なにしろ色々早い。休憩中も台所のオーブンなどで料理が進行中。
のび丸が気がついたこと。一緒に台所に立っていても
(見かけより狭いです)すれ違う時絶対当たらない。
調理中姪が横で色々喋りかけても全部答えてる。
(これは見習ってほしい奥様e 笑)などなど。
とても面白かったようです。
a0095931_11364188.jpg
ちなみにアパルトマンのみならず、普通のホテルでも
割り箸は必需品。昔パリの街を割り箸探して歩いた
情けない思い出が蘇る・・以来海外へは絶対持参します。
そうそう今回同行者持参の爪楊枝が!カタツムリに大活躍でした。
スペインには爪楊枝必携(ピンチョス用)。
a0095931_11162547.jpg
絶妙な火の通り具合
a0095931_11163872.jpg
この豆屋さんも気に入って通いました。
a0095931_12471387.jpg
まとめてソテーして肉の付け合わせに。
a0095931_12475739.jpg
カヴァの後は肉に合わせて
リベル・デル・デュエロの赤ワイン
a0095931_12492094.jpg
このお店は通いました。さっき買った肉を見せて
ワインは?と聞いたら即座に選んでくれた。また行きたいなあ。
a0095931_12493688.jpg
値段見ると最初に買ったリオハの三分の一くらいの安さで
この値段のワインで大丈夫?と聞いたら
安いけど絶対おすすめ!と笑顔。
若い濃い赤!ありえない14%なんですが
肉と良く合って、するする飲んじゃいました。
お姉さんありがとう!!
a0095931_12541167.jpg
ほとんど食材を食べ尽くした
楽しい美味しい晩餐でした。

創太シェフ、のび丸
お疲れ様。

ごちそうさまでした!!!

by nobimaru | 2019-08-09 13:15 | 海外で料理! | Comments(0)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru