バレンシアで料理する  8)薪で炊くバレンシアのパエリアを食べにビーチへ。

【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!


はい!マジに本場のパエリアです。

パエリアは何を隠そうこのバレンシアの名物料理。
今やスペイン料理の定番にはなっていますが。

市内から南に15キロほど行ったところにあるアルプフェラ湖という
大きな湖の周りに水田が広がるという、スペイン随一の米どころ。
それがバレンシア。そしてその米を使った料理がパエリア。
(今回初めて知ったことが多すぎます・・・汗)
水田地帯にも行きたかったなあ。
アルプフェラ湖周辺にはたくさんのパエリア料理店が並んでいるらしい。

ここはバレンシア市内のビーチの有名店。
薪で作るパエリアのお店です。
a0095931_08230986.jpg
この店入口のガラス張りの向こうで薪火でパエリアを調理しています。
料理人さんたち超暑そう。人が覗くと楽しそうに振舞うところがプロ。
のぞいてないとまじあつ〜〜という感じで料理。10口の薪コンロしかないので
1組2パエリア鍋しか注文できません。
a0095931_08325846.jpg
まずは前菜。で〜〜っかいトマトのサラダ。
a0095931_08250904.jpg
すでにかかっているけど追加のオリーブオイルも添えられます。
a0095931_08542891.jpg
もちろんたっぷりかけます。
冷えたトマト、ツナ?玉ねぎ、ししとう
ていうか唐辛子ですね。あまり辛くない。
カイワレ。ん?カイワレって福岡の志賀島発祥では?!
野菜、美味しいなあ。
a0095931_08544439.jpg
生ハム。色が変わってますが部位によるらしい。
奥様eは魚の生ハム(??)かと思ってました〜。
a0095931_08545726.jpg
小イカと小さくて短いししとうの揚げ物。ししとうの種類どれだけあるんじゃ。
ビールに合う!
a0095931_08551845.jpg
小魚の揚げ物。海辺の街だけあってこういうの
いいなあ。新鮮で美味しかった。我が家でも時々似たようなの食べるし。
a0095931_08553053.jpg
美味しいつまみでビールやワインを飲んでいるとパエリアが出来上がってきます。
まずはフィデオというパスタで作るパエリア。
バレンシアやバルセロナがあるカタルーニャ地方の名物料理。
でかい〜。どけどけ〜って感じで持ってきてくれる。
a0095931_08554495.jpg
そして、お米のパエリア。一緒に食べると、ソバメシだ〜と思ったのは
奥様eだけか・・。お米がちょっと大きくてしっかりして噛むとじゅわ〜と
魚介類のお出汁が口の中に広がります。味は濃く食べ応えがあるので
炭酸か白ワインがオススメ、いやカヴァでしょ。
a0095931_08230986.jpg
本当はバレンシアの名物パエリア
「ウサギ(鶏肉の時も)とインゲン豆のパエリア」や
「イカ墨パエリア」も食べたかったけど予約してなかったので
残念。しかし予約しないでよかった。色々あって遅刻したんで。

遅刻したので焦って周りを楽しめなかった、割に
楽しんだのですが、すぐ横のアレナス・ビーチ(Playa les Arenes)。
右のほうには大きな客船が停泊する港も見えます。
うむ、地中海ではないか。泳ぎたかったなあ。
a0095931_08242907.jpg
歩きやすい歩道には強烈な陽の光を受け止めて
ちょっと萎れた夾竹桃、だよね。少し変わってます。
a0095931_08243953.jpg
石垣島を思い出してしまう日差し。店に向かっている13時半。
この辺は高級別荘地。
a0095931_08245280.jpg
食事の後、ビーチへ。
遠浅みたい。あれに見えるは地中海クルーズ船?!
a0095931_09560043.jpg
しばし地中海を楽しみました。
a0095931_09354432.jpg
仕事派は仕事に、残りはバスでアパルトマンへ。
バスから見えた闘牛場!切符売り場らしきところに
人が並んでたので闘牛があったのかも?!
a0095931_09371856.jpg
闘牛場のすぐ横がノルド駅(北駅)
バルセロナには南にここから徒歩十分の
新しい駅、ホアキン・ソローリャ駅から出発しました。
a0095931_09373659.jpg
ところでこの日、割とスペインの日常に近い食事の取り方をしましたね。

起き抜けにコーヒーなどを飲み。
市場のリカルドさんカフェで朝食をとったのが
9〜10時。
仕事する人は仕事に行き、
13時〜16時までみんなでゆっくりパエリアなどの
しっかりしたお昼ご飯。
その後仕事に行く人は仕事、
その他はビーチで遊び、アパルトマンに帰りました。
夜9時ごろ全員集まり、遅い夕食。
9時半くらいまで明るいです。

夕食は軽く。
まずはエスカルゴのトマト煮。料理は創太シェフ。
休憩してたはずなのにいつ作ったんだろう。
a0095931_20521340.jpg
全部食べたわけではないです。
エスカルゴのにんにくバターつぼ焼き
ではなくトマトソースって初めて食べましたが
美味しい!巻貝みたいに砂噛んでないし〜。
a0095931_20525603.jpg
オムレツと豆と牛肉の端っこ。
a0095931_20531256.jpg
肉のメイン部分は次の日の晩餐用に。
シンプルなレタスのサラダ。
オリーブオイルと塩とレモン?バリバリ食べます!
a0095931_20533500.jpg

スペイン人に習って美味しくて軽い夕飯でした。

次の日はバレンシア最後の日。
明後日には帰途に着きます。

名残惜しいです・・・。

バレンシアの動物園ビオパルクに行ったご報告もしますね。

お楽しみに。

Commented by kobacken at 2019-08-08 12:45
年季の入った大きなパエリア鍋が良いですよね〜。
合羽橋へ行くたびに買おうかどうか迷って買わないのですが、これを見ちゃうと欲しくなる〜。
そうそう、そばめし!!笑
麻布十番祭りで、スペイン人が作っているのがまさにソレで、それもまた日本人の舌に合うんですよねぇ。
街の雰囲気が!セレブか!?
色のコントラストが本当に素敵ですね。
でもってビーチの・・・パンツ一丁で!可愛い♡
家族で見守る・・・のどかで平和な写真で、その1枚大好きです。
Commented by nobimaru at 2019-08-08 13:58
河童橋に売っているんですね!
同行者は小ぶりのパエリア鍋を買ってました。
シェフは使った鍋をパリへ持って帰ってました。
かなり重いんですが、分厚いからいい具合に火が通るんでしょうね。

スペイン料理、あっという間に日本でも人気になりましたね。
なんか共通するところがあるような・・。

パンツ一丁の風景は、実は海に突進するちびさんを
止めるのがパパの役目、という一枚です。しかし初海が
地中海って・・・。とても楽しそうでした。


Commented by nobimaru at 2019-08-08 13:59
すみません。合羽橋でした。なんかカッパが商売しているというイメージが拭えないなあ。笑
by nobimaru | 2019-08-07 22:50 | 海外で料理! | Comments(3)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru