奥野田ワイナリーの芽かき作業に行って来ました。楽しみは芽の天ぷら。

奥野田ワイナリー日灼圃場に一人一本割り当てられた
カベルネ・ソーヴィニヨン。のび丸の樹。
おおちゃんと芽が出ている!よかった〜〜。
ギヨ(長梢剪定)の後右の枝をぎゅーっと誘引した時
ボキッと音がしたので背筋が冷えました。
大丈夫だったようです。奥様eが曲げたので責任が・・・ほっ。
a0095931_17023621.jpg

奥様eの樹。

a0095931_17024524.jpg
今年はのび丸の樹(左)の方が茂っているかも。
a0095931_17410880.jpg
でも全体として芽の成長は遅い。甲府盆地全体がそうらしい。
a0095931_17401117.jpg
ちなみに2018年の芽かきの時の日灼圃場の様子が下の写真です。
a0095931_17423160.jpg
2018年芽かき時ののび丸と奥様eの樹。
a0095931_17424848.jpg
全然違いますね。

でもちゃんと綺麗な花芽が空に向かってます。
今年ののび丸の樹の花芽。
a0095931_17393173.jpg
奥様eの花芽
a0095931_17394057.jpg
てんとう虫。
朝いちばんにまだ人気のない圃場を訪れた時は
ムクドリがひたすら虫を食べてました。生態系が元気。
a0095931_17394896.jpg
さてワイナリーテラスへ。
a0095931_17375648.jpg
芽かきまではレクチャーが充実しています。
ブルゴーニュのルロアの畑などを参考にして
毎年試行錯誤しながらいろんな栽培技術にチャレンジ。
今年は一年の初めの今までの作業の順番を変えたりして
オーナーが一週間ぶっ倒れるほど頑張ってます。
a0095931_17382000.jpg
例年より育ちが遅いので芽かきはちょっぴり。自分の樹の芽かきが終わったら
皮むきをしてくださいとのこと。
a0095931_17384763.jpg
自分の樹だけだと芽が少ないのでネームプレートが付いてない樹の芽まで取って来ました。
今後のことを考えて樹の丈の半分以上の部分に出ている芽は取らないでねとのこと。
ちょっぴりだったなあ。例えばのび丸の樹だと下の方のひと芽だけ。
a0095931_18222008.jpg
奥様eの樹。一応三ヶ所ですが小さいね。天ぷらになるかなあ。
a0095931_18234733.jpg
さてランチの時間です。ハナミズキブラン2018で乾杯。
a0095931_20440742.jpg
お弁当。
a0095931_20441965.jpg
そしてマダムやスタッフさんがぶどうの芽の天ぷらを届けてくれます。
a0095931_20442583.jpg
シャルドネの芽の天ぷら。酸味があり季節の香り。
a0095931_20443837.jpg
ワインとともに!サクサクです。
a0095931_20444450.jpg
本日新しいスタッフさんが加わりました。初々しいなあ。
a0095931_20445333.jpg
グラスでシャルドネを購入してシャルドネの芽に合わせて飲んだり。
a0095931_20451872.jpg
次はさっき摘まれたカベルネ・ソーヴィニヨンの芽の天ぷらです。
これを食べなきゃ帰れない〜。貴重な芽をありがたく味わいました。
a0095931_22495451.jpg
会員が食べたり飲んだりしている間、
オーナーはワインとぶどうと醸造のことを喋りぱなし。
手帳に書き留められないのが残念なほど面白いのです。

芽かきが終わると次回からは作業が中心に。
気候も今日がいちばん穏やかで爽やかかも。

またお世話になります。

みなさまお疲れさまでした。

by nobimaru | 2019-05-16 22:58 | ぶどう畑 | Comments(0)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru