花見に持って行くはずだったお弁当。花見寿司。

春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019

なんというか憑かれたように花見には花見寿司を用意するのび丸。
しかも絶対桜色にこだわります。花は移ろいやすく食材も一期一会。
忙しい〜〜。
寒すぎて簡易版にした野川の花見ランチ。

夕飯の用意は昼間作ったすし桶入り酢飯を飾るところから。
a0095931_09023717.jpg
色は主に黒千石大豆から出ていますが、風味まで桜にするために用意したのは
桜の塩漬けと桜の花のフリーズドライパウダー。
a0095931_09025206.jpg
そのため本当に桜餅の、いや違った、桜の香りがします!
(もっとも奥様eは桜の香りって桜餅の香りと思っている節があるのでお許しを)
春の香りですね〜。
a0095931_09031104.jpg
寿司の出来上がり。このまま蓋をして風呂敷に包み、ロゼワインとともに
野川の桜の下に持って行くはずだったです(泣)が・・まあ風邪引くよりいいか。
a0095931_09034930.jpg
のせた具は、定番のウズラの卵の半熟、八丈島で学んだべっこう仕立てのホウボウ、ネギの小口乗せ。 
鯵の酢締めにうるい、熊本産(超美味しい!)ミニ筍、走り回って買った山椒。
a0095931_09040584.jpg
この山椒が!!怒!悪態つきたくなる(のび丸はついてました)くらい高い!
小さくてちょこっとでこの値段!?腹たつ〜〜。でもこの時期、筍に合わせようと思うと
絶対自分で栽培してやる、と後で苗を買って来て、だいたい失敗したという方のブログも
ありで、そんなもんらしいです。奥様eも数年前失敗したクチです・・・。
a0095931_09204374.jpg
ま、じゃあ買わなきゃいいじゃんと思えないのがのび丸。欠かせないよなあ筍には。
a0095931_09073778.jpg
では乾杯〜〜。この時のために苦労するのであるな。
メルシャンの日本の泡穂坂マスカットベーリーAのロゼ泡。実はそんなに合わない。
美味しいですが、すし飯にはやっぱり奥野田ハナミズキなんです!でもロゼがいい本日。
a0095931_09265312.jpg
そうそう4月5日に奥野田ワイナリーから5年ぶりに
チェラスオーロが出ました!!スティルのロゼ。もう頼んだもんね。明後日届きます!!
それは後ほどご報告するとして、ホウボウのべっこうはそのまますし飯と。
a0095931_09075684.jpg
鯵の酢締めは橙酢と醤油を混ぜたのをかけていただきます。
a0095931_09081712.jpg
島といえば、調布飛行場に売ってた島とうがらしを漬け込んだオリーブオイル(新島産)で和えた
調布の近所の畑の小松菜(茹でたもの)と、牛肉(国産シャトーブリアン)の薄焼きの切れ端。
島とうがらしオリーブオイルは少量で辛い〜〜!!
でも緑色のオリーブオイルと島唐辛子の風味が爽やかですごくいいです。また買おう。
a0095931_09082827.jpg
床暖を消してたので寒い!暖かいドンコと大根の汁にうるいとネギ。
a0095931_09084608.jpg
さすがに暖房入れました。我慢している場合ではないな。
その後残ったロゼ泡を残った寿司を巻き寿司にして飲みました。
ひえ〜炊いたご飯ほとんど食べてしまった。普通次の日のお昼に食べられるくらいは
残るんですが。やばいなあ。そういえばなぜか今回炊き込んだ黒千石大豆がやや硬い。
前の日から水に漬けてたし、同じときに買った同じ袋の豆なのに。寿司だからか
桜塩漬け?パウダー?次に炊き込みご飯を作ってみてまた考えよう。
a0095931_09090640.jpg
花見のお話はまだ続きます。しつこいね〜。

ごちそうさまでした。

by nobimaru | 2019-04-09 09:54 | お弁当 | Comments(0)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru