京都のお茶漬うなぎをいただきましたので。

高騰する貴重な鰻を使った「かね生」のお茶漬け鰻で夕ご飯です。まずはひつまぶし。
a0095931_20121103.jpg
炊きたてのご飯に混ぜ込みます。
a0095931_20122534.jpg
そしてよそいます。つまみにする気満々なので小さめの器。
a0095931_20123640.jpg

最も先ずはビールです。新玉ねぎの薄切り、こちらも頂き物のあさりの佃煮、海ぶどうの和え物。
a0095931_20143369.jpg
はもの自家製佃煮。常備している山椒の実が効いています。右はハモの内臓部分。
a0095931_20145356.jpg
野菜ものとしてカボチャ、ししとう、きのこ、インゲンと牛肉の煮物。
a0095931_20151269.jpg
お茶漬け鰻のひつまぶしには、もちろんワインを試してみたい。
a0095931_20140817.jpg
珍しい福山産のスパークリング。福山ワイン工房のキュベ・ロゼ。
マスカットベーリーエーのロゼ泡。3000円・・奮発しました。
a0095931_20142441.jpg
しこたま飲んで、つまみからご飯にシフトすると・・器が大きくなります。
a0095931_20131459.jpg
きゅうりのぬか漬けが合います。
a0095931_20134523.jpg
美味しくて1おひつ、食べちゃいました。汁はハモ出汁、豆腐とネギと冬瓜みたいなものが。
a0095931_20153390.jpg
美味しかったです!

残りのお茶漬鰻は本気でお茶漬け好きののび丸の楽しみとなります。

ごちそうさまでした!




by nobimaru | 2018-08-23 20:36 | 到来もの | Comments(0)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru