猪の味噌焼き・猪鍋と「獅子吼ルージュ」

2015年9月、奧野田ワイナリーの収穫お手伝いの後、

i川ご夫妻に山梨地場産業センター「かいてらす」

(たくさんの日本ワインが試飲できます!)に連れていって頂いた時、

色々試飲してのび丸が気に入った「獅子吼ルージュ」。やっと飲みます!

甥家族と昼下がりの宴会で。

a0095931_14303507.jpg

なぜ一年半も待ったかというと、のび丸が名前にこだわって

しし肉で飲みたかったから。

というわけで、肉の処理が完璧だという、広島のイノシシ肉を取り寄せました。



これは一晩味噌漬けにしたイノシシ肉を炭火焼に。
a0095931_14333383.jpg


まずは乾杯のビール用にポテトとベーコンとコゴミで炒め物。

2歳の男の子が超気に入ってくれました。

a0095931_14353689.jpg


扇風機干し牡蠣の炭火焼と、芽キャベツ、塩玉ねぎのマリネ。ローズペッパー添え。
a0095931_14353987.jpg


シャケの酒粕漬けの炭火焼。レモンで。

a0095931_14394687.jpg


さあ「獅子吼ルージュ」!

色も濃く香りも高くぴったりに熟成していて素晴らしい!
a0095931_14414636.jpg
イノシシ肉を合わせたいと思ったのび丸を褒めてあげよう。

獅子吼ルージュの獅子はイノシシではないですけどね〜。

猪の味噌漬けの炭火焼です。美味しい・・・・ワインもこのためかと思うほど

合います。幸せ。
a0095931_14335359.jpg

当然ですが、炊きたてご飯もあります。

ワインにも合い、白ごはんにも合う。
a0095931_14490603.jpg


もちろん次は鍋。色々調べて猪肉は一時間ほど煮込んであります。
a0095931_14500259.jpg


大根も肉の味がしみていて美味しい!
a0095931_14500450.jpg


猪鍋は子供にも大受けでした。

ワインがなくなると甥たちのお土産の「磯自慢」が空きました。

もちろんスープは残さず雑炊に。
a0095931_14500740.jpg


デザートは愛媛の知り合いからの伊予柑と

前日奈良東大寺に行ってきたのび丸のお土産「二月堂椿」。
a0095931_14582897.jpg
ごちそうさまでした!

by nobimaru | 2017-03-21 14:59 | 宴会(3人以上の食事) | Comments(0)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru