佐渡で夕飯作るのび丸。魚は超新鮮だったそうです。その1/2

報告者eが福岡で歯を抜いている間、のび丸は仕事ながら佐渡島で美味しい魚を料理して食べたって。ふーん、いいね〜。(写真by wにゃん)

1日目は台所が使えないホテル。

お惣菜と刺身用の魚を買って…

どっかで見たような光景、というかとてもよく見る光景。

旅先ではトランクが調理台になるんです。
a0095931_22440622.jpg

刺身はひらめ。トランク台所でひいたもの。

本ワサビがなかったので、

三つ葉のみじん切りをチューブわさびで和えてます。
日本海の魚かあ…皿は紙皿ね。
a0095931_22443141.jpg






翌日はこんな所で材料を探したそうです。

台所付きの部屋になったので材料買い放題。

a0095931_22421253.jpg



鮮魚店のご亭主とすぐ仲良くなるのび丸。
a0095931_22421873.jpg



ホテルからの夕日…きれい〜〜。

a0095931_22414200.jpg



ややっイカだ!イカゲソの炒め物!ということは…
a0095931_22520057.jpg


やっぱりイカ刺し!!ヤリイカですね。
*ちがいました。水イカの小さいの、だそうです。
佐渡産のライム添え!

a0095931_22522445.jpg


佐渡の中を散策する人、釣りをする人…

で、釣果の一部で刺身!鯵です。
a0095931_22523229.jpg


釣り鯵のオリーブオイル焼き!
a0095931_22524053.jpg

買ってきた牡蠣の洋風?
*やまたまの牡蠣バージョン。

のび丸に聞いた作り方は

牡蠣は先に軽く炒めて取り出す。
そのフライパンに残った汁を適量とき卵に加え
かるく塩を振ってフライパンに。
卵にちょっと火を通し、牡蠣を乗せ、ネギを散らして出来上がり。
これが佐渡の牡蠣玉だっ!

美味しそう…
(食べてないでコメント書くのはとても悲しいe)

a0095931_22524998.jpg




スズキの刺身
a0095931_22525787.jpg


ほうれん草の胡麻和え。

佐渡には有名な野菜の栽培者がいて

これは文三郎ほうれん草だって。

「文三郎」というのがブランド名です。
a0095931_22530544.jpg
のび丸のコメントを貼ります。
「文三郎」は屋号だそうです。同じ苗字が一つの集落にたくさんあると区別がつかないので、家々に屋号を持ってそれで区別するという地方があります。のび丸の父の実家も新潟で、屋号は「医者どん」でした。曽祖父までが医者だったそうな。






ウマヅラハギの鍋!わ〜もう日本海の幸ばっかり!!
a0095931_22533513.jpg


たべるほどに材料も変化し…キノコとかお豆腐たっぷりになりました。
a0095931_22541085.jpg

日本には2カ所しか育つ場所がないという

里芋の中でも希少な八幡芋。美味しいです!

甲州市でゲット出来るので毎年楽しみなのですが、

もう一つの産地がなんとこの佐渡島!!
a0095931_22521549.jpg
のび丸のコメントを貼ります。
八幡芋(ヤハタイモ)の「八幡」は品種名ではなく、地域名です。八幡宮は全国にあるので八幡という地名は多い。その中でたまたま里芋が美味しく育つ土地が、甲府の近くと佐渡島の2カ所にあり、そこの芋がともに「八幡芋」と呼ばれている、ということらしいです。


これはものすごく食べたかったeでした。

次の日は、でっかい鱈でたら鍋と大漁の鯵です!!

つづく。



Commented by のび丸 at 2016-12-01 21:33 x
「文三郎」は屋号だそうです。同じ苗字が一つの集落にたくさんあると区別がつかないので、家々に屋号を持ってそれで区別するという地方があります。のび丸の父の実家も新潟で、屋号は「医者どん」でした。曽祖父までが医者だったそうな。
Commented by のび丸 at 2016-12-01 21:41 x
八幡芋(ヤハタイモ)の「八幡」は品種名ではなく、地域名です。八幡宮は全国にあるので八幡という地名は多い。その中でたまたま里芋が美味しく育つ土地が、甲府の近くと佐渡島の2カ所にあり、そこの芋がともに「八幡芋」と呼ばれている、ということらしいです。
by nobimaru | 2016-11-29 23:09 | お散歩・旅 | Comments(2)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru