甘鯛の皮!

甘鯛の皮!_a0095931_11544018.jpg
 去年ゲットして大切にとっておいた機山セレクションシャルドネ。飲みます!なぜかというと…
甘鯛の皮!_a0095931_11565193.jpg
のび丸が立派な甘鯛を買ってきたから。
甘鯛の皮!_a0095931_1157286.jpg
 塩焼きです。手前はカブの床漬。
甘鯛の皮!_a0095931_120124.jpg
 香ばしくてほろほろと柔らかい甘鯛の身。ところで京都で言うぐじは皮も一緒に焼きます。うろこ付きが普通ですがこれが割と食べにくい。で…
甘鯛の皮!_a0095931_1214861.jpg
 うろこが付いている皮はとってしまい、別に焼きます。ビールにあう!身が焼けすぎることを気にせずカリッと仕上がるのでうろこが口の中に残らず美味しい。のび丸のオリジナルではありません。京都にあるとある割烹でぐじを注文すると出てきて感動したので。
作り方byのび丸
グジは塩をしてしばらく置き、日本酒で洗って焼き始めます。
皮目を焼いて焼き色が付くちょっと前くらいにいったん火からおろして
皮を剥ぎます。身は再び焼いて適度なところで供する。皮は表裏を焼いて
ぱりっとさせ、身と別に供する、という手順です。

甘鯛の皮!_a0095931_1255064.jpg
 ちなみにキザンセレクションシャルドネにはこのメカブの酢の物がいちばん合いました。なんで〜。
Commented by at 2016-02-24 07:05 x
ご無沙汰しています。
相変わらず、美味しそうな旬のものと、それに合わせたワインを楽しまれていますね。グジの焼き方は、漫画「美味しんぼ」で読んだことがあります。やっぱり、うろこが付いた皮がポイントなんですね。
Commented by nobimaru at 2016-02-24 13:43
お久しぶりです。
はい、グジはうろこがついたまま日本酒を掛けながら焼く「若狭焼き」が有名ですね。ただ、うろこをパリッとさせるのが難しく、炭火コンロ以外でおいしいものに当たったことがありません。皮をはがせるくらいに焼いてから別々にし、皮だけ焼く方法は、京都のよく行くお店で覚えました。これならガス火でもウロコまで美味しくいただけます。ちなみにうちは炭火コンロです。
Commented by e at 2016-02-24 17:06 x
こんにちは。ブログも拝見しました。2月にハワイ、いいですね。昔友人をたずねて1月にハワイに行ったことがありますが住みたいくらい素敵な所でした。美味しいものもいっぱいありましたね♪
by nobimaru | 2016-02-19 12:06 | 魚料理 | Comments(3)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru