定番になってしまった。ハモ!(鮒鮨はワインに合うか)。

a0095931_9432348.jpg
 ビールでワケギのぬたと石川小芋を食べてワインに。ハモ落としです。なんていうか今年はふつーに夕飯ワインメニュー。ワインは四恩醸造の「クレマチス」ロゼ。泡。
a0095931_948120.jpg
 骨切りはビールを飲む前に終わっているので、小芋を食べている報告者eをほおっておいてハモを落とします。
a0095931_9491574.jpg
 昆布とハモのアラでとった出汁に落とします。
a0095931_9503883.jpg
即座にくるんっと。
a0095931_951835.jpg
 氷の上に並べてミョウガをのせ、まっているeとともに食べます。
a0095931_9524786.jpg
 梅とワサビ。ワインをぐいっと。合います。
a0095931_9541064.jpg
 しかし実は、いつもの佃煮でごはんの時、ワインとマリアージュしたのは京都の錦市場にある鮒鮨屋さんで買った鮒鮨より安い小魚のなれ寿司でした!
a0095931_9571159.jpg
はい。お味は鮒鮨とおんなじ。腐った(!)ご飯粒が合うなんて!日本ワイン恐るべし。このワインのぶどうは山梨県牧丘町の巨峰!牧丘の巨峰と言えば超ブランドです!もちろんワインは辛口。あの甘いぶどうから出来ているとは思えない。本当に和食に合います。この後ハモのお出汁を使った汁で〆。ごちそうさま!
Commented by nobimaru at 2015-09-04 11:33
馴れ寿司の魚は「ハス」という細長いわりと小さな魚です。鮒よりもあっさりしていて夏場は特に食べやすいように思いました。「ぎぼし」のとろろ昆布と合わせてもいいですね。
by nobimaru | 2015-09-01 09:59 | 魚料理 | Comments(1)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru