焼津でも寿司。生シラスと山椒の花。

a0095931_12251339.jpg
 土曜日。前日荒れ模様だったのでこの日は生シラス漁があったかどうか、漁協に電話して吉田港のみありとのこと。用宗漁協でも売ると聞いて駆けつけました。その結果の御馳走桜寿司です。黒鯛を〆てしろたまりで漬け、茹でて味付けした筍、火を通したうど、塩漬け桜花、白髪ネギそして生シラス。お隣の垣根の山椒は小さな花ももらって来て飾りました。飾ると言っても花もすばらしい香りと味です!
a0095931_1231040.jpg
奥野田ワイナリーの甘口を合わせてみました。黒鯛はワサビで、生シラスはショウガと醤油で頂きます。甘口ワインは食後に。
a0095931_12315057.jpg
 スーパーで買った日本のマスカット・ベーリーAで色づけ。少し沈んだ色合いになりました。前回はメルロー、その前はピノ・ノワールで。メルローが一番良いような気がするそうです。報告者eとしては塩漬け桜花の香りがポイントではないかと。
Commented by のび丸 at 2015-04-07 14:46 x
生シラス:3月末に解禁、という風聞が行き渡っているので、この季節は需要が多いようです。僕も毎年走り回ってしまうのですが。駿河湾のシラス漁の根本の権利は用宗の漁師がもっています。これを3月末頃まで伊豆の漁師に貸している、ということらしい。もっともほとんど穫れないそうです。この日は駿河湾西側では吉田港の船だけに漁獲があって、その一部を用宗に回してもらっていました。吉田港では小売りをしないし、焼津の魚屋は仕入れをあきらめていたので、結局のところ用宗で買うしかありません。このあたりも根本の権利を持っている強みでしょうかね。10時開店少量販売の噂を聞きつけて、かなりの人が走って集まって来ていました。
Commented by at 2015-04-08 10:21 x
生シラスの漁獲量は年々減っているんでしょうね。九州に住んでいると、まずありつけませんから、絶滅危惧種の鰻以上に垂涎ものです。30年ほど前の東京勤務時代に富士川に出張した帰りに、取引先の方に直販所に案内して戴いて試食と土産に買ってとても美味かった記憶があります。
Commented by e at 2015-04-09 17:29 x
出張先で美味しいものに出会うのは嬉しいですよね。

静岡は美味しいものが一杯です。そこも福岡に似ています。しかし知らないものばかりでびっくりした覚えがあります。最初に訪問したときはマグロの刺身のいろんな種類がテーブルに列びました。そして生シラス、生桜えび、黒はんぺん…。独特の食文化です。
by nobimaru | 2015-04-07 12:36 | | Comments(3)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru