モンサンミッシェル名物のオムレツ!?

a0095931_9525886.jpg
 フワフワのオムレツです。のび丸が町ですれ違ったおばさま軍団が話していて「え?それはいったいなんなんだ?」とネットで検索したらかの有名なフランスの観光地モンサンミッシェルで名物として食べられているそう。
a0095931_9551164.jpg
 本当はもっとオムレツ、なんでしょうけどこれはのび丸風。海老とマッシュルームのトマトソース。卵が好きなのび丸は聞き捨てできなかったんでしょう。
a0095931_9564336.jpg
 福岡で埋もれていたバーミックス。白身と黄身を一緒に泡立てるのがモンサンミッシェルオムレツらしい。…布巾が汚い…炭を扱うので色が染みてます。
a0095931_1001039.jpg
 この日のビールのあては糸巻き蒟蒻とエリンギを炒ってかえしで味付け、かえしの水分がなくなるまで炒り付けたもの。ふつうの蒟蒻ではやりますがこの日巻き糸こんが余ってたらしい。普通の蒟蒻より食べやすくて味もからまってるし美味しいです。
a0095931_1022011.jpg
 モンサンミッシェルオムレツに合わせたのは都濃ワイナリーのキャンベル・アーリーのロゼ。ものすごく美しい色、イチゴの香りですいすい入りますがデザートワインだったかなあ。
a0095931_1043791.jpg
 3皿めはあるもの野菜と豚肉の炒め物。
a0095931_1062287.jpg
 残った汁でほとんどソーメンだけのソーミンチャンプルーで締めました。実験料理は続きます。
Commented by のび丸 at 2015-02-19 14:25 x
オムレツの作り方:
全卵をしっかり泡立てます。機械使わないと奴隷労働ですぜ。塩はひとつまみ入れますが、クリーム入れたりしない。泡立ちが悪くなるんですな。テフロンのフライパンに無塩バターを溶かし、弱火の状態で泡立てた卵を流し込みます。ちょっとかき混ぜて蓋をして、すこし焼いたら火を止めて余熱で蒸し焼きにします。1、2分くらいかな? 蓋を開けてオムレツを半折にし、予め作っておいたソースの上にのせて供する。ここでは上からソースかけちゃってますが、これは焼き色がつきすぎたのをごまかすためでした。

なお、普通のオムレツも焼く直前に手動の泡立て器を使うとけっこうふわふわになるんですね。ふわふわオムレツ天津飯などに活用中。
Commented by at 2015-02-24 09:15 x
ふわふわのオムレツは滑らかな食感が心地よさそうです。昔は玉子は値段も高かったのでしょう、食卓に出ても一人一個は特別な時だけ。5人家族だったので、父親だけ一個、他の4人は一人半分ずつ食べた記憶があります。その分、玉子に対する思い入れは強いのは同じかと思います。残念なのは、玉子がコレステロール云々で思い切り食べれないことです。
Commented by e at 2015-02-25 09:05 x
そういえば卵を一個ずつ買っていたような時代もありました。

変な卵料理に凝ると、ずーっと実験料理を食べさせられる
eです…。行き当たりばったりな性格なので、とりあえずコレステロールは気にしないようにしていますが…。

by nobimaru | 2015-02-19 10:07 | 今日の一品 | Comments(3)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru