とりともの「鯛す」が届きました。

a0095931_13553793.jpg
 暮れに京都に行った時、日本海が荒れて小鯛がなかったので年が明けてからというお約束で送ってもらった「鯛す」。ワインオープナーをフタに突き刺してます。
a0095931_13585446.jpg
 パコっと開けました。
a0095931_13594988.jpg
 これでもかと入ってます。一枚は小鯛の半身。食べやすいようにそれを半分に切ります。
a0095931_141142.jpg
 樽についてきた説明書。京都やねえ。ちらっと見えているワサビは去年の11月21日、東京農工大学園祭で買った多摩のわさび。静岡産と味が違います。
a0095931_1434325.jpg
 わーい、飲むぞ〜!「鯛す」に合わせるのは奥野田フリザンテ2012。
a0095931_1465073.jpg
 「鯛す」に添えるのは自家製のカブの漬物・静岡のわさび漬け・寒締ほうれん草のごま和え。
a0095931_1485371.jpg
 鯛すにカブとワサビをのせて頂きます。デラウェアなのにしっかり辛口のフリザンテに合う…。
a0095931_14101593.jpg
 フリザンテは無濾過なので最後の方(右のグラス)は酵母で濁っています。身体に良さそう?かくして一本目はあっという間になくなりました。
a0095931_14104411.jpg
 ものすごく美味しい芽キャベツと鶏ささみのクリームしゃぶしゃぶ。報告者e絶賛。ちなみに…
a0095931_14155149.jpg
 これは12月12日の鶏ささみのクリームしゃぶしゃぶ。野菜はアサツキ。このときもe絶賛。温かい生クリームに包まれたささみが超柔らかい!毎日食べたい一皿だけど、のび丸は同じものをあんまり作らないのでe不満だ。この時絶賛したので短い間に同じようなものを作ってくれたらしい。簡単なので次回レシピをあげます。
a0095931_14204196.jpg
 はっはっは。やっぱり一本では足りなかった。2本目(黒い蝶のラベル・しゃれてますね)は去年の12月にリリースしたばっかりの奥野田フリザンテ2013!つまり図らずも垂直試飲が出来ました。
a0095931_14231878.jpg
 ラストは前日一緒に焼いておいたサバのパエリア!これもフリザンテのつまみです。ごちそうさま!
Commented by at 2015-01-30 17:08 x
少し前、鯛酢がなくて自作されたとの記事が載っていましたが、鯛の味がするお酢とどうやら誤った理解をしていたようで、生来の粗忽さを反省しております。多分似たものだと思われる戴きものの福井の小鯛ささ漬けを山葵醤油で食べました。蕪と併せると更に繊細な味わいがしそうです。
Commented by e at 2015-01-31 14:50 x
わかりにくくてすみません。とりともの「鯛す」は基本的には普通にいわれる所の「小鯛のささ漬」です。とりともの「鯛す」に出会ってからはこれしか買わないのでつい「鯛酢」と表現してしまいました。正しくは「鯛の酢漬け」です。しかもとりとものものは「鯛す」…思い切り間違えてます。失礼いたしました。
by nobimaru | 2015-01-30 14:24 | 今日の一品 | Comments(2)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru