長期旅行の前日、寿司を一樽作り全部食べて行ったのび丸。

a0095931_21254193.jpg
 旅行の準備で忙しいと思いきや、夕ご飯にこんなに手の混んだ寿司を作るなんて…。すし飯を炊き寿司酢を混ぜトッピング。
a0095931_21271992.jpg
 帰ってきて食べるまで3時間(お風呂も入ったけど)。出来ました。
a0095931_21275614.jpg
 ハモ。骨きりして炭火で焼いてタレをつけて軽く焼いたもの。手前は万願寺唐辛子、奥はマグロの赤身の漬け。
a0095931_2130763.jpg
 自家製いくらのしょうゆ漬けの下には酢蓮が敷いてある。
a0095931_213214.jpg
 調布地ビールで乾杯。
a0095931_2133138.jpg
 続いて奥野田フリザンテで乾杯。
a0095931_21333418.jpg
 飾りきれなかったいくらを出してきた!
a0095931_2134552.jpg
 たっぷりと乗っけます。
a0095931_21344145.jpg
 野菜のポトフの残りが汁。
a0095931_21352791.jpg
 いつの間に作ったのかローストビーフ。結局2カップ炊いたご飯を食べてしまいました。旅は10日間。その間こんなものは食べられないだろうから、ましてや作れないから、という理由で作って食べた寿司でした。ごちそうさま。しみじみのび丸は料理しないとへしゃげてしまう動物なのだと感心した次第でした。
Commented by のび丸 at 2014-09-25 13:01 x
このときの寿司飯は、炊く際に日本酒を入れすぎて炊きあがりにアルコールの辛さが残ってしまいました。失敗したかな、と思いましたが、寿司酢を回して冷めたらやや落ち着いた。さらに、この寿司飯は酒の肴としては物凄い威力を発揮することが判明。日本ワインとやたらに合ったので、2カップ全部を平らげてしまったという訳です。
イクラの漬け汁も酒が多くて、どうかなあ、と思っていました(塩と日本酒と返し)。でもやっぱり肴としては好評でした。
現在ドイツに滞在中です。すべての料理が味が濃い(しょっぱいし酸っぱい)。自分で作りたいなあ。
by nobimaru | 2014-09-24 21:40 | SUSHI | Comments(1)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru