筍とトビウオで宴会です。

a0095931_23452754.jpg
 報告者eの妹が仕事がてら遊びにきました。調布地ビールで乾杯。
a0095931_23453091.jpg
 もらった福岡の筍を木の芽和えに。この酢みそが大気に入りの妹。なんにでも付けて食ってました。
a0095931_2348918.jpg
 菜花のごま和え。
a0095931_2349415.jpg
 妹が大好きな筍の醤油からめ。焼き目がついたところがまた美味しい。
a0095931_23502490.jpg
 とっておきの奥出雲ワイン・シャルドネ。美味しかったけど、もっと熟成させて飲むべきでした…。
a0095931_23512142.jpg
 ごまトビウオ!
a0095931_2352121.jpg
 なぜかご飯がサフランライス!サフランライスってライスだけ食べても美味しいんだ〜と姉妹で納得。しかしなんでここでサフランライス?
a0095931_2353176.jpg
 …と思ったら、このトビウオの炭火焼にサフランライスが合う!食べ過ぎたわい。
a0095931_23545462.jpg
 あたたかい若竹煮でごちそうさま。妹はお風呂に入って、板張りに敷いたせんべい布団で熟睡してました。
a0095931_23563022.jpg
 翌朝のご飯。頂き物の自家製蜂蜜をあこべるの食パンにつけて。蜂蜜感動。姉妹でおしゃべりしている間に…。
a0095931_2358980.jpg
 のび丸がちゃちゃっとリンゴのキッシュを作りました。温かいキッシュを2切れも食べて、土曜日ですがお仕事に出かけて行った妹でした。のび丸おつかれさま。
Commented by のび丸 at 2014-04-28 05:58 x
味噌和えの地は、京都産懐石用の甘めの白味噌を使います。調布パルコで手に入る銘柄は「石野」。適量を酢で伸ばし、卵黄をひとつ入れ、テフロンフライパンで弱火にかけて練ります。慣れれば簡単な作業です。冷めてから叩いた木の芽と和える。この味噌地は用途が広く、ヌタの類いはたいていこれを使っています。
焼きタケノコは、炭火で。焼き色がついたらおろします。濃い口・酒・砂糖を煮立て、すこし煮詰まったところでタケノコを投入してからめる。
トビウオは、半分を行者にんにく醤油+酒にてヅケにし、造って胡麻と和える。八丈島の「島寿司」と博多の「胡麻うお」の調理法をあわせているので、「トビウオの胡麻魚・八丈島風」と呼んでいます。この季節の定番。
もう半分は、塩で〆て酒で洗い、炭火で焼きます。以前につくった扇風機乾燥のトビウオにはサフラン炒めご飯を合わせたのを思い出し、サフランとバターの炊き込み飯を作りました。
by nobimaru | 2014-04-28 00:09 | 宴会(3人以上の食事) | Comments(1)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru