3月3日。雛祭りのお寿司

3月3日。雛祭りのお寿司_a0095931_139016.jpg
 季節の材料で雛祭り寿司を作成。錦糸卵をちらし中です。
3月3日。雛祭りのお寿司_a0095931_13103454.jpg
 まずはビールです。
3月3日。雛祭りのお寿司_a0095931_13122250.jpg
 これも春の一品ですね。キャベツをほとんど半個と生キクラゲ、唐辛子の利いたソーセージを炒めたもの。美味しいのでひたすら食べてビールが進みません。お腹も空いてた。
3月3日。雛祭りのお寿司_a0095931_1313335.jpg
 そしてメインの雛祭り寿司です!本日春一色ね。
3月3日。雛祭りのお寿司_a0095931_13142223.jpg
 ワインは奥野田チェラスォーロ。濃いロゼ。グラスの向こうに見える枝は山梨から持って帰って冷蔵庫に保管していたぶどうの枝です。1日に水にさしました。旨く葉っぱが出てくれないかなあ。 
3月3日。雛祭りのお寿司_a0095931_1321457.jpg
ネタは、でっかい千葉産の蛤、トビウオ、デンマーク産の小エビ、野菜は椎茸、菜花、のらぼう、白アスパラ。
3月3日。雛祭りのお寿司_a0095931_13213862.jpg
 小さな蛤は中国産を佃煮にしています。桜の時期の花見寿司は赤ワインで色付けしますが、桃の節句のほんのり桃色は梅酢で。
3月3日。雛祭りのお寿司_a0095931_1323313.jpg
 汁は蛤の吸い物、じゃなくてみそ汁にコゴミとたらの芽と白ネギが入ってました。春を満喫の寿司ご飯。次の日報告者eは調布を離れて2週間以上お別れなので、ごちそうでした。そうそう、空港でのお昼用に残った寿司をお弁当にしてくれたのび丸でした。
3月3日。雛祭りのお寿司_a0095931_13261891.jpg
 4日です。これに三つ葉の佃煮風を巻いた卵焼き付き。ごちそうさま。
Commented by のび丸 at 2014-03-06 09:38 x
春キャベツの炒め物は、アラゲキクラゲというキクラゲの一種をつかっています。生キクラゲも春なのか?まあ冬のものではありませんね。珍しくソーセージ入り(茹でてから使っています)。フランクチェリソーですな。味付けに、前日に炒め煮にした牛蒡の残汁を加えているので、再現不可能なお味。
味噌汁には、コゴミとタラノメを炒めたものをトッピング。翌日の卵焼きの中もタラノメです。
Commented by のび丸 at 2014-03-06 09:47 x
鮨飯は梅酢で作りました。桃はアレルギーがあるので避けます。梅酢がかなりしょっぱいので、塩は使いません。お雛様のハマグリは、中国産(小)と千葉産(大)です。中国産は煮汁で佃煮のように仕上げています。千葉産は口が開いたら取り出して舌に包丁目を入れ、盛り付けてから山椒粉を振る。トビウオは刺身用ですが、塩と酢で〆ます。色が出ないのが難点ですね。甘エビ(デンマーク産)も刺身用ですが、殻を取ってさっと茹でてます。野菜は、椎茸・菜の花・白アスパラ・うるい。ハマグリの汁を使い回して味付けします。ノラボウは使ってませんね。
Commented by e at 2014-03-06 14:24 x
すんません。報告者eはうるいとのらぼうをよく間違えます…。
by nobimaru | 2014-03-05 13:33 | SUSHI | Comments(3)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru