パリの美味しい物2

a0095931_9445465.jpg
ぼけててすみません。報告者eのカメラが充電アウトになったのでiPadを使ってます。慣れません…。姪は式の翌日に職場idemで披露宴。その夜、レストランToyoでディナー。とても美しく凛々しいたたずまいの店。乾杯のシャンパンにはレストランオーナーシェフのToyoさん作前菜。Toyoさんは式の時新郎側の証人の1人になって下さった方。うろ覚えですが豆乳蒸し物(和食でいえば南禅寺蒸し?)にキャビア。うーむ。旨い。
a0095931_9485855.jpg
 2品目はレストランHiramatu Parisの伊藤さん作「マグロのカルパッチョ」。マグロの下にトマト、上もトマトの泡!すごく上品なカルパッチョ!不思議。美味しい…。伊藤さん、来日されたら穴子をご一緒するお約束です! 
a0095931_9581926.jpg
 3,4品目はVivantシェフ新郎S君担当。まず「リドボー」。こんな美味しいリドボーは初めて。身内をほめるのははばかられますが、いや〜ほめます。全部白ワインを合わせています。リドボーにも白ワイン。
a0095931_9584616.jpg
 次に「えびのロースト」1分だけ茹でて、仕上げに焼いています。たぶん。目の前で調理してますが早いのでeにはわからず、のび丸に聞いてます。これがロブスターか伊勢エビか未だにeは伊勢エビだと思ってますが。あとで姪に聞いてみよう。
a0095931_1063251.jpg
 ローストしたエビのスープ!足にもまだまだ身が入って手づかみでしたね。
a0095931_10707.jpg
 デザートは再びToyoさん作シャーベット。オレンジ系かマンゴーか…。酔っぱらいを優しく包んでくれました。パリの先輩日本人料理人方とありえないコラボディナーでした。一生に一度ですもんね。新郎がずっと働いてるのも珍しい。本当にごちそうさま!姪夫婦共々奇跡の幸せな一夜でした。
a0095931_11482476.jpg
 ちなみに披露宴会場idemの入り口でお客様を迎える新郎新婦。話している人は縁結びの神様、ビストロ・アブリの沖山さん。新郎がアブリに1人で食事に来ようとしたので二人で来てねと姪を紹介したそう。右のお二人は姪の恩師ご夫妻。ドレスはアーティストの伊藤ハンスさん手作り。裾のレースは探しに探してみつけたビンテージもの。ヘッドドレスは日爪ノブキさん手作り。動きにつれてぴょこぴょこ動いてキュート。お金持ちでもない二人ですが、先輩やお友達が一生懸命作り上げてくれた結婚式です。ジーンとします。
a0095931_11584718.jpg
 あ、これも手作りのでっかいウェディングケーキ。すごくかわいいですが中身は本格派フランボワーズケーキ。美味しかった!2人で切るのではなく、食べさせ合うという儀式がありました。他にもたくさんの方々の参加・協力があってこその充実の2日間でした。姪はこのドレスのままレストランToyoで動き回ってたな〜。
Commented by mei at 2014-09-18 01:37 x
えみちゃん、ふと読み返してみて今更ながらコメントを。
よくぞ気づいてくれました。これ、ロブスターじゃなくて伊勢エビ。値段が数倍違います。仕入れ値で伊勢エビだけで20万円くらいかかってます。この伊勢エビと夫の靴が一番高かった結婚式...。ロブスターじゃなく伊勢エビです!と、ほんとは声を大にして伝えたかったほどこだわった部分なのだ。
Commented by e at 2014-09-18 05:55 x
おお!やっぱり!でも最初に説明があったからみんな伊勢エビと思っているはず。のび丸だけが人の言うことを聞いてなかったのだ。味が違うもん。でもフランスで伊勢エビ?!という驚きもあったから、どっちだろうと頭をひねるのもうなずける話ではある。ほんっとに美味しかったよね。料理の腕も抜群だし。今更ながらごちそうさま!ちなみに10月に行く奄美でとれたての伊勢エビを食べてきま〜す。ダイビングではなく伊勢エビ狙いのドイツ人とともに…。
Commented by mei at 2014-10-07 01:08 x
げげ。とれたて伊勢エビ...。羨ましい。
自分も散々美味しいもの食べてるのに、人が食べてるものも羨ましい。食いしん坊は年を重ねても変わらない。
対抗してこちらは今日は松茸だーい(^O^)
Commented by e at 2014-10-07 10:49 x
対抗して松茸、いい勝負だなあ。
奄美は台風のため延期または中止になる可能性がでてます。
負けるかも…。
by nobimaru | 2013-10-19 10:04 | 海外で料理! | Comments(4)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru