もしかしたら世界一でっかい貝?タイラギのさばき方

a0095931_12563868.jpg
 またまたパルコの魚屋さんでゲット。さばき方もおしえてもらいいよいよまな板の上。
a0095931_125992.jpg
でかいよ〜〜。福岡の人間だと「え?有明海では絶滅したのでは?」とつい思いますが、これは青森のだそうで。日本産がまだあったのか、とちょい感動。
a0095931_1303692.jpg
まず貝柱を切る?ていうか貝柱、でかいんじゃない?
a0095931_1313651.jpg
苦労してますね。
a0095931_1324276.jpg
 はさまれてない?
a0095931_1331548.jpg
 お、順調のようです。こつってあるんだろうか。
a0095931_1334865.jpg
 ぎょえー開いた!おや?貝全体を貝柱が占めてるかと思ってたけど、ちがうのか。
a0095931_1345156.jpg
 へ〜タイラギって贅沢な殻もちだったのだなあ。
a0095931_1383271.jpg
 無事解体して夕飯となります〜。昔は有明海のタイラギのひもが安価なお父さんの晩酌のつまみだったんだけどね。今福岡では韓国産がほとんどです。ポン酢と柚子胡椒があうのよね。さて料理は次回に。
Commented by のび丸 at 2013-07-01 17:56 x
タイラ貝(九州方言でタイラギ)を開くには、貝柱の付け根をきちんと切る必要があります。貝殻が薄くて鋭いので、手を切らないように。7枚目の写真のように、細い方の端の部分にも小さい貝柱状のものがあるので、これも切ります。
開いて取り出したら、貝柱部分の掃除をし、ヒモは洗って砂や貝殻のかけらをよく取り除きます。肝の部分も煮て食べてみましたが、ミル貝の肝ほどおいしくはない。
by nobimaru | 2013-07-01 13:14 | 魚料理 | Comments(1)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru