日本のヌーボー

日本のヌーボー_a0095931_19591087.jpg
 味付けは塩だけのポテチでビールです。マスカルポーネをすくいながら。うーむスタートからカロリー高すぎ…。
日本のヌーボー_a0095931_2005490.jpg
 勝沼の原茂ワイナリーで買って送ってもらったワイン。赤ですがロゼのような軽さ。薄いわけではなく。ほんとに2012年の葡萄は美味しい、と思わせてくれます。
日本のヌーボー_a0095931_2045095.jpg
 合わせたのは刺身。菊2種、カワハギ、ネギ、を和えました。
日本のヌーボー_a0095931_207496.jpg
あたたかいポトフっぽい煮物(鶏ぶつ切り、聖護院カブ、白ネギ、しいたけ)。柚子胡椒を添えて。このあと熱々の冷や麦(?)でごちそうさま。12月3日の夕ご飯でした。
日本のヌーボー_a0095931_8284379.jpg
熱つ麦です。
Commented by もち at 2013-01-15 23:54 x
ポテチ+マスカルポーネ、間違いなく旨いですね。そして旨いチーズは脂肪分高いですよね(笑)。
カワハギさんはナメロウみたいにネギと叩いてあるんですか?菊が綺麗でお祝い事にも良さそうです。
ポトフみたいな煮物もこっくりした色合いで、冬にはタマランですね。冷や麦ならぬ熱つ麦は、煮物のつゆで頂くんでしょうか。鶏や蕪からいい出汁が出てそうです。
あと先日教えていただいた佃煮、柚子胡椒バージョンやってみました!ご飯やアテだけじゃなく、汁物のトッピングにもバッチリでした~、有り難うございました。。
Commented by のび丸 at 2013-01-16 10:30 x
かわはぎは、おそらく造ってから肝和えにしてあるはずです。お味は醤油ベースで味噌ではないですが、なめろうに近い印象かも。
煮物は、水炊きの要領で。熱い冷や麦は、もちさんがすでになさっているように、昆布佃煮をトッピング。
Commented by もち at 2013-01-16 20:22 x
カワハギ肝和え・・ヨダレが出ますね。
更に熱つ麦のコックリした色合い。消化も良さそうで、煮物の後で二倍楽しめますね。
流石はのび丸シェフ、佃煮トッピングは既に常識でしたか。家で作ると甘味や濃度が好みに作れてホント良いですね。柚子胡椒バージョンは、麺類に相性良くて、あまり箸休め類に手を付けないオットも箸をつけていました(笑)。
Commented by e at 2013-01-17 10:55 x
九州人としては柚子胡椒はなくてはならないものですね。

生ガキを食べるときも、柑橘とこれがあればほかには何もいりません。
知り合いの手作り(ゆずも唐辛子も)を毎年もらい使っています。
ありがたいことです。
by nobimaru | 2013-01-15 20:11 | 日本のワイン | Comments(4)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru