我が家のたわし〜。


a0095931_771667.jpg 重宝しています。たてながたわしです。細い方はワインやシャンパーニュグラスを洗うのに欠かせません。太い方は、普通の亀の子たわしに比べると力が入りやすく、おひつや色々こびりついた鍋もあっさりきれいになります。へちまはのび丸の好み。器に傷がつきにくい、ような気がするんですが、気のせいかな。棒たわしは京都で購入しました。先の方がちびたら、銅線を一巻き切って使えと指示されました。太い方は一回切りましたね。ちなみに漆塗りの器はさらしをハンカチ大に切ってスポンジ代わりに使います。使いすぎて柔らかくなったへちまで洗うことも。変な形の器が多いので食器洗浄機、夢のままかな〜。
Commented by のび丸 at 2012-09-24 09:27 x
漆の器については、最近は「激落ち君」を使うことが多いです。相性が良いように思われます。
Commented by もち at 2012-09-24 17:36 x
このタワシは随分と長さがありますね~。
和食器は手入れに気を遣うことが多いですもんね。特に、塗りの什器は購入した土地と違う所に持ってくると駄目になる事があって、大変です。
いつも、色々な食器を可愛がり楽しんで使っているご様子で、のび丸家の食器たちは幸せですね。お道具だって気に入って可愛がってあげると、風格や表情が変わってくると思うんです。私だけ?
Commented by のび丸 at 2012-09-25 15:59 x
妻から指摘を受けました。激落ち君のHPには、「漆器に使うな」と書いてありました。相性はいいと思ったんだけどな。
漆器は古くなるにつれて透明感がでて明るい色になりますね。古くなりすぎると剥がれてくるけど。
京都で購入するシュロのたわしは、「繊維が柔らかくてガラスに細かい傷をつけることがない」とのこと。ワイングラスに向くそうです。
へちまのたわしは、包丁洗いには必須。刃に触れてもへちまの方が切れて刃こぼれしない、ということです。
Commented by e at 2012-09-25 18:14 x
長い棒たわしは22センチ、短い方は、新品だと15センチです。特にシャンパーニュグラスはこれがないといったいどうやって洗えばいいのと呆然となります…。
Commented by もち at 2012-09-25 19:51 x
人によったら漆はガーゼみたいな布で撫でるように洗うみたいですね。
私も若かりし頃、お茶の稽古で棗を洗う時に、他の茶器と同じように洗おうとしたら、ティッシュで拭うように言われました(笑)。先生ゴメンね。
by nobimaru | 2012-09-24 07:13 | 今日の一品 | Comments(5)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru