ハンガリー産豚肉をバルサミコで…。

ハンガリー産豚肉をバルサミコで…。_a0095931_13435695.jpg
 豚肉で一皿。
ハンガリー産豚肉をバルサミコで…。_a0095931_1344331.jpg
 のび丸が気に入っている豚肉です。
ハンガリー産豚肉をバルサミコで…。_a0095931_1345241.jpg
 2本目は勝沼醸造のアルガーノ・ゴッタシロシオ。辛口と間違えてあけてしまいましたが、やさしい甘さで豚肉にも上々。
ハンガリー産豚肉をバルサミコで…。_a0095931_1348484.jpg
 〆はペンネ。ペンネのおかわりまでしました。酔っぱらうと理性とびます…。「こち」から始まった夕食、3人分はあったですね。この日贅沢にも食べ過ぎて、大食いの報告者eでさえ、たべ疲れました。全部美味しかったのにもったいない。ごちそうさま…。
Commented by kt at 2012-04-22 22:15 x
私も、牛より豚さんです!!!
日本の牛さんは、あまりにも油っぽいので遠慮しています。。
Commented by e at 2012-04-23 09:23 x
私も霜降りというのが苦手です。牛はワインにも合いませんし…。
マグロも赤身一辺倒です。
Commented by のび丸 at 2012-04-23 14:18 x
マンガリッツァ第二弾。今度は生姜焼き用にカットしてあるものを使いました。2割引なのは古かったからではなく、珍しい品種なのでご紹介価格という意味だそうです(でもそれ以来見てないぞ?)。上新粉をはたいて油通ししたので、製法は前とほとんど同じです。ソースは、バルサミコを煮詰めたもの+塩+レモン。付け合わせは、ほうれん草のソテー。〆のペンネは、ムール貝と蛤の蒸し汁を絡めています。まあ「替え玉!」と叫びたくなるようなものではありますね。
by nobimaru | 2012-04-22 13:53 | 日本のワイン | Comments(3)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru