「こち」からはじめて海ものどっさり。

a0095931_10275831.jpg
 こちのあらの揚げ物でビール。塩とレモンで。4月6日夕飯の始まりです。
a0095931_10295455.jpg
 こちの身の刺身とおからの和え物。サラダ風。オリーブオイルつかってるかな?
a0095931_10313623.jpg
 アップ。こちぷりぷり。いいお味です。この辺りから飲み物はワインに移行。
a0095931_10343858.jpg
四恩醸造のクレマチス「橙」。出たらすぐ売り切れのワイン。甲州種。運良く手に入りました。巨峰で作った「ロゼ」は静岡で飲みました。優しい味で花見にピッタリでした。
a0095931_10423879.jpg
 続いてムール貝の酒蒸し。バケツ一杯を抱えて食べたいメニュー。でも本日食材がやたら多い。いいものを見つけると買わずにはいられないのび丸です。キャベツサラダにパルミジャーノレッジャーノを散らした箸休めをはさみ。続いては…
a0095931_10434846.jpg
 蛤。季節ですね。身が大きくてほんとに旨い!
a0095931_10443563.jpg
 美味しそうでしょ〜。美味しかったです!でも、まだまだ続きます。次は肉だ〜。
Commented by のび丸 at 2012-04-23 14:07 x
実は、買い物の時点で食材が多すぎることに気づいていました。で、職場の人の奥様が里帰り中と聞いていたので、その人を夕ご飯にお誘いしました。ところが奥様はすでに戻って来られていて、独身生活は終了とのこと。残念でした。というわけで、たぶん4人前くらいの料理を二人で食べるはめに。
コチはアラを唐揚げに。例のように上新粉です。身は塩で軽く〆て、昼間のキャベツサラダといっしょにキラズ和え。レモンとオリーヴオイルを使っています。ムール貝は愛知県産。少し癖があります。酒蒸しにしてオリーヴ油・バルサミコ・三つ葉を振る。バルサミコが癖を軽くしてくれました。千葉産の蛤も酒蒸しで、三つ葉の軸を散らす。春の貝の競演ですね。
by nobimaru | 2012-04-22 10:55 | 日本のワイン | Comments(1)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru