あとは飲むばかり…

a0095931_13595148.jpg
 肉料理にはたっぷりのサラダ。のび丸のキャベツサラダです。井出精肉店のもう一つの名物パルマの生ハムをのっけて。消化剤がわりですね。
a0095931_143065.jpg 同じボルドーマルゴー村のセグラ。ローザン・セグラのセカンド。なにしろマルゴーは今までに3回くらい劣化という裏切りにあってるので、代参ワインは必須なんで。ほかにも今回飲まなかったものも。友人宅に貯金いえ貯ワインです〜。
a0095931_145266.jpg 赤ワインにあわせて出てきましたが…写真がぼけてます。牛肉かな?しっかり食べました。このあとシャトーラネッサン1本。
a0095931_146521.jpg 熟成ワインにお決まりの、澱かけアイス。
a0095931_148171.jpg ドンペリが劣化していた時の為に持ってきた(貰い物の)ルイ・ロデレール。飲んじゃいます〜。しばし泡で歓談。この後お気軽泡2本。酔っぱらいが大量発生しています。
a0095931_14125154.jpg 羽田空港のとらやで買ってきた季節のようかん。桜の葉と花が刻んで入ってる。きれいな色、いい香りでした。これで宴は終わりです…。ごちそうさま!
Commented by もち at 2012-03-21 14:57 x
酔っ払いが大量発生・・(笑)。そりゃそうですよね、劣化に備えて二の矢、三の矢をつがえて万全の備えですもんね。しかも、澱まで美味しく堪能するのはグルメのお手本ですね!
春キャベツとショッパイ生ハムのコラボ、たまらんです。
とらやの羊羹、春先の季節ものですよね。私も食べた事が有ります・・が、これもワインと召し上がったのでしょうか(笑)。
Commented by e at 2012-03-21 15:21 x
羊羹を合わせたのは初めてですが、お菓子は意外とシャンパーニュに合いますね。とらやの季節の羊羹は可愛いですよね。2月の椿が、姿も味も今のところ一番の好みです。
Commented by のび丸 at 2012-03-21 18:04 x
キャベツは塩キャベツ。春タマネギなども入れてますね。塩・オリーヴ油・柑橘・酢で和えて一晩置きます。
 煮込みは、聖護院大根ソースを煮たフォンを引くのに使った牛スジですな。出し殻とはいえおいしくいただけます。人参等といっしょに煮ました。このあたりは、もう強肴ですので、お醤油や味醂も使っちゃってます。
Commented by もち at 2012-03-21 18:49 x
そうか、やっぱり強肴などの組立も考慮してあったんですね~。たまに懐石的なイメージが強く浮かぶ時があったんですが、よく考えたら理子ちゃんの時にもお精進の出汁が載ってましたね。
スイーツとシャンパンって言うと、贅沢なトリュフチョコとか果物のイメージでしたが、桜の香りとシャンパンも爽やかで合うのかもですね~。
Commented by のび丸 at 2012-03-21 23:43 x
はい、構成は自然と懐石の流れに従うものになるようです。
サラダに書き忘れ:エリンギを焼いたものを刻んで加えています。これでひと味厚くなるので、大事な要素ですね。
Commented by もち at 2012-03-22 01:16 x
なる程、キノコ類の香気と旨味って確かにインパクトありますね~。エリンギは、更に噛み応えがあるので、充分主役を張れますし。
そういえば、以前見た朱漆みたいな真っ赤なお皿は焼き物だったとの事で、あんな色の焼き物をどこかで見たな~と思ったら、台湾の故宮に収蔵されているコレクションによく似た赤がありました。モチーフも双魚だし、オリエンタルで素敵ですね。
Commented by e at 2012-03-22 09:06 x
実は「たち吉」です。チェックしたら、磁器でした。
使えない水火鉢を返品しに行ったとき、ショーケースの中に見つけました。たち吉ぽくないですよね。表面の釉に傷とかあったし。古いものだったかも。
水火鉢は返品できましたが、器の方がずっと高かったです。
でも気に入る時は一瞬ですね。一期一会だなあと思います。
Commented by mei at 2012-03-23 09:07 x
お正月太りが日本出張で張り付いてしまいましたため、ダイエット中です。お腹が空くとこのブログを見ては苦しんでます。
澱アイス、いいね〜◎
澱があるようなワイン飲みたい!
それにしてもワインコレクションすごい。
Commented by e at 2012-03-23 14:27 x
私なんかダイエットあきらめてからは 
楽になりました〜。
いつもはお気軽ワインばっかり飲むのでいいワインが
たまって行きます。時々消化。
by nobimaru | 2012-03-21 14:21 | 出張料理 | Comments(9)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru