京都「とりとも」の鯛酢で・・・

京都「とりとも」の鯛酢で・・・_a0095931_11495341.jpg
 10月30日にのび丸が福岡に。その日の夕飯のひと品です。前の週、京都で老舗の小さな乾物屋さん「とりとも」に寄り、いつもの鯛の酢漬を福岡に送ってもらったのです。左にあるのがその容器。手品のようにたくさんの厚い身の小鯛が出てきます。一般に小鯛の笹漬けと言われるものとは似て非なるもの。全然違います。以前は一緒に千枚漬けを手に入れて作っていた定番のひと品ですが、最近はのび丸のお手製即席千枚漬けを使います。そのカブの即席千枚漬けに鯛酢とわさびを挟んで、すだちやかぼすでいただきます。京都の有名なお寿司屋さんが千枚漬けと鯛の酢〆のにぎり寿司を出していて、それがヒント。とてもいい酒のつまみになります。次の日、友人の新居祝に行きました。ブレス鶏っぽい料理を作ってます。リヨンひきずってます〜。後ほど御報告します。
by nobimaru | 2010-11-21 12:08 | 珍しいもの | Comments(0)

夫が作る毎日ご飯と日本ワイン


by nobimaru