タグ:4月 ( 78 ) タグの人気記事

調布飛行場から伊豆大島へ その5 無謀だったかも三原山登山

伊豆大島名物「明日葉おにぎり」です。(のび丸が唐揚げをちょっとかじっています)
a0095931_20231707.jpg

三原山登山口行きのバスが出た岡田港の売店でのび丸が買って持っていたらしい

いざとなったら分け合って食べようと。(ほんとか?)

報告者eは登山口でペットボトルを2本ゲット。

ちなみに八丈島にも三原山がありますが、ここは伊豆大島の三原山。

外輪山を45分歩いて火口展望台まで来ました。

下の写真は火口の反対側にたどり着いてから撮ったものですが、

緑の矢印が火口展望台

ここから道がV字型に二つに分かれていて、山ガール山ボーイの団体は

火口西展望所に向かう道に入りました。道、見えてますね。見えないかな・・・。

私たちは見えてない向こう側の道を、2,3人の登山者が行くのでついて行きました。

矢印から左へノコノコと。そしてぐるっと火口の東側へ。
a0095931_20233803.jpg
登りです。風強し。
a0095931_20240991.jpg

15分で火口の東側の、火口を見下ろす場所へ。・・・怖い・・・。

うっすらと蒸気が上がっているのが多分三原新山、かな。
a0095931_20242147.jpg

どんどん行きます。ていうかここまでくると引き返せない、引き返したくない。

右側は緩やかな絶壁です。滑落すると怖い。
a0095931_20243449.jpg
13分後。上の写真の一番高いところ。標識みたいなものが。風強し
a0095931_20244704.jpg
降り始めますが、左は思い切り、まだ火口。前方、通り道にも蒸気が!

ちょっと山になっている裾あたりの細い道を通らねばいけません。

その左は火口。やだなあ。前を行っていたはずの登山者はどこに行ったんでしょう。

誰もいない。
a0095931_20250309.jpg
38分後。上の写真の小山を右に回り込み

その後は道案内もない道をひたすら歩いてやっとこの標識

温泉ホテルまで2.1km!そうです!温泉ホテル!

行かないではおくべきや〜〜!!

(ていうか、三原山登山口バス停の一つ前のバス停大島温泉ホテル前

そこで降りてさっさと温泉入ってればこんなことには・・・)
a0095931_20251517.jpg
とにかくひたすらひたすら歩きました。

赤い矢印が大島温泉ホテル、らしい

雄大な三原山を望む源泉掛け流しの露天風呂
a0095931_20261893.jpg
さあ露天風呂まであと少し!ではないです・・

遠い・。歩きにくい・・。
a0095931_20562163.jpg
それでもやっと・・・ もうすぐ温泉ホテル。

あそこから歩いて来たんじゃ〜〜!

火口入口の三原神社から約2時間。
a0095931_20571379.jpg
周りの木々の様子も変わり、名残のオオシマザクラや椿など。

でもここから最後の登り道がきつかったっす・・・。
a0095931_21021793.jpg
帰って来てから地図で見て、怖さ倍増しました。天気が急変したらどうするんだ!

大反省。↓クリックすると・・・怖いです・・・。
露天風呂はすごい見晴らしで、踏破したとは思えない眺め。

源泉掛け流しの素晴らしいお湯でした!

非常食になったかもしれない明日葉おにぎりは温泉上がりにビールのつまみになりました。

大島温泉ホテル前からバスで荷物を預けている岡田港に戻り、

タクシーで空港へ。途中で「ぶらっとハウス」に寄りアイスを食べるe。

のび丸は明日葉とかをお土産に買いました。
a0095931_21133319.jpg

実はこのタクシーの運転手さん、前の日空港から元町港までのバスの運転手さんと同一人物でした!

そういえばバイトでタクシーにも乗るって言ってたよね。

話が弾みました!

帰りもやっぱり強風16時20分発調布飛行場行き。
a0095931_21134913.jpg
しかし新中央航空って風速25mでも飛ぶらしいと誰か言ってたが・・それは嫌かも。

大島空港の向こう側に今歩いて来た三原山が・・

伊豆大島にはまた来たいけど、登らないぞ。
a0095931_21140280.jpg
16時45分、無事調布飛行場に着陸。速すぎる・・・。
a0095931_21141317.jpg

調布駅行きのバスに乗り、17時半くらいには我が家着。

ぶらっとハウスで買ったパパイヤの炒め物でビール!!!!うまい〜〜!!!
a0095931_21232562.jpg

ぶらっとハウスで買った柔らかい明日葉の炒め物におかかかけで

イタリアワイン!は〜〜楽しかった。
a0095931_21244660.jpg

長々とおつきあい誠にありがとうございました。

調布飛行場から伊豆大島へ。終わり。



by nobimaru | 2017-05-24 21:42 | お散歩・旅 | Comments(0)

調布飛行場から伊豆大島へ その4 とうとうくさや!

「くさや」です!晩御飯は雑魚や「紀洋丸」。注文しました。

あまりにも厨房から流れてくる臭いがすごかったので、頼まねば!と。

報告者eは初めて。感想は、美味しい!身が厚い上等な濃い味の干物、という感じ。

ご飯よりは焼酎とよく合います。

でも、家で焼きたくは、ない。現地で食べるのが一番ね。
a0095931_10433057.jpg
明日葉の胡麻和えも美味しかった。

当日のお宿を翌日写した図。バブル時代にお金持ちが

趣味で惜しげなく高価な建材を使って建てた別荘らしい。

客用の部屋が4つあり、各室に凝った作りのバストイレ。

トイレの壁にめぐらせた竹素材とか、驚きました。
a0095931_10473782.jpg

それはともかく素晴らしい朝ごはん!
a0095931_10480048.jpg
できるだけ島の素材で。でもこだわりのご飯は丹波、干物は骨まで食べられる沼津のもの。

でも自家製のナスやとろとろのふろふき大根、美味しかった〜!!
a0095931_10481229.jpg

ところでお宿の下にある畑には青い網がめぐらせてある。
a0095931_10482301.jpg
実は伊豆大島はキョンの被害で困っているそうで、

網は支給されたキョンよけ網。 

そういえば波浮港の石段の横にこんな張り紙があったなあ。
a0095931_10491662.jpg
キョンって八丈島かと。(ある年齢の方々には理解できますよね)

実は八丈島にはキョンはいないそうです。がーん。



さて、前日の天気が曇りだったし朝も曇っていたので視界が悪く

三原山には登らなくていいとホッとしていたe。

朝の散歩がてら近くの神社にお参り。すると
a0095931_11032608.jpg

すぐ裏に見える三原山にかかっていた雲が、晴れてきた

げ〜。のび丸は一応運動靴を持参してたので、登る気満々だったのか。

この日も風は強く竹芝桟橋からの高速船が着く港

前日と同じく岡田港

そこから三原山登山口までのバスが出ます。

(元町港に着く場合は登山バスは元町港から。当日決まるのでややこしいです)

岡田港のバス停まで送ってもらっていざ三原山登山口へ。

バスで約20分。大島椿公園などを経由して・・・

登山口です。 eとしてはもうここで帰りたい。

実際、ここでほ〜と腕組んで、お土産買って帰る人たちもいますし。
a0095931_10492888.jpg
でも、前日地元の人たちにこれでもかと、「明日は曇りそうだから

登れないですねえ、残念ですねえ、登るとこんな感じ」

素敵な風景の写真で自慢された・・で、晴れた・・

しょうがない、行くか。目的地は右前方に霞む三原山火口
a0095931_11123315.jpg

・・・・
a0095931_11124409.jpg

火口まで登って行く人は少ない、訳ではなく、私たちの後ろに

ツアコンの人の良さそうなお兄さんに導かれる

山ガールと少数の山ボーイがたっぷりついてきています。

所々で止まってお兄さんのガイドがありついでに聞いたりして。

追い抜かれたくないので必死で進みましたが
最後の心臓破りのジグザク坂(あくまでもeの筋肉が感じたこと)で

残念ながら追い越されました。


約45分で火口入り口に。

噴火の溶岩流が奇跡的にギリギリで避けた

(というか、本宮の真後ろで止まり、回り込んで

再び流れています)

三原神社にお参り。ここだけ風が弱いですが、鳥居の前までは

飛ばされそうな風力。

厄除けのご利益、すごそう。
a0095931_11241035.jpg

その後、嘘だろう、こっち?誰もいないよ〜とブツブツ言いながらの

強風の中、地獄の火口トレッキングが始まります・・・。


続く。

by nobimaru | 2017-05-21 11:28 | お散歩・旅 | Comments(0)

調布飛行場から伊豆大島へ その3

伊豆大島名物「べっこう寿司」です! 
a0095931_14442888.jpg
元町港からバスに乗り、島の西側を南に進むと、左手にバームクーヘン断層が現れて驚きます。
a0095931_14455225.jpg

波浮港到着! 水が綺麗! 地元少年たちが釣りしてました。

東京都立伊豆大島国際海洋高校のカッター部が練習中。掛け声は女子が担当してるらしい。
a0095931_14450053.jpg



大きくて綺麗な船「大島丸」は高校の練習船!
a0095931_14534802.jpg

そういえばのび丸の父は、水産高校の練習航海の船長さんしてました。海の男です。

これだと外洋も楽々ですな。
a0095931_14535184.jpg


港町は風情があります。
a0095931_14450335.jpg

少し歩くと、べっこう寿司を出す寿司屋さん「港鮨」が。まんまの名前。
a0095931_14450665.jpg
いや、ほんっとに美味しいお寿司屋さんです。

人気なので禁煙のカウンターを事前に予約。

べっこう寿司の他に、本日の島の魚の握り
a0095931_15043715.jpg
若い御亭主と色々話しながらいただきました。

実は島の魚って海況に左右されるのでいつもいつも何種類もあるわけではなく、

仕入れるのにかなり苦労するそうです。

築地を経由して全国の魚が大体揃う本土とは違うし、客は

海に囲まれているから魚は豊富だろうと思い込んでくるし・・・



なんで9個も乗る皿を選んだのかね〜、と同情しました。

それでもとっても美味しかった。また行きたい寿司屋です。


目的のもう一つ「波浮港で野口雨情・詩 中山晋平作曲の♪波浮の港♪歌う

ちゃんと歌碑がある。
a0095931_15170257.jpg
歌いました。

名物の揚げたてコロッケ食べて、歌碑のすぐ横にある叩くと曲になるオルゴール叩いて・・・

なかなか楽しい伊豆大島です。

続きます。



by nobimaru | 2017-05-18 15:21 | お散歩・旅 | Comments(0)

調布飛行場から伊豆大島へ その2

伊豆大島飛行場から元町港へ行けるバスに乗り込みます。
a0095931_11413818.jpg

約15分。バスの運転手さんと色々話しながらお宿が近い元町港へ。

おや?「本日の入港地は岡田港」
a0095931_11414188.jpg
元町港は伊豆大島の西側の港。

岡田港は北東にある港。

南西の風、風速10mの本日の元町港。なるほど荒れています。船の姿なし。
a0095931_11414424.jpg
翌日の計画も当日どちらの港に船が着くかで

バスの時刻表が変わり、しかもギリギリまでわからないので

ちと困りました。まあ風が西から吹けば岡田港ですが。

ところで今回の旅に出かけるきっかけとなったパンフレット。

「東京 島じまん食材使用店2017」

a0095931_11490443.jpg
調布飛行場においてあったので東京都内での店の紹介かと思ったら

ぜんぶ島の店やなんかの紹介。

いや島(伊豆諸島・小笠原諸島)は東京都だから。

ちなみに伊豆大島で遭遇したパトカーには「警視庁」と書いてありました。

はい東京都です。

色々検討して電話したら週末なのにお休みが多く、

右ページのお宿に予約。

島の名物は「べっこう寿司」これも食べに行こう。
a0095931_11490664.jpg


と、ところが元町港の観光案内所で大変な張り紙をめっけてしまった!

こんなに簡単にお宿と飛行機が取れた理由!
a0095931_11414725.jpg
2日前までは3年間続いた

台風被害後の観光客用宿泊3000円割引制度

があったらしい!

終了しましたの看板見つけたのび丸・・・。

なるほどね〜。・・・悔しいかも。

こうなったら絶対べっこう寿司は食わねばな。

も歌わねばな。

バスで島の南の端の「波浮港」に向かいます。


続きます。

by nobimaru | 2017-05-17 11:57 | お散歩・旅 | Comments(0)

調布飛行場から伊豆大島へ その1

本当に長年、行って見たいねと話していた

調布飛行場からの島旅。

だって自宅前のバス停でバスに乗ると15分で飛行場に着くんだもの。

飛行場から伊豆大島まで飛行機だと25分なんだもの。

ありえないくらいの近さです。



ふとお休みで予定がない日ができ、お宿と飛行機を予約して見たら

簡単に取れて、いざ伊豆大島へ!ワクワク。

(簡単に予約ができたのは理由があったと後ほど判明)

お花見で寄ったことはあるけど、出発ロビーに初めて入りました!
a0095931_15013035.jpg

さあ乗るぞ! ドキドキ。
a0095931_15013378.jpg


飛行機の中。せまっ。

実はチェックインの時に体重を聞かれます。

a0095931_15013714.jpg
16人(内2人はクルー)乗り。偏らないように。正直に(?)申告。
a0095931_15014082.jpg


滑走路から見た調布飛行場。
a0095931_15023464.jpg

この日は風が強く飛ぶかなあと心配してましたが

風速8メートルの中、あっさり飛び立ちました。かなり揺れる。

あっという間に味の素スタジアム上空。
a0095931_15023737.jpg
多摩川を飛び越えてラッシュの東名を眼下に見て、突き出ているのは江ノ島。
a0095931_15023943.jpg



23分くらいで伊豆大島が見えてきました。
a0095931_15031035.jpg

海が綺麗!
a0095931_15031373.jpg
白くポコポコ見えるのはオオシマザクラ。
a0095931_15031620.jpg
大島飛行場の風速は10メートル(!)、でも難なく着陸。

a0095931_15033357.jpg

大型機も着陸可能な広い伊豆大島空港。
a0095931_15032972.jpg
続きます。

by nobimaru | 2017-05-15 15:25 | お散歩・旅 | Comments(0)

今年も調布飛行場でささやかにお花見です。

私の桜ショット&お花見弁当





自宅前のバス停から小さなバスに乗り15分。

いつもは自宅で音だけが聞こえる小型飛行機の離着陸を

桜の向こうに眺めながらお弁当を食べるのが

このところの桜の季節最後のイベントになっています。なぜかいっつも雨模様。

a0095931_18123256.jpg



今日のお弁当一ノ段  (鮪の赤身漬け、錦糸卵にアスパラ、カジカの昆布締めと海苔)

a0095931_18132037.jpg



下には桜の花の塩漬けのみじん切りを炊き込んだすし飯が詰まっています。

桜のいい香りが!いつもは赤ワインを使っていましたが

こっちの方が色も香りも自然みたいです。
a0095931_18311710.jpg



ニノ段 (卵焼き、ふき含め煮、ジャーマンポテト/この段はおかず)

a0095931_1814096.jpg



スペインバスク地方のチャコリロゼで乾杯!

a0095931_18153843.jpg



土曜日なので近くの家族連れも。フェンスの向こうでは飛行機のお手入れ。

a0095931_18164181.jpg



そんなに広いところではないですが、ちょうど桜も満開でした。

a0095931_1818466.jpg



実はターミナルに島の美味しいものが載った新しいパンフレットがありました。

(調布飛行場から直接飛べるのは、伊豆大島25分、新島35分、神津島40分、三宅島45分)

それをめくっていると、だんだん本気で行ってみたくなりました。

a0095931_18204961.jpg



帰る頃にはやっぱり小雨に。しかし!

次の週にはなんと伊豆大島で火山三原山山頂の強風に吹かれていた

二人でした。

やったぞー!超疲れましたが楽しかったです。

次はどの島に行こうかしら。

by nobimaru | 2017-04-23 18:33 | お弁当 | Comments(1)

2017年4月12日野川の桜ライトアップbyアークシステム sanpo

見てきました!21時までなのでまだやってます。

今年は一週間くらい遅い開催でしたが散る寸前の桜ってすごい。

花吹雪が舞い散ってます。
a0095931_19524243.jpg
とにかく混んでいますがあまりにも美しいので行きます。
a0095931_19532307.jpg

どんな風に撮っても素晴らしい写真に。
a0095931_19533292.jpg

幻想的です。
a0095931_19532649.jpg


アークシステムは映画や舞台のプロの照明と機材の会社なので当たり前ではありますが

他では見られないですね。

a0095931_19532995.jpg

無償です。毎年楽しみです。
a0095931_19533758.jpg
野川のライトアップが終わると季節が変わります。

今年も感謝!






by nobimaru | 2017-04-12 20:04 | | Comments(0)

だし巻き卵サンドイッチ!?

世の中の流行には最後の最後に気づく、のび丸と報告者eです・・・。

さてどうもこんなものが流行っているらしいと思ったのび丸。

食べる前に作ります。さる尊敬する料理人が言っていた通りに、出汁は使わない卵焼き。
a0095931_20474110.jpg


美しくできました。eが急遽旅に出る日。
a0095931_20474417.jpg

お弁当にしてくれました。

空港で飛行機の時間待ちに食べました。美味しい。

野菜が入ったのもあります。これで十分満足なんですが・・・
a0095931_20474724.jpg

先日静岡に行くときに東京駅の新幹線待合室の売店で見つけました!!
a0095931_20481235.jpg

天のやのランチボックス。ハーフ。甘党の老舗が出しているんですね〜。
a0095931_20482421.jpg

実物・・っていうかだし巻き卵サンドのルーツ。新幹線の中でいただきました。
a0095931_20481687.jpg

ちょっと甘め。出汁がたっぷりと巷の噂だったんですが、

出汁の味は感じなかったのでいわゆる「だし巻き卵」サンドじゃないかなあ。

第一、巻かないらしいし。

天のやの名前も「玉子サンドイッチ」です。

(原材料の「卵焼き」に入ってるのかな?)

でも辛子が効いててとても美味しかったです。
a0095931_20482099.jpg


さて、もちろんですが、実験命ののび丸。実家でまた作ります。

何かに凝っている時は気がすむまで作るんです。

朝ごはんに。
a0095931_21010391.jpg

よく出来ました。

パンと卵の間に塗るのはバターではなく

辛子を効かせたマヨネーズというところがポイントみたいです。

ごちそうさま。

ちなみについなになにサンドとサンドイッチのことを言いますが、

日本語に興味津々のドイツ人におかしがられます。サンドって砂でしょ・・・と。

日本人の短縮能力はすごいのだぞ〜。

by nobimaru | 2017-04-08 21:04 | お弁当 | Comments(1)

お見舞い申し上げます。

a0095931_10513328.jpg
 被災地の皆さまに心からお見舞い申し上げます。去年5月31日早朝の熊本城です。
by nobimaru | 2016-04-26 11:00 | 地震 | Comments(0)

今年の桜は開花から散るまでのスピードが速かった。野川と調布飛行場

a0095931_2227193.jpg
 4月5日、今年も野川の桜のライトアップを楽しめました。
a0095931_22284823.jpg
 「アーク・システム」という映画やイベントのプロの照明会社の好意で実現する一夜。今年はこんな張り紙も。
a0095931_22313544.jpg
 相変わらずみごとな事。実は前は動くすごいカラフルライトアップもあったんですが、去年に続いて今年もないようです。あれもまた見てみたいんですが、人が流れなくなるからなあ。ここまで混雑しなかった頃はちょっとした場所で無理矢理ですが、お弁当開いてワイン飲んだりできたのですが、今は飲食禁止。それでも年に一度は行く価値ありです。
a0095931_22382961.jpg
 今年は焼津に行くのが早かったので焼津での花見は無し。東京でも咲き始めたらすぐに満開。そしてすぐ野川のライトアップ。これは絶妙に散り始める直前のタイミングで開かれます。あれよあれよと桜が走り、まだ一度も桜の下で飲んでない!!と気づき、あわてて雨の中、お弁当を持って去年も来た調布飛行場にバスで出かけてきました。雨やむよね〜と念じながら。
a0095931_22423144.jpg
 去年は飛行場の中の離島便の離発着が見える待合室でお弁当をお茶で食べましたが、帰りにこの桜の木の下で来年はここで花見するぞと誓ったのでしたが…。
a0095931_22452440.jpg
 この石をテーブルにして女子会しててうらやましかったのでした。その後に小型飛行機墜落事故がありましたね…。
a0095931_23134968.jpg
 雨はやみません。
a0095931_22484951.jpg
 …
a0095931_22491630.jpg
 …
a0095931_22493867.jpg
 …
a0095931_22502526.jpg
a0095931_2250649.jpg
a0095931_2323557.jpg
 …
a0095931_22515810.jpg
 全然やみません。
a0095931_2253649.jpg
 シチリアのご機嫌なロゼは冷たく冷やして持ってきました。
a0095931_22565211.jpg
 人間はぬれながら。もう執念だな。
a0095931_2255424.jpg
 ごちそうさま。
a0095931_22581244.jpg
 また来年…。
by nobimaru | 2016-04-14 22:59 | | Comments(0)


夫が作る日々のご飯。


by nobimaru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル