猪の味噌焼き・猪鍋と「獅子吼ルージュ」

2015年9月、奧野田ワイナリーの収穫お手伝いの後、

i川ご夫妻に山梨地場産業センター「かいてらす」

(たくさんの日本ワインが試飲できます!)に連れていって頂いた時、

色々試飲してのび丸が気に入った「獅子吼ルージュ」。やっと飲みます!

甥家族と昼下がりの宴会で。

a0095931_14303507.jpg

なぜ一年半も待ったかというと、のび丸が名前にこだわって

しし肉で飲みたかったから。

というわけで、肉の処理が完璧だという、広島のイノシシ肉を取り寄せました。



これは一晩味噌漬けにしたイノシシ肉を炭火焼に。
a0095931_14333383.jpg


まずは乾杯のビール用にポテトとベーコンとコゴミで炒め物。

2歳の男の子が超気に入ってくれました。

a0095931_14353689.jpg


扇風機干し牡蠣の炭火焼と、芽キャベツ、塩玉ねぎのマリネ。ローズペッパー添え。
a0095931_14353987.jpg


シャケの酒粕漬けの炭火焼。レモンで。

a0095931_14394687.jpg


さあ「獅子吼ルージュ」!

色も濃く香りも高くぴったりに熟成していて素晴らしい!
a0095931_14414636.jpg
イノシシ肉を合わせたいと思ったのび丸を褒めてあげよう。

獅子吼ルージュの獅子はイノシシではないですけどね〜。

猪の味噌漬けの炭火焼です。美味しい・・・・ワインもこのためかと思うほど

合います。幸せ。
a0095931_14335359.jpg

当然ですが、炊きたてご飯もあります。

ワインにも合い、白ごはんにも合う。
a0095931_14490603.jpg


もちろん次は鍋。色々調べて猪肉は一時間ほど煮込んであります。
a0095931_14500259.jpg


大根も肉の味がしみていて美味しい!
a0095931_14500450.jpg


猪鍋は子供にも大受けでした。

ワインがなくなると甥たちのお土産の「磯自慢」が空きました。

もちろんスープは残さず雑炊に。
a0095931_14500740.jpg


デザートは愛媛の知り合いからの伊予柑と

前日奈良東大寺に行ってきたのび丸のお土産「二月堂椿」。
a0095931_14582897.jpg
ごちそうさまでした!

# by nobimaru | 2017-03-21 14:59 | 宴会(3人以上の食事) | Comments(0)

とある日の出張宴会。最近身軽になりました。

のび丸がたまに福岡に帰った時は

ほとんど放置されている福岡の自宅でより

友人の家に出張して宴会の方が都合がいいという勝手な理由で

押しかけ出張料理をします。メンバー5名。

まずは家で下ごしらえ。

黒砂糖を使っているすし飯。すし桶ごと持参。
a0095931_10310103.jpg

ご飯を炊いたのは朝早くなので残りのご飯でちょっとお腹押さえのおむすびです。
a0095931_10310991.jpg



さて、友人宅の台所でビールのつまみを作り始めます。

フランス鍋は持参。スパニッシュのび丸オムレツ2種。

どちらも魚介類のオムレツです。
a0095931_10312202.jpg
篠栗のFさん奥様にいただいた野菜のマリネと一緒にビールで乾杯!
a0095931_10313239.jpg

まずはイカメインで赤パプリカとスパニッシュオムレツなのでジャガイモ入り。
a0095931_10314490.jpg

ビールの次は白ワインのつもりでしたがなんだか泡に未練があり

ご機嫌なフリザンテ!
a0095931_10315594.jpg

スパニッシュオムレツその2のメインは牡蠣!絶品。ディルが効いてます。
a0095931_10320575.jpg



次は手巻き寿司です。
a0095931_10321898.jpg


手前から甲イカ、軽く漬けにした鯖、カマス。

春一番か二番が吹き荒れて、漁船が出ないので

さすがの福岡の魚屋さんにも魚が少ない状態でした。

甲イカのげそはスパニッシュオムレツに使っています。
a0095931_10323263.jpg


さてこれは・・・
a0095931_10324844.jpg
前日久しぶりに訪れたのび丸の和食の師匠「茶懐石中伴」で

アマダイの焼き物(下の写真)が出まして。そのぶ厚さにでっかいアマダイですねと

言ったら頭をくれました。次の日宴会ならこれで酒を飲めと!
a0095931_10333524.jpg
飲めとは?焼いて熱燗を注げと!

もちろん仰せの通りに!
a0095931_10330242.jpg
う、うまい!
a0095931_10331747.jpg

お魚が絶品なので、酒も身も美味しい。

このお酒と白ワインでしばし手巻き寿司。

次は赤ワインです。
a0095931_10342629.jpg

近所のボンラパスに熟成肉が売っていて、それを使いたいので赤なんですね。

ジャン!珍しく牛肉。
a0095931_10341389.jpg
ブルゴーニュのピノファンというぶどう。

いい香りです。
a0095931_10345849.jpg

焼いてごろごろに切り分けます。えへへ。
a0095931_10344356.jpg

もちろんしばらく飲み食べ。

こちらはひよこ豆と皮むき緑豆のスープ。熱々。

a0095931_10352080.jpg

今まで出てきた料理のあまった材料を並べ、チーズをのせて焼いたりして。

いやはや酒飲みは最後までつまみが必要。

大抵食べてしまいました。
a0095931_16171629.jpg

いつもは自家製天然酵母パンを持参するメンバーが

冬なので酵母が育たないと、人気パン屋さんのパンと一緒に

持ってきてくれた珍しい大福がデザートでした。

驚愕のとろっとろ感!
a0095931_16200001.jpg

ご参考までに。酔っているのでブレてます〜。
a0095931_16200952.jpg

ごちそうさま!!!

# by nobimaru | 2017-03-09 10:47 | 宴会(3人以上の食事) | Comments(0)

ドメーヌヒデのマスカットベリーA。南アルプスの新しいワイナリーから

山梨県南アルプス市のドメーヌヒデのバラ色のワイン「グーテ(おやつ)」です。

a0095931_11104747.jpg
去年の夏前に届き、秋まで待って飲んでねとのことだったので冷蔵庫で保存。
a0095931_11115783.jpg
飲む3日前に立てておりを沈めました。
a0095931_11120074.jpg

やっといただきます。綺麗だ〜〜。
a0095931_11120240.jpg
樹齢50年のマスカットベリーA。
子供達のためのおやつ用の樹だったそうで、その葡萄樹が育んだぶどう。

美しいです。

a0095931_11120597.jpg

ワインの前にとりあえずのビールに八つ頭の二度揚げチップス。
a0095931_11122222.jpg




ワインにまずはイカゲソと春菊の茎のイカスミ炒めに百合根とキヌアを和えた物。
a0095931_11104978.jpg


日本のワインはなんにでもよく合います。
a0095931_11124586.jpg


しかし、実は牛肉に意外と合わない。これはフランスのワインでもそうです。

でも一応赤だし・・・
a0095931_11105204.jpg



冒険して牛肉のヒレランプの幽庵焼き。原木椎茸と白ネギ添えを用意。
a0095931_11132161.jpg
合うか?
a0095931_11132476.jpg

合います!アルコール度数は10%だし見た目も軽い感じですが

料理に合わせて飲むと濃い!
a0095931_11344711.jpg
こんなに牛肉に合うマスカットベリーAは初めてだねえとのび丸。

パン代わりに素干し桜エビ入りの蕗の葉の巻き寿司。
これも合います!
a0095931_11132782.jpg
再び2回目のフランス鍋焼き。白ねぎが効いてます。

a0095931_11382559.jpg


約一時間かけてゆっくり飲んで・・・
a0095931_11435934.jpg

料理も終わりに近づいたけどワインも濁り部分に達したようです。
a0095931_11433042.jpg
濁りも綺麗ですね。
a0095931_11433306.jpg




美味しいワインの濁りは次のお楽しみ!



人生最初で最後のロマネコンティ事件、ブログの


でもご覧いただけますが、
a0095931_11432507.jpg
アイスクリームです!
a0095931_11432860.jpg
こんな感じでそそぎます。これが美味しいんです!オリの風味がとてもいい。

デザートというか「おやつ」というか・・・!
a0095931_11433632.jpg


いただきます!
a0095931_11433843.jpg
ごちそうさまでした。

大満足です。

補足:
姪のお友達のソムリエールが

ロマネコンティを飲むことがあったら、おりをバニラアイスと食べたい、といってた

ということを聞いて、「王様の一夜」でやってみて絶品だったのですが、ブログでは

詳しくご報告してなかったようです。すみません。

オリとアイスクリームは、なぜかブルゴーニュ系が美味しいです。

香りが大事なのでしょうね。


# by nobimaru | 2017-02-28 11:52 | 日本のワイン | Comments(0)

ほっこり鍋で暖まらなければ〜。巨大椎茸とキヌアも。

寒いです!

こんな日はやっぱり鍋ですね。

でもその前にお約束。ビール。つまみはキムチと漬物にしたカブの葉っぱ部分の和え物。
a0095931_10040015.jpg

巨大椎茸は詰め物をして焼いてます。

詰め物はジャコと素干し桜海老と味噌など。

かなり食べ応えあり。

a0095931_10040338.jpg




最近原木椎茸も気に入っててあると買ってきますが

当然一回では食べきれないので、残りは日が当たる縁側(ぽい所)に干します。

軸は干したらいい出汁の素になります。
a0095931_10041312.jpg

さてワインです。

割と手に入りにくい「イケダワイナリー」の甲州の一升瓶ワイン。

実は我が家の冷蔵庫に一升瓶は入らないので

メルシャンのスクリューキャップワインの瓶に分けて

冷やして飲みます。

いや〜ほんとは湯呑みで飲むのが山梨県人流です。

実に美味しい!買って半年以上置くという裏技を使うと

コクも出て超美味しくなります。
a0095931_10124169.jpg
つまみの1。

去年の10月に訪れたスウェーデンのウプサラで

ランチに出たキヌア。日本でももうとっくの昔に流行っていたらしいですが

やっと我らも気づきました。

a0095931_10124432.jpg


水に一晩つけて、可愛く発芽させ炊いたキヌアと

イタリアハム、イタリアチーズ、黄色のカリフラワー、セージを

酢とオリーブオイルと塩などで和えたもの。

a0095931_10124647.jpg

プチプチにハマります!
a0095931_10124984.jpg

鍋と言っときながらそこまで行けずに、続きます。すみません。


続きです。鍋セット用意〜。

a0095931_13351460.jpg
石鯛。
a0095931_13351717.jpg


豆腐、フキ、あさつき。
a0095931_13352042.jpg
鍋ではすでにかぶが煮えています。石鯛のあらも。

出汁は昆布と石鯛のあら。しゃぶしゃぶしながらいただきます。

a0095931_13352384.jpg
温まります。ワインも美味しい。

ごちそうさま。

# by nobimaru | 2017-02-22 10:25 | 晩ご飯 | Comments(0)

セージの天ぷら?

ハーブのセージが天ぷらのタネになるとは。
a0095931_14410547.jpg
袋に書いてあったので。
a0095931_14410844.jpg

意外と美味しいです。そういえばパセリや春菊、ふきのとうとか
香り高い野菜は確かに天ぷらに合いますね。

他に原木しいたけをちょっと干したもの、山芋と干し桜海老のかき揚げを
食べました!

a0095931_14415397.jpg

次の日のランチに変なものが出ました。ナジャこりゃ?

パンですが何か?って感じですね。セージの天ぷらもつかってる。

a0095931_14415549.jpg
実は酉年なので鶏の型抜きを京都で買ってきてました。トーストで遊んだようです。

いまいち形がおぼろげ。

a0095931_14415830.jpg
でも焼いて見るとわかりやすい。左が鶏、右はカエルでした〜。
a0095931_14424214.jpg
寒いですね。

みなさま風邪にお気をつけください。

# by nobimaru | 2017-02-10 14:51 | Comments(2)


夫が作る日々のご飯。


by nobimaru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル