<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

岩手県産和牛を結果的に自宅で熟成させてしまった…その後。

2週間バターに漬かって冷蔵庫で眠っていた

岩手県産和牛のイチボ肉。

a0095931_21505884.jpg


フライパンを焼いてぬれ布巾でちょっと冷ます。
a0095931_09574061.jpg

オリーブ油を敷き
a0095931_09582153.jpg



肉を焼きます。

a0095931_09585635.jpg
全面を焼く。

a0095931_09595678.jpg
いい感じになったら
a0095931_10003287.jpg
一度取り出して

全面にパラパラと塩をします。
a0095931_10012536.jpg
一回塩したら休ませます。
a0095931_10021910.jpg

クッキングペーパーは無しでも。
a0095931_10023683.jpg


食卓に出す前にもう一度焼く。
a0095931_10044481.jpg



焼いたら取り出して、もう一度塩をして出来上がり。

a0095931_10050595.jpg

2回焼くんですが、中はこんな感じ。

実はこの焼き方は一人分に切り分けて同様に焼き、

ステーキとしてナイフとフォークで食べるのが一般的だそうですが。
a0095931_10055863.jpg

わが家ではお箸で食べやすいように切ります。

さあ!いただきましょう!
a0095931_10065254.jpg


頂き物のハスカップジャムと緑色はザーサイの先っぽの炒めにローズペッパー
a0095931_10075386.jpg

ハスカップジャムとローズペッパーで。
a0095931_10261305.jpg
塩とレモンでも美味しい!
a0095931_10273878.jpg
ていうか、2週間置いてても食べられました!

バターに包まれていたから、大丈夫と思ってはいたのですがちょっと恐る恐る。


こういうのを怪我の功名というのだな!

ワインはブルゴーニュのピノ・ファン

奥野田ワイナリーの会員大先輩に教えてもらい、

見つけた時にゲットした赤ワイン。

ピノ・ファンとはピノ・ノワールの原種で

ロマネ・コンティはもしかしたらピノ・ファンかも、という

珍しいブルゴーニュワイン。お値段もリーズナブルです。

さすがにとても良く合いました。

a0095931_10014293.jpg

普通牛肉に合わせるワインはすごく難しいのですが

料理法がフレンチの料理人直伝なのでかな?

a0095931_10081174.jpg

とりあえず、2週間熟成肉は無事お腹の中へ。

ごちそうさま。

あ〜良かったです…。

調子に乗ってこんなことも

奥野田ワイナリーOVCのi川マダム手作りのジャム!

a0095931_10354425.jpg

小麦胚芽のクラッカーにチーズと肉をのせミックスベリーをトッピング。

ハスカップジャムとまたひと味違って、うまい!のんべえの一品ですね。
a0095931_10361005.jpg
2週間の風邪ひきさんからの脱出記念の日は

美味しいものと珍しいワインで過ぎて行きました〜。

ごちそうさま!


*バターコンフィの方法は

カテゴリ「肉料理」の
     「美味!牛肉レシピです〜。」に詳しく書いています。
     興味のある方はのぞいてみてくださいませ。

by nobimaru | 2016-12-21 10:41 | 肉料理 | Comments(0)

岩手産和牛を結果的に自宅で熟成させてしまった…。

学園祭でサンマを食べました。

毎年美味しくなるなあ。

学生さん、炭火での焼き方が上手です。
a0095931_20404713.jpg
この日、甥が来てくれました。

その甥に肉を見せびらかしたのび丸。

次の日から熱を出しました。

肉はこうなっていました。

岩手県産和牛のイチボという部分。

それをバターに漬けました。バターコンフィです。

姪の夫で料理人の渥美創太から聞いて作っています。

始めは朝漬けたのでその日に食べるはずでした。
a0095931_21505884.jpg
で、のび丸がその後一週間風邪引いて熱あり。

その後、報告者eが風邪引いて一週間。

と、いうわけでなんと2週間、肉はバターの中で熟成されていたのでした。

ひえ〜〜どうなったかな。

続きます。

by nobimaru | 2016-12-20 21:54 | 肉料理 | Comments(0)

JA世田谷の大蔵大根

のび丸が風邪ひきました。

一週間後、治ったのですが、こんどは報告者eがやややばくなり…

ちょっと無理して行きたかった静嘉堂美術館文庫に二人して行きました。

調布駅南口から、50分かかりますがバス一本。

バス停降りるとJA世田谷があって、2階にはカフェ。

(正確にはファーマーズマーケット二子玉川)

帰りに寄って世田谷で育った野菜を買いました。

大蔵大根。 江戸野菜のひとつ。でかい。
a0095931_22301556.jpg



帰ったら、やっぱり熱を出したeのために

ふろふき大根をつくってくれました。

しかし大蔵大根はふろふきにはむいてない。ほろほろととけない。

a0095931_22301774.jpg

ほかにりっぱなザーサイも売ってたので、根っこに近い所を

ぬか漬けにしてみることに。

a0095931_22302005.jpg



翌日は熱高し。食欲がないeのリクエスト

うどん。ほんとは博多の柔らかいうどんが風邪ひきさんにはピッタリなんですが、

調布にはないので、伊勢うどんを極力やわらかくして

あたたかい博多うどん風に。

ちょっと違いますが、丸天も入ってるよ〜。
a0095931_22302338.jpg


ごちそうさま。

結局のび丸とeは交代で2週間も

ワインも飲めない状態でした。

そのおかげであるものの実験が出来ました。それは次回。

ところで熱があるとき、のび丸は自分でごはんを作ります。

eが熱がある時はのび丸が作ります。

…熱があろうがなかろうが、いつもとおんなじでした。

すまないねえ。

by nobimaru | 2016-12-19 22:43 | お散歩・旅 | Comments(0)

佐渡で夕飯を作るのび丸。その2/2

遅くなりましたが、佐渡の続きです。

釣果!鯵50尾!釣り人がさばいた超新鮮な鯵の刺身。(写真は一部)
a0095931_15245834.jpg



ちょっと目先を変えて豚肉のソテー。
a0095931_15250537.jpg



八幡芋の胡麻汚し。美味しそう。
a0095931_15251223.jpg


釣果 メバル?の煮物。まずい訳がないね。
a0095931_15252647.jpg
のび丸のコメントです。
メバルは煮物ではなくて、オーブントースターで焼きました。塩をして少し置き、日本酒で洗います。オーブントースターの中皿にキッチンペーパー(ツルツルのやつですね)を敷き、10分ほど焼きます。ここで余熱調理。提供するタイミングの少し前にひっくり返して5分程度。小さい魚なら使える方法ですね。



最後は日本海のタラでタラ鍋!

でっかい50cm!とれたてのタラ1尾が2000円だったそうです。

福岡だと、タラは切り身でそれほど美味しい魚とは思えない。

でも東京にはいいタラがたまにみつかり
おやタラってこんなに美味しい魚だったのと驚くのですが

地元のタラだもんなあ。

北海道では「たち」と呼びますが、白子も超たっぷりで

そりゃあ食べたかった報告者eでした…
a0095931_15253396.jpg
のび丸のコメントです。
鱈鍋は、粕汁です。佐渡の有名な辛口「北雪」の酒粕を使っています。粕に、これも佐渡産の味噌を1/3ほど混ぜ、鍋の出汁で延ばして加えました。




ちなみにホテルの台所。広い割に火口が電熱器一個…

よくまあこれで全部作ったもんだ。
a0095931_16065730.jpg



ふたたびちなみにですが
台所で料理しているのび丸。洗濯干し台をひっぱってきて
色々工夫して作業してる図

上の写真では広く見えますが、かなり狭かったそうです。
台所付きホテルではこれが普通ですね。

a0095931_16175061.jpg

福岡で歯を抜いていたe
いつか食べたいものばっかり。
いつか食べさせてくれるでしょう。

みなさま昼間は仕事。
お疲れさまでした。

by nobimaru | 2016-12-05 15:33 | お散歩・旅 | Comments(2)


夫が作る日々のご飯。


by nobimaru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル