<   2015年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東京ステーションギャラリー・パリ・リトグラフ工房idem展

a0095931_9372446.jpg
姪(mei)が働いているパリのリトグラフ工房idem(イデム)の入り口。アーティストJRの作品が見えます。右に曲がり奥を左に入るとすごく広い空間に大きな古ーい印刷機が何台も並んでいます。高い天井はガラスで室内はとても明るい工房です。
東京ステーションギャラリーでこの工房で作られた現代アートの石版画(リトグラフ)展が開かれています。

「パリ・リトグラフ工房idemからー現代アーティスト20人の叫びと囁き/君が叫んだその場所こそがほんとの世界の真ん中なのだ。」

もちろん大好きなアーティスト・JR(日本鉄道ではありません)の作品もあり日本人アーティストも何人も伝統の石版画づくりに魅了されパリのidem工房で作品を作っているんだなあと改めて感心します。すごく面白いです。映画監督デヴィット・リンチが撮った工房の様子や作品を作るJRの様子やコメントの映像も見れます。今回はありませんがフランスのフジタ教会(藤田嗣治が壁画を描いている)のカードもidemのリトグラフだそうです。時々「なくなったので追加をお願いね」という電話があるんですって。
工房idemの隣がitemという画廊。idemで刷った作品が並びます。

無印良品が欧州旗艦店をオープンした時のポスターもここで作られました。日本の和紙を使って。このポスター欲しい…。

 東京ステーションギャラリーで総ての展示作品が版画というのも初めてだそう。壁の一部が赤レンガだったりしてのび丸も報告者eも初めて行きましたが、なかなかすてきな空間。東京駅の丸の内北口を出たらすぐ右。(東京駅丸の内赤煉瓦駅舎内)という説明どおり丸天井の下の右側です。

 2月初めまで開催されています。機会があれば是非おいで下さいませ。

 そうそうこの展覧会とリンクする原田マハさんの小説「ロマンシエ」も
とてもキュートな小説です。こちらも是非!
by nobimaru | 2015-12-15 10:08 | meiリトグラフIdem | Comments(0)

ベルリン4 朝市・薫製・鹿肉・イノシシ・ドイツワイン!

a0095931_9424294.jpg
 海外での楽しみの一つは朝市。ここは夕方までやってますが朝市。ベルリン最大のデパート「カーデーベー」の前の広場。これはお魚屋さんの屋台というかりっぱです。デパートの魚売り場より大きい。
a0095931_102466.jpg
 魚屋さんでフィッシュバーガーを注文。
a0095931_1032832.jpg
 でっかい白身フライに野菜とピクルス入りマヨネーズソースをたっぷり。
a0095931_105971.jpg
 報告者eはあとになってこれが食べたかったなあと後悔。注文すると2台あるツヤツヤした黒くて重そうなストーブにでっかい美味しそうなジャガイモを丸ごとほおりこみ焼けたらチーズやソースを盛りつけて出してくれてる。後ろ髪でした〜。
a0095931_1074757.jpg
 オリーブ石鹸やオリーブの木で作った小物を売ってた店。ここで甥用の左利き用料理スティックと…
a0095931_1085822.jpg
 こういう小ボールを2個買いました。日本でも重宝してます。

 この後雨の中壁博物館に行きました。

 ポツダムに行った日がベルリンを発つ前日。カーデーベーで食材を少し調達。
a0095931_10114113.jpg
 ベルリンの自炊ホテル最後の夜のメニューはまずシシャモみたいな小魚の薫製をジャガイモに乗っけてレモンで食べます。しっかりした薫製。ビールです〜〜!!ぐび。
a0095931_10141938.jpg
 少し柔らかいパン。
a0095931_10145095.jpg
 ドイツは魚の薫製がおいしいね。マスの腹身の軽い薫製。チャイブとレモンで。ワイン〜〜。
a0095931_10171240.jpg
 ドイツ白ワイン。ぶどうは珍しいシルバネール。お店で飲んでも家飲みでもほんとうにおいしいドイツワイン!
a0095931_10193242.jpg
 肉も旨いですね〜〜。鹿肉。ポツダムの宮殿はシーズンオフだったけどジビエの季節なのでそれは幸せ。下に敷いているのは細アスパラガス。
a0095931_1022143.jpg
 実はソースが絶品。サワークリームと持参の白みそを合わせ、タマネギのみじん切り、チャイブみじん切りを混ぜてます。うまいっ。
a0095931_10245047.jpg
 このラインガウの赤ワインがすばらしかった。
a0095931_10255955.jpg
仲間w氏が以前ドイツで飲んで美味しかったもの。eは初めて。高めですが鹿肉にもこのあとのイノシシにもすごく合いました。ぶどうはシュペートブルグンダーいわゆるピノ・ノワールですな。日本でもこれは入手可能。チェック!
a0095931_1028977.jpg
 ベルリンのホテル台所を使った夕食では2回目のイノシシ肉。初回寝てしまったrちゃんリクエスト。やっぱり美味しいよね〜〜。ポツダムから帰り買い物をし手分けしてホテルにもって帰りみんなを待たせて作った夕食。ごちそうさま。お疲れ様!
a0095931_10314565.jpg
 翌早朝、総ての食材を使い切った朝ご飯。
a0095931_10352977.jpg
 一人一個の目玉焼きとソーセージ。
a0095931_1036312.jpg
 サラダ。きのうの鹿肉用ソースの残りを使ってます。それに地海苔入り味噌スープ。
a0095931_10365883.jpg
 トースターもある。ホテルで料理できると旅行中毎日外食しなくていいし、特に朝ご飯は部屋でゆったり食べれるのでストレスがありません。まあのび丸をたずさえての旅ならではかな、うふっ。(いや、こら、eがのび丸に着いて行ったんだろ)*割り箸は日本から持参です。自炊ホテルに泊まるときは割り箸は是非持参をおすすめします。以前パリで探しまわってやっぱり無くて往生したので。
a0095931_1040374.jpg
 しかし前日パリで起こったテロのニュースに肝を冷やしました。姪夫婦が住んでるし…この日午前中にお土産を買いに回るはずでしたが無事の確認にあたふたでした。これでベルリン報告は一応終わります。読んで頂きありがとうございました。
by nobimaru | 2015-12-09 10:48 | Comments(1)

ベルリン3 とても美味しくて楽しいレストラン!

a0095931_15504535.jpg
 日が暮れるのが早いベルリン、午前中仕事をすませて電車で博物館島に行きました。ベルリン大聖堂。
a0095931_1553496.jpg
 大聖堂の隣でベルリン王宮の再建が続いています。コンクリートの下地にオレンジ色のレンガを貼付けてるところ。ベルリン空港も国際空港として建設中で、海外からはだいたいフランクフルトなどの国際空港経由。とにかく竣工がどこも延びる延びる。でも手抜きよりよっぽどいいね。王宮関連の展示をしているフンボルトボックスで遅いランチをたべ、各自好きな所をめざします。絵画館でクラナッハやブリューゲルを見て目指すは今夜のレストラン。
a0095931_155875.jpg
 ワインとタパスの店「グリュック」。とても美味しい小皿料理と地元ならではのすばらしいドイツワインを堪能しました。気軽で居心地のいいほんっとに秀逸な店です。6人で飲むわ食うわ。ここに再訪するためだけにベルリンにまた行きたい報告者eです。とても素敵な本「歩いてまわる小さなベルリン」の著者の「おさんぽベルリン」ブログで知りました。感謝です!詳しい報告は後ほど、たぶん
a0095931_162156.jpg
 次の日同行者2人は仕事、あと2人でバスにのってみることに。ベルリンのバスはとても便利!帰る頃になってやっと乗りこなし始めるんですね。ベルリン動物園にホテル前から直行。
a0095931_1634056.jpg
 ベルリン動物園の鎧を着たようなサイ。なんてことない動物園に見えてじつは動物との距離がちか〜〜い!!いいのか〜〜この浅すぎる堀、低すぎる塀。楽しい。
a0095931_16372150.jpg
動物園でお八つ。翌日は最後の日ちょっと足を伸ばしてポツダムに。
a0095931_1673453.jpg
 街を歩くとこういう金属が石畳のそこここに埋め込まれています。これは嘆きのアートの一つ。
a0095931_1682888.jpg
 この金色の石にナチス政権の犠牲者たちの情報が刻んであり、今でも継続して埋め込み続けられている。なくなった日に花やろうそくをそなえてお参りをする人たちがいました。つまずきの石というそうです。ちなみにリンク先のブログを書いた人の本「ベルリンガイドブック」を手にベルリンを歩きました。
a0095931_16104861.jpg
 けっこうあちこちにあります。
a0095931_16114382.jpg
 ベルリン市内からアクセスのいいポツダム。サンスーシ宮殿に行ったら水も流れていない噴水の周りに小さな小屋がいっぱい。彫刻が冬の間冬眠!ちょっとなあ。でも宮殿の中は見ました。可愛い内装でした。
a0095931_16161430.jpg
 新宮殿。
a0095931_16195151.jpg
 ただ今工事中。ポツダムは宮殿だらけですが11月はシーズンオフ。ほとんどの銅像にカバーがかかっているしあちこち工事中。お散歩は楽しかったです。帰りにカーデーベー(デパート)に寄り、ラスト夕食の為に食材調達。次回ご報告します。

そういえば今日(12月8日)はジョン・レノン忌ですね…。
by nobimaru | 2015-12-08 16:20 | 海外で料理! | Comments(0)

ベルリン2 歩きました。

a0095931_192727.jpg
 ベルリン2日目。前日ルフトハンザのストに会い夜中にホテルにたどり着いた我々。朝辺りの偵察散歩です。ホテルの近くの信号のアンペルマン赤。
a0095931_194362.jpg
 アンペルマン緑。もともと東ドイツの信号で統一後無くなりかけたそうですが、ふたたび脚光を浴びる。とてもわかりやすいからだそうですが、可愛い。
a0095931_1952440.jpg
あちこちにこんなアンペルマンショップがあります。
a0095931_1972123.jpg
1943年に爆撃で破壊されたまま残されたカイザー・ヴィルヘルム記念教会。
a0095931_19471812.jpg
 隣に青いステンドグラスの礼拝堂が建ってます。
a0095931_19134095.jpg
 ベルリン工科大学と芸術大学の入り口辺り。
a0095931_19141485.jpg
 わかりにくいですが、ベルリンのカラスはツートンカラー。グレーのチョッキを着ているみたい。真っ黒はみかけなかった。
a0095931_19161769.jpg
 蚤の市にあったオブジェ。人はみなこれをのび丸と報告者eと言う。う〜確かに。買ってもって帰るには重すぎた。
a0095931_191735100.jpg
 蚤の市で食べた初「カリーブルスト(ベルリン名物カレーソーセージ)」美味しかった!買い物客の1人が我々の写真を撮ってくれた。初日でとても親切なベルリナーに会う!
a0095931_1920563.jpg
 それからティーアガルテンを歩く。ベルリンの真ん中とは思えない森。「けものの公園」という意味だそう。ブランデンブルク選帝候の狩猟場だったのを候が狩猟を好まないため市民のための公園として整備させたそうな。親切。
a0095931_1924422.jpg
 ほんとはその先にある「戦勝記念塔」の285段階段を上まで登る意気込みだったe。
a0095931_19334314.jpg
初日にこけてはやばいと足下で拒否。これは良かったと思う。ホテルを出てから2時間49分、教会で座った以外ずーっと歩いてますし…。この塔はティーアガルテンの真ん中にあり、ここからポツダム広場方向に歩き絵画館、フィルハーモニーに行き滞在中のコンサートを物色しSONYセンターを目指しました。絵画工芸館や楽器博物館も行きたかったけどもう足が…。絵画館のボッティチェリ展にはあとで行きました。
a0095931_1952363.jpg
 傘をかぶったようなSONYセンターの「リンデンブロイ」で白ビールを飲んで帰りました。結局4時間半徒歩。しかしこの散歩でなんとなくベルリンが身近になったね。
a0095931_19565732.jpg
 次の日の朝ご飯。 1日目の夜なんとか開いてた駅の店で買っておいたパンやソーセージ、野菜で。
a0095931_1959374.jpg
 トマトとサラミとバジルのサラダにソーセージを挟んだパン。
a0095931_1959502.jpg
 白ソーセージと持参した地のりと味噌でみそ汁。日本人だねえ…といえるかどうかの変な組み合わせですが美味しかった。なにしろこの国はパンとソーセージがどこで買ってもものすごく美味しい。ごちそうさま。3に続きます。
by nobimaru | 2015-12-07 19:28 | 海外で料理! | Comments(0)

今頃墓場で運動会…ご冥福をお祈りします。

水木しげる妖怪大先生が逝去されました。
半月ほど入院してそのまま帰らぬ人となりましたが、近所の人の話では、いや散歩しているのを見かけたよ、と半信半疑の調布市民多数。

富士見町辺りの自宅から駅近の仕事場までお散歩中の大先生をよく見かけてました。話しかける市民も多数。子ども連れお母さんの質問に笑顔でこたえる先生。いつも道ばたの小さな花を摘んで胸のポケットにさして歩く姿をこっそり見送ってました。

これで妖怪図鑑に本当に仲間入りだなあとのび丸。

寂しいですね。
でも大先生は永遠に調布市民のマスコットなのだ。

南無観自在菩薩。合掌。

a0095931_138453.jpg
天神通の鬼太郎像に献花する調布市民多数。私も献花してきました。
a0095931_1312578.jpg
前の写真は天神通南側入り口の鬼太郎像。実は北の布田天神方面入り口にも
もう一つ鬼太郎像があるんです。南口はもういっぱいだったので北の鬼太郎に
献花しました。ピンクのチューリップが私の。ところが…
a0095931_13135483.jpg
次の日行ったら、なんと元気になってる!!わー水木しげる妖怪大先生のフラワー妖怪力だ。
天神通の猫娘と一反もめん像やぬりかべ像にも献花されてました。
by nobimaru | 2015-12-01 10:49 | 大先生 | Comments(1)


夫が作る日々のご飯。


by nobimaru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル