<   2015年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

トーキョーエックス・東京X・TOKYO X?の冷しゃぶ!

a0095931_15161334.jpg
 はあい、冷しゃぶです。東京エックスとは一時すごいブームで手に入りにくい豚肉ということで有名だったんですが、のび丸と報告者eは10年くらい前に朝倉の鴨料理の店で食べました。何かあって一時下火に。パルコの肉屋さんに相談して仕入れてもらいいよいよ冷しゃぶです。旨いよ〜〜〜。こんな時月光仮面(古典)のようなお助けワインが機山セレクションシャルドネ。今年5月にリリースしましたがもう買えない。大切なワインですが開けます。ものすご〜〜く合います。バラ肉なのに脂身を感じないでとろけふわーっとのどに消えて行きました。冷しゃぶにもワインにも平身低頭でがした。
by nobimaru | 2015-07-21 15:21 | 肉料理 | Comments(5)

なんでこんなにつくるの?手巻き寿司2人前。

a0095931_23312671.jpg
 7月12日、久しぶりにゆっくりビールとワインを飲む日。のび丸嬉しくて作りすぎてます。2人前?の手巻き寿司です。ワインの前に報告者eの好物、ジャガイモ・キクラゲ・ズッキーニとミンチの炒め物でビール飲んでます。とにかく土日も休み無しで朝おきたら朝ご飯前にひと仕事、朝ご飯後にひと仕事、仕事に行って帰ってきて昼ご飯前に一仕事、また出て行き一仕事してお八つ時間に帰ってきても仕事、その後また出て行き仕事、帰ってきて仕事しながら夕ご飯の支度して、お風呂に入り、やっとビール。この日はビール飲めますが、数日はお酒も飲まずに夕ご飯の後にも遅くまで仕事してたので、爆発したようです。2人で食べきれないよ〜〜。
a0095931_23394862.jpg
 手巻き寿司の具その1)コチの昆布締とマグロの漬け。これに後から焼きたての卵焼きが加わります。
a0095931_23413864.jpg
 ミョウガ、水茄子とコカブの床漬け、三つ葉。
a0095931_23421663.jpg
 縦に切ったキュウリの塩揉み、山芋短冊の酢の物、ワサビ。
a0095931_23425270.jpg
 手前左から時計回りに、マグロの佃煮、千葉産蛤の佃煮、淡路島産ハモの佃煮、葉唐辛子の佃煮、全部のび丸お手製のできたて。
a0095931_2345220.jpg
 海苔とスダチと醤油。
a0095931_23454749.jpg
 すし飯に驚異的に合う奥野田ワイナリーのハナミズキ・ブラン2104。このところ頻繁にのび丸亭を更新しているのは、のび丸が仕事しているので相手にされない報告者eは他にすることがないからです〜。大ストレスを解消するのが料理なのでまあいいと言えばいいですけど。必死に仕事しているのは土曜日に勝沼に行き温泉に入るというニンジンがきいているから。でもこの日の段階では仕事はまだ終わってません。かわいそうね。

a0095931_1015662.jpg ハモキュウ。
a0095931_1018843.jpg コチ昆布〆と三つ葉にワサビ。
スダチもしぼって。
a0095931_1020292.jpg蛤の佃煮とキュウリにワサビ。
a0095931_10225739.jpg マグロ赤身漬けと
山芋・三つ葉にワサビ。
a0095931_1027212.jpg マグロの佃煮・山芋にわさび。
a0095931_10303927.jpg 小カブの糠漬けでコチの昆布〆とワサビをくるんでスダチをひとしぼり。
a0095931_10324219.jpg コチの昆布〆とミョウガとコカブにわさび。スダチもたっぷり。みんな美味しい!


 そのほか卵焼きとか水茄子の糠漬け、葉ワサビの佃煮…、一通り食べてもお腹いっぱいです。ストレスの度合いがこんな風に出てくるわかりやすいのび丸の手巻き寿司大会(二人だけの)でした。あ〜疲れた。ちなみに当然残りますが残ったものはいろんな別物に化けて次の日の昼夜その次の日の…と使います。これは?あ!手巻き寿司の残り?という会話が数日後あったりして。
by nobimaru | 2015-07-17 00:01 | SUSHI | Comments(0)

葉唐辛子の佃煮。まさに今花付きの枝ごと売ってます!

a0095931_1481332.jpg
 7月9日。ちょうど枝豆の季節です。朝どれの枝豆は甘くておいしい!早めの枝豆の季節にはこっちも大事な仕事です。見つけるとゲット。青唐辛子がついた唐辛子の株!
a0095931_1495788.jpg
 ピーマンもそうらしいですが、葉は実以上にビタミンCとカロテンが豊富。炒め物や天ぷらでも。実ザンショウの時と同じく地道に葉と実を枝からむしります。今のび丸は忙しいのでほとんど報告者eの仕事です。プチプチプチ…。割と好きな作業。青い葉っぱをちょっとかじると爽やかな辛さ…う、辛い。
a0095931_14132085.jpg
 葉っぱや白い小さな花は全部佃煮に。手間がかかるわりに出来上がりの量はちょっと。売ってる葉唐辛子の佃煮が高いのはうなずけます。のび丸仕事のかたわら煮ております。
a0095931_14144032.jpg
 青い実のほうは日向で半日干して秘密の調味料になります。秘密なので、秘密。保存食とは言え出来上がったばかりの葉唐辛子の佃煮をごはんに乗せると、感動的に美味しい!この季節、どんなに忙しくてもやってしまうのび丸ばあちゃんの保存食づくりです。
by nobimaru | 2015-07-15 14:25 | 野菜 | Comments(1)

ぶどう畑も通ってます。奥野田VC2年目。

 引っ越しやら片付けやらに忙殺されご報告を怠けてました〜。山梨の奥野田ワイナリーでスタッフの足をひっぱる農作業の会で今年も楽しんでいます。2月の第一回「剪定作業」以後のび丸亭にあげてませんのでまとめてご報告。

第2回 3月22日「誘引」 報告者e1名参加
a0095931_21582455.jpg
 こういうのが…
a0095931_21585668.jpg
 こうなりました。この折った所から植物コラーゲンだという水分がぽとぽとと湧き出てきて、皆さん顔や手にぬりつけてました。
a0095931_2234475.jpg
 高級化粧水なみの威力だそうです。 

第3回 5月17日「芽かき」のび丸とe2名参加。のび丸は仕事がらみ。
a0095931_2283755.jpg
 のび丸、かいた芽をいそいそと袋に詰めています。嬉しそう。
a0095931_22103464.jpg
 今年は例年よりも10日ほど成長が早いそうで、去年はこの時期にはなかった花芽もついてます。これもラッキーだそうです。
かいた芽にこれがついていたら…
a0095931_22123438.jpg
 奥野田ランチでも出ましたが、帰宅して天ぷらにするのも楽しみ。しかも…花芽が付いている!
a0095931_22133586.jpg
 プチプチして美味しかったです!

第4回 6月7日「花カス取り」eのみ参加。のび丸勝沼で仕事。
a0095931_2216578.jpg
 去年は雨でできなかったあこがれの長門原圃場の「花カス取り」。小さなぶどうの間に花のカスがありますね。これが残っていると雨などで水分を含み病気の原因になるそうです。他のぶどうは自然に落ちてくれるらしいですが、シャルドネの花カスは自然には落ちにくいのでそれを軍手をはめた両手でそっとなでて取ってやる作業。実や葉を傷つけないようにやさしく、しかも手際よく。
a0095931_22180100.jpg
 すみません。ぼけた写真しかないのですが、花カスとれてるのわかりますよね。意外としつこく付いているので根気のいる作業です。みなさん黙々とやってました。結局シャルドネの畑を2箇所制覇!!後のワインが美味しかった!
普通はこのあと7月18日の傘紙掛けまで飛ぶんですが、途中緊急召集がかかりました。

参加者にとっては第5回 6月20日「皮むき」eのみ参加。
a0095931_22261041.jpg
 奥野田ワイナリー神田圃場。
a0095931_2230478.jpg
 たった2週間弱でこんなにフサフサ。でも…
a0095931_22322130.jpg
 葡萄の樹の皮が暑苦しそう。これを剥きます。
a0095931_22333160.jpg
 歯ブラシを剪定ばさみですぱっと切ったものやこんなものを経験者は持参。これだと樹を傷つけないですね。eは切った歯ブラシの柄を借りました。
a0095931_2235627.jpg
 皮をはぐとカイガラムシの一種が張り付いてます。真ん中の茶色の丸いのが虫です。動かない変な虫。木の養分を吸って枯らしてしまうらしい。皮を剥けばカイガラムシ退治になるそう。この日は参加者6名計10名で作業しましたが次の日の作業は18名ほどでカイガラムシがびっしりとついた長門原圃場をやっつけたそうです。
a0095931_2247406.jpg
 これが…
a0095931_22483599.jpg
 つるつるに。ぶどうの樹も気持ち良さそう。実は梅雨時期なので湿気があり、皮むきは冬のようにパリパリとはとれません。eはかなり腰にきました。でも作業に入ると皮を取ることのみに集中するのである意味すごいストレス解消です。おかげで帰りに寄ったサクランボ農園の樹の皮まで剥きたくなりました。皮を剥いてもいいのは葡萄の木だけ。桜は剥いたら枯れます!といわれました。はは。というわけで今週の土曜日、7月18日は第6回の「傘紙掛け」作業に行ってきます。
by nobimaru | 2015-07-13 23:06 | ぶどう畑 | Comments(0)

長野半白キュウリ

a0095931_11365379.jpg
 7月9日昼ごはん。長野産の半白キュウリの糠漬けのざく切り。緑と白のツートンカラーキュウリです。
a0095931_1216137.jpg
 その日の夕ご飯。同じものを真横に薄切り。
a0095931_1217435.jpg
 7月10日の夕ご飯には縦に超薄切り。同じものなのに切り方で歯触りが全然ちがって味も違うのが面白いです。夏の漬物はやっぱりキュウリですねえ。ところで梅雨、明けたんだろうか。セミもないてたような…。
by nobimaru | 2015-07-13 12:19 | 野菜 | Comments(0)

13人の宴会用につまみを作るのび丸。煮込みとタタキ。

a0095931_11235571.jpg
 雨の中、バラエティミート石黒まで行き「牛のタン・テール・ほほ肉」をどっさり仕入れて煮込んでいます。夜中の11時…。「かばん家のバタール」が合います。
a0095931_1126323.jpg
 宴会当日の昼休み、鰹を仕入れます。これはタタキに。美味しそうだなあ。報告者eは食べられません。仕事が終わった打ち上げ会なので。機山ワイン2013の赤白を提供。
a0095931_1128850.jpg
 のび丸が煮込みをちょっととカブの漬物を置いて行ったので、eは1人で新ジャガ小芋の塩ゆでと煮込み、カブの漬物で自分用機山の赤2013を飲みました。機山ワインの赤はブラッククイーン100%の独特の味わい。酸味がしっかりしているので何年も持ちますが、待ってられなかった。抜栓して数日は平気だしより美味しくなるので一人でも開けられます。一番合ったのはコカブの床漬け!さすが日本のワインです。ごちそうさま。
by nobimaru | 2015-07-11 11:45 | 宴会(3人以上の食事) | Comments(0)

カレーが食べたいと言ったら…。

a0095931_116794.jpg
 6月27日(土)の夕ご飯。もちろんビール。バナナピーマンという名前の薄緑色ピーマンの肉詰。このピーマン、基本生食用らしいのでピーマンの苦みとかが少なくちょっと物足りないピーマンの肉詰。
a0095931_11375852.jpg
 ネバネバ系三国連合。山芋・オクラ・納豆の和え物です。
a0095931_1139642.jpg
 報告者eがだーい好きなスーヨーキュウリの糠漬け。カレーに合わせるワインは…
a0095931_1140402.jpg
 これ!四恩醸造のクレマチス(橙)2013。後ろに「ごめんなさいほぼ無発泡」と顔文字付きで(!)記してあります。しかも2014と同時にリリース。一年間出すかどうか悩んでいたらしい。飲み始めに酢酸臭がある、とは酒屋さんの弁ですが、これが!なぜかとてもいい感じのコクを添えているようで、すごく美味しい!いつものクレマチスではないけど、偶然の名作じゃないかなあ。で、贅沢ですがカレーに合わせました。合います!
a0095931_11491622.jpg
 茄子と海老と浅利の海鮮カレー。カレーを作っても酒のつまみです〜。
a0095931_1150825.jpg
 ちゃんとサフランごはん。茹でた浅利の汁も入ってます。これだけで海鮮炊き込み味のごはんじゃね。
a0095931_11515665.jpg
 e的には好きではないやたら柔らかい加賀太キュウリの漬物が付け合わせでした。でもその他は全部美味しかった。ごちそうさま!
by nobimaru | 2015-07-09 11:54 | カレー | Comments(1)

的鯛をねぎるのび丸。真鯛と同じ値段はないだろう。

a0095931_20532425.jpg
 さかのぼってますが6月26日(金)の晩ご飯。ニラとベーコンの卵とじでビールです。なんとサッポロクラシックの超新しいのをセイユーでめっけ。
a0095931_22524797.jpg
 こ、これは!懐かしい!タイラギ(在りし日の有明海ではたくさん採れました。タイラ貝です)の紐!本体の貝柱は高級品ですがこれは九州のお父さんの晩酌のお供でした…。かぼすと柚子胡椒で食べてましたね。今や無い。
a0095931_22554988.jpg
 宮城県産のタイラ貝の本体の刺身。また一個買ってきたな。すごく珍しいですが、日本産ではなくオーストリアのグリューナー・フェルトリーナーをあわせました。とっても合います。懐かしい。昔は欧州産ワインを必死で和食に合わせてましたねえ。グリューナー・フェルトリーナーはけっこう和食に合います。涼やかなワイン。
a0095931_2321729.jpg
 福岡産的鯛。マトウ鯛とも。福岡産の真鯛と同じ値段をつけられていたのでのび丸「そりゃあないだろう」とまけさせました。つくり〆というやり方。さくではなく刺身に作ってから昆布締にします。夕方買ってきてその日の夕食に出す為の早く締まる方法。ちゃんと身の表面がうっすら琥珀色になってました。フレッシュオリーブオイルをテーブルでたっぷりかけます。下にあるみどりのものはオリーブではなくキュウリの糠漬け。あは。でも良く合います。
a0095931_23135570.jpg
 ワインのお供に鶏のささみのクリームしゃぶしゃぶ。
a0095931_23152148.jpg
 ディルがたっぷり。もう定番ですね。
a0095931_23162333.jpg
 残ったクリームソースでパスタで〆。ごちそうさま。一尾買った的鯛はこのあと一日昆布締や肝の煮こごりでちょっとずつ楽しみました。
by nobimaru | 2015-07-08 10:00 | 晩ご飯 | Comments(1)

蛤をねぎるのび丸、なんでもビールのつまみ。昼ご飯なのに…。

a0095931_925969.jpg
 6月26日の昼ご飯。
a0095931_934075.jpg
 焼そば!昼はだいたい焼そばか蕎麦かチャーハンかパスタ。たまにごはん炊きますが。麺さえあれば材料はほとんど残り物の消費。のび丸捨てませんから。
a0095931_95837.jpg
 いつの間にか漬けているぬか漬け。キュウリと水茄子です。
a0095931_955369.jpg
 温泉卵にのび丸製蛤の佃煮と三つ葉に出汁。この蛤(千葉産)も何日か前にいつもの魚屋さんで値切って買ってきて佃煮にしてました。悩みの種は、時々のアルコール無しの夕飯が本日のようなお昼ごはんに似て来るのと、アルコール無しなのに、酒のつまみになるようなのばっかりが食卓に並ぶこと。アルコール無しの献立がものすごく苦手らしい。この写真の順番が逆になるとビールのつまみですな。あ〜〜ビール飲みたい。
by nobimaru | 2015-07-06 09:13 | 昼ご飯 | Comments(0)

アオナをねぎるのび丸。

a0095931_1844836.jpg
 魚屋さんでアオナを買った28日(日)の夕ご飯。まずはベビーコーンのヒゲ付揚げ物でビール。勝沼ぶどう郷駅の近くのイタリアン「パパソロッテ」で蒸しベビーコーンがヒゲも食べられるようにいっしょにでてきたので今日は試しに揚げてみたのび丸。なんかゴミのようなものがくっついてる感じ。しゃりっとして美味しいけどやっぱりヒゲの味。
a0095931_1847449.jpg
 ワインは三養醸造の甲州2014。初めてのワイナリー。塩山の一番北にあるそうです。きりっとさっぱり。手前から水茄子の糠漬け、右奥前日の芋なしカレーをジャガイモと丸ごとトマトと。左は前日カレーに合わせて炊いたサフランごはんのドリア。
a0095931_1851257.jpg
 そして真ん中が福岡産アオナの唐揚げ。魚屋さんとの会話「これ金曜日からあったよね?」「はい」「きのう(土曜日)もあったよね(売れずに)」「…はい」「今日、この値段?」「う〜〜む。よしっ負けましょう!」、でアオナ一尾初めは3500円だったのを2500円に負けさせたのでした。実は2000円を目指してたのび丸。無念。まあアラ系はわりと日持ちするらしい。そして唐揚げもおいしい!でも次の日、一日昆布で〆たのはもっと美味しかった!さばいたアオナは塩をして約5分おき玉水(酒と水)で洗い、粉をして揚げます。ちなみに粉はデュラムセモリナ。カリッと揚がります。
a0095931_1859534.jpg
 これはもう強肴。的鯛のキモの煮こごりを山芋薄切に乗せて。的鯛、いつ食べたっけ…。26日か。冷蔵庫になんだかわからない美味しいかどうかも(報告者eが見ても)わからないものがビニール袋に保存されて色々並んでます。
by nobimaru | 2015-07-02 19:31 | 晩ご飯 | Comments(0)


夫が作る日々のご飯。


by nobimaru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル