<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

とりともの「鯛す」が届きました。

a0095931_13553793.jpg
 暮れに京都に行った時、日本海が荒れて小鯛がなかったので年が明けてからというお約束で送ってもらった「鯛す」。ワインオープナーをフタに突き刺してます。
a0095931_13585446.jpg
 パコっと開けました。
a0095931_13594988.jpg
 これでもかと入ってます。一枚は小鯛の半身。食べやすいようにそれを半分に切ります。
a0095931_141142.jpg
 樽についてきた説明書。京都やねえ。ちらっと見えているワサビは去年の11月21日、東京農工大学園祭で買った多摩のわさび。静岡産と味が違います。
a0095931_1434325.jpg
 わーい、飲むぞ〜!「鯛す」に合わせるのは奥野田フリザンテ2012。
a0095931_1465073.jpg
 「鯛す」に添えるのは自家製のカブの漬物・静岡のわさび漬け・寒締ほうれん草のごま和え。
a0095931_1485371.jpg
 鯛すにカブとワサビをのせて頂きます。デラウェアなのにしっかり辛口のフリザンテに合う…。
a0095931_14101593.jpg
 フリザンテは無濾過なので最後の方(右のグラス)は酵母で濁っています。身体に良さそう?かくして一本目はあっという間になくなりました。
a0095931_14104411.jpg
 ものすごく美味しい芽キャベツと鶏ささみのクリームしゃぶしゃぶ。報告者e絶賛。ちなみに…
a0095931_14155149.jpg
 これは12月12日の鶏ささみのクリームしゃぶしゃぶ。野菜はアサツキ。このときもe絶賛。温かい生クリームに包まれたささみが超柔らかい!毎日食べたい一皿だけど、のび丸は同じものをあんまり作らないのでe不満だ。この時絶賛したので短い間に同じようなものを作ってくれたらしい。簡単なので次回レシピをあげます。
a0095931_14204196.jpg
 はっはっは。やっぱり一本では足りなかった。2本目(黒い蝶のラベル・しゃれてますね)は去年の12月にリリースしたばっかりの奥野田フリザンテ2013!つまり図らずも垂直試飲が出来ました。
a0095931_14231878.jpg
 ラストは前日一緒に焼いておいたサバのパエリア!これもフリザンテのつまみです。ごちそうさま!
by nobimaru | 2015-01-30 14:24 | 今日の一品 | Comments(2)

サバの塩焼きで白いごはん。お酒が無くても満足です。

a0095931_10443617.jpg
 もう少しお酒は飲まないでおきたい日。塩をしていたサバを炭火でふっくら。
a0095931_10451271.jpg
 炊きたてのご飯以外欲しいものは無い、っていうくらい美味しそうなサバ〜〜!
a0095931_10454867.jpg
 焼津のわさび漬けとなんだっけ。
a0095931_10471957.jpg
 漬物、かな。
a0095931_10475597.jpg
 汁は何かのしんじょ。確か海老のしんじょです。調理中にはあった海老が無かったので。しんじょを箸で割ったらピンク色でした!
a0095931_10483175.jpg
 サバとほかほかの白ご飯。体調回復します!
by nobimaru | 2015-01-29 10:49 | 晩ご飯 | Comments(2)

野菜スープに餅を入れて…。

a0095931_1745920.jpg
 報告者eはお誕生日の翌日から体調を崩し2日間ほとんど食べれませんでした。3日後の昼、のび丸が作ってくれた野菜スープに頂き物のお餅の三分の一くらいを入れてやっと食べ…夜も同じもの。
a0095931_178625.jpg
 次の日も朝昼晩同じようなお腹に優しいスープとお餅。年末年始の暴飲暴食が原因かと思いきや、たぶんお腹に来る風邪じゃないかと。のび丸もやや調子悪かったようですが、eよりは軽くすんだようです。しみじみ誕生日にかからなくてよかった〜〜。でも行きたかったどじょう屋はパス。残念〜〜。
by nobimaru | 2015-01-26 17:12 | 晩ご飯 | Comments(3)

奥野田ヴィンテージブリュット2002年。はずさない誕生日。

a0095931_10471123.jpg
 報告者eの誕生日の夕餉です。2014年年末にリリースされた奥野田ビンテージブリュット2002年を開けました。12年もどこで眠っていたのでしょう。まずは前菜2品。熱々のポテトフライに橙と塩を添えて。
a0095931_1050195.jpg
 そろそろ出てきた芽キャベツは橙とトリュフオイル和え。
a0095931_10542283.jpg
魚料理は温かい牡蠣と長ネギの中華風。
a0095931_10543756.jpg
 なんだっけ?赤いのは金時ニンジン。たぶん肉料理です。
a0095931_10564993.jpg
 ご飯。ご飯?
a0095931_10571748.jpg
 チーズたっぷりのリゾットです。
a0095931_10592789.jpg
 食事が終わるまでの1時間20分、泡が途切れなかったヴィンテージブリュット。葡萄は甲州100%。追加で買おうとしたら完売でした…。
a0095931_1111512.jpg
 ケーキで〆。なぜホールじゃないかというと、別々の店で一個ずつ買ったから。つまり食べ比べたかった私たちでした。気がつくとワインとケーキ以外は割にいつものメニュー。のび丸にそういうと、でもはずさなかったでしょ?と。いつもは好き勝手に作るけど、今日だけはeの好みをはずせなかったと。けっこう緊張してたんだなあ。のび丸の料理はいつも美味しいけど、eの大好物(芋とか芽キャベツ)をいつも作ってくれる訳ではないですね。大満足です。ごちそうさま!お疲れさま。
by nobimaru | 2015-01-24 11:07 | 日本のワイン | Comments(3)

瓢亭卵、修行中。

a0095931_2271164.jpg
 部屋の片付けをしていて本を発見することよくありますよね。今回発見したのは薄い文庫本、辻留本。おかたづけの途中で読みふけるのび丸。それでまた卵修行が始まりました。瓢亭卵、剥き始め。
a0095931_2284824.jpg
 つるつるっと。
a0095931_2291012.jpg
 ははは。
a0095931_2293368.jpg
 昼ごはんです。
a0095931_22112434.jpg
 メニューは瓢亭卵再修行中、大根の糠漬のわさび漬け和え、そして…
a0095931_22121230.jpg
 ちょっと珍しい塩鮭。しょっぱいですが、旨味はぎゅっとつまっています。
a0095931_22122122.jpg
 話に聞いてはいたけれど、初めて見た村上の塩引きシャケ!この切り身を正月に焼津魚センターでゲット!
a0095931_22162923.jpg
 炊きたてご飯とみそ汁です。
a0095931_2217950.jpg
 塩引きシャケを水(酒?)で戻して焼いてご飯のお供に。お供になりすぎてちょびっとでご飯がはいるはいる。は〜食べ過ぎた昼ご飯でした。
by nobimaru | 2015-01-21 22:24 | 温泉卵 | Comments(3)

正しい瓢亭卵には一歩とどかない?それでもよくもまあ切れたもんだ。

a0095931_23501490.jpg
 たいへん美しく剥けていますよね。秘密は生まれて3日目の卵で、という強い規制があります。これでないとうまく剥けない。え〜〜なんで?
a0095931_23512953.jpg
 剥いた卵を手のひらに載せて包丁でふっと切ったそうです。パチパチパチ!そして醤油を1滴ずつ…。食べるのはぱくっと一口、瞬間の幸せであります〜。でも瓢亭卵、にしてはちょい固?らしい。というわけで、ここからはのび丸が書き込みました。



 瓢亭卵とは、まあ、ゆで卵ですな。黄身はふんわりとろとろ白身はふっくらふわふわ、を目指します。卵は生まれて3日目が理想。冷蔵しない。

 ・冬場ならぬるま湯につけて温度をあげておく。

 ・鍋を二つ用意し、片方に卵を並べ、もう片方にその卵がかぶるくらいの水を入れて加熱します。

 ・卵無しの鍋の水が沸騰したら卵の鍋にお湯を移して火を付ける。すぐ再沸騰する程度の火加減です。

 ・お湯を移してから最初の2分程は卵を転がして黄身を真ん中にもってきます。

 ・5分30秒たったら取り出し即座に冷水に取る。夏場は氷を使いましょう。

  #このあたりでグズグズしていると写真のようにちと固めになってしまいます。
  #予熱の影響もあるかもしれません。

 ・卵が冷えたらスプーンの裏などで叩いて細かく亀裂を入れます。

 ・もう一度水につけて卵の丸い方からゆっくり剥いていきます。うまくいくとリンゴの皮むきのように全体がつながって剥けます。

 ・両端をちょんちょんと切って手のひらに横にしてのせ、真ん中をすっと切って上手に扱うと黄身がこぼれません。

 ・薄口醤油を一滴たらしてしばらく置き、黄身がしまったら供します。

 新しい卵なのに、殻がうまく剥ける理由は不明です。茹でてすぐ冷却するからだと物の本(辻留「料理のコツ」)に書いてありますが、冷水で冷やさなくてもきちんと剥けます。宇宙は不思議でいっぱいですね。

たまごってこんなに深いとはおもってなかった 報告者eでした。
by nobimaru | 2015-01-20 00:32 | 今日の一品 | Comments(2)

甥の結婚式の料理

a0095931_10162642.jpg
 1月10日(土)有楽町のホテルで甥が結婚式をあげました。一族郎党食いしん坊。ワインなんかなんでもいいやん、との意見には叔父(のび丸ではありません)がそりゃフレンチやろ、と言ってしまって言った手前叔父がワイン代を支払うはめになったとか。おかげでシャンパンから赤までワインも美味しかったですね。もっともサービスするときはワインボトルにはホテルの名前が書いてあるだけでなんだかはわかりません。自分の舌を信じるしかない。件の叔父はやけくそかもしれないけどがんがん飲んでました。さて、前菜です。手元にあるメニュによれば、「黄柚子の香るホタテ貝とスモークサーモンのタルタル・グリーンペッパーとハーブオイルのアクセント(Scallop and smoked salmon tartar with yellow Yuzu scent /Green pepper and herb oil accent) 」
手前にあるソースのとろみが気になって問うのびまるでしたが、帰る頃になってやっと事実が判明。 フレンチですが寒天を使っているそうです。納得。
a0095931_1055674.jpg
 「ポルチーニ茸のクリームスープ カプチーノ仕立て(Porcini mushroom cream soup "Cappuccino style")」 スプーンを突っ込んでしまってから写真を撮ったのでちょっと崩れています。ポルチーニの香りがこってりしてものすごく美味しかった。
a0095931_1058687.jpg
 「真鯛のポワレと季節やさいのエチュベ/浅利エキスたっぷりな”アクアパッツァ風”ソース(Pan-fried sea bream and etuve of seasonal vegetables Clam "Acqua pazza" sauce)」エチュベとは姪に訊くと「オーブンの中で乾燥させる」とのこと。なるほど焼野菜ぽかった。
a0095931_1193931.jpg
 「イチゴのシャーベット(Strawberry sorbet)」美味しい…。ブルーベリーもぷりぷり。
a0095931_1111357.jpg
 みんな熱々で合間に出るパンも温かくて美味しい。我らのテーブルが入り口に近いのもその理由の一つかも。のび丸亭には原則のび丸が作る料理を載せる方針ですが、姪の結婚式の料理もあげたので公平を期してあげてます。備忘録にもなるしとても美味しかったので。
a0095931_11131592.jpg
 「フランス産小鴨胸肉のロティとフォアグラ大根・トリュフソース/シェフがセレクトしたお野菜で美味しさと彩りを添えて(Roasted French duck breast and poele of foie gras on braised Daikon,truffle sauce/Served with Chef's vegetable selection)」ふー綴り間違ってないかな。所々フレンチのアクサン記号やなんかが付いてません…。こうしているうちに余興などが行われつつ。このあとのび丸が招待客108人を巻き込んで歌いました。おおうけ。みんな乗りが良かったね〜。
a0095931_11205777.jpg
 デザート。手前の白いケーキは最初に新郎新婦が切ったシンプルなケーキのお裾分けですね。それにホテルのオリジナルマンゴープリン(Gateaux de Mariage 2015.1.10 /The Peninsula Tokyo original mango pudding)。加えてプティフールとコーヒーか紅茶。プティフール、たくさん残ってたのでもらってくれば良かったと後悔する報告者eでした。料理の評価は、これなら個人的に食べに行きたい。大満足です。ともかくもおめでとう!新郎新婦とは来週浅草で落語を見て泥鰌とナマズを食べる予定です。各部所(!)から痩せろ命令が出ている甥をこれ以上食べに連れて行くとは…。皆さまお疲れさまでした。
by nobimaru | 2015-01-13 11:03 | 結婚式 | Comments(2)

あるものでのび丸が瞬間焼き菓子キッシュ風

a0095931_1363598.jpg
 前日甥の結婚式に出ました。のび丸が一芸を披露。ちょっと遅く起きた今朝、ランチ代わりにちゃちゃっと作ったお菓子です。
a0095931_1371483.jpg
 ナッツがたっぷり入ったドイツパンのスライスをバターで焼いたものが下敷き。湯布院のゆずを使って手作りしてあるゆず茶(ゆず丸ごとをスライスして砂糖と煮たもの)を頂いたのでその一部、ごま、卵、を魚焼きグリルで焼いてすり鉢ですったシナモン粉砂糖を振りかけて出来上がり。ゆずの良い香りとナッツやごまの香ばしさ!熱々をコーヒーでいただきました(レシピはのび丸がコメント欄に書いています)。
by nobimaru | 2015-01-11 13:11 | 手作りデザート | Comments(3)

御馳走疲れの年明けです。七草がゆでお腹を調整。

a0095931_11293542.jpg
 あけましておめでとうございます。はて、これは…つまみですよね。酒の…。しかし…
a0095931_11302175.jpg
 用意されているのは、おかゆ…。
a0095931_11304944.jpg
 七草がゆです!七草+たっぷりの百合根とエリンギと田芹。10草粥ですね。1月5日に静岡のお正月から東京にもどりました。その後7日までお酒抜きです。うう…。北海道のシャケ、イクラ、福岡の明太子、静岡のワサビ漬けをのせた蒲鉾、温泉卵で七草がゆをいただきました。
a0095931_11331716.jpg
 今週末まで禁酒(一部除く)です。それなのに酒のつまみみたいなものしか作れないのび丸。困ったもんです。今年もよろしくお願いいたします。
by nobimaru | 2015-01-07 11:36 | 季節のもの | Comments(1)


夫が作る日々のご飯。


by nobimaru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル