<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

リヨンでブレス鶏の蒸し焼きその3

a0095931_11335063.jpg
ブレス鶏のレバーとジャガイモ、インゲンの前菜。仏蘭西の野菜のしたたかなことは前回のパリで経験済み。いもはいくら茹でても角がとれないし、インゲンもしっかり歯ごたえが残ります。だからこそ、フレンチでは茹ですぎくらい茹でた野菜がおいしい。
a0095931_11371334.jpg
リヨンでの最後の晩餐の始まりは仏蘭西の缶ビール。福岡でW家での宴会も用意された冷えたビールで乾杯しますが、リヨンでもおんなじであります。左の皿は根セロリのスライス。材料の写真では拳のような白い野菜。これ普通のセロリより食べやすくて口直しにいいですね〜。とにかくかんぱーい!!
a0095931_11422239.jpg
ビールが終わったら勿論ワイン。一本目はボキューズ市場で買ってあった白ワイン、マルサンヌ2007です。マルサンヌは白ブドウの品種。この一品種で作られたリヨンの近くのワインです。日本ではほとんど見かけないサン・ペレという、白ワインと白泡ワインを産する土地の泡はないかと尋ねたら、店のおねーさんが泡は残念ながら扱っていないがこれはどうだと出してくれました。サン・ペレはマルサンヌとルーサンヌが使われるワインですが、確かにマルサンヌだけのワインは超珍しい!前菜にぴったりでした。10ユーロ。
a0095931_11521184.jpg
しかしこの日のワインの白眉はドメーヌ直送(!)のアルザス白!W家がアルザスの蔵元フランソワ・ボー家で買ってきた一本です。2007ピノ・ブラン辛口。実は値段がなんと7ユーロ弱だったのでディナーの一本目の予定だったのですが、アルコール度数がマルサンヌより高い。急遽マルサンヌと入れ替えて大正解。ブレス鶏にも断然負けませんでした。一週間前、レストラン・ポール・ボキューズで、結局エルミタージュの白とコート・ロティを飲みましたが、もし料理を知っていたら絶対アルザスを飲んでいたはず。赤もアルザスのピノ・ノワールでぴったりだったと思います。本当に美味しかったなあ。
a0095931_1272882.jpg
宴もたけなわで、赤!とのび丸が叫んだので、やはりボキューズ市場の同じワイン屋さんで同じおねーさんに相談しながら買ったモルゴン2005を飲むことに。16ユーロ。現地で飲むモルゴンは旨いし安い。特にリヨンはボジョレー地区に隣接しているため、ボジョレー観光の日帰りツアーがあるくらい。そのなかでもモルゴンは特に優良な熟成可能のワインを産する場所。
a0095931_12144079.jpg
そのモルゴン地域を横に三つに分けた中央部の生産者のモルゴンが欲しいとおねーさんに相談。地域は判然としなかったのですが、市場の下にワイン蔵があるらしく、そこからわざわざ持ってきてくれた一本です。普通のモルゴンより2ユーロ強高め。味はおいしかったはずですが、もう酔っぱらっていたのでおぼえてません〜・・・・
by nobimaru | 2010-10-24 11:39 | 海外で料理! | Comments(0)

リヨンでブレス鶏の蒸し焼 その2

a0095931_13212648.jpg
リヨンに一週間滞在、最後の日です。翌日パリの空港から帰国の予定。乾杯せねば!リヨンのボキューズ市場で買ってきた材料。
a0095931_13242680.jpg
やっぱりメインはブレス鶏でしょう。リヨン郊外が世界的に有名なこの鶏の産地。日本で名前だけは聞いて知ってたけど、現地で調理できるのはうれしい。(食べたこともあるかも)
a0095931_1327267.jpg
ちなみにボキューズ市場に並んでたブレス鶏。これは数日前に撮った写真です。1kg約16ユーロ。今円高なので安いですね。なぜか首から上は羽を残し、生きてる時のままの姿です。ジビエ感覚。
a0095931_13351469.jpg
実はこの日、リヨンからワインの蔵がたくさんあるボーヌに行って、ロマネ・コンティの畑まで行って来たのでリヨン駅に帰り着いたのがもう18時半をすぎていました。幸いなことにボキューズ市場は駅から歩いて行ける距離。閉店間際に滑り込んだので、ケースはもうがらがら。クローズしかけている店もあり、のび丸は走って回って食材集め。ブレス鶏を買えたのはラッキーでした。
a0095931_13413829.jpg
ホテル・シタディエンヌの台所です。パリのレ・アールのシタディエンヌに泊まって以来台所付のホテルにはまりました。なにしろ、地元の市場で買い物できるのが、ストレスがなくて超幸せなんですもん。初めて台所付の部屋に泊まって料理したのは、バンクーバーだったなあ・・・(偶然部屋を代わってもらえたので)
a0095931_1345227.jpg
さて、下ごしらえをしたブレス鶏をホテルに備え付けの鍋に、(何となく無理矢理って感じですが)押し込んで、水を半分くらいいれ、ポロネギや根セロリと蒸します。煮ると言うには水が少ないですね。本当は全部オーブンで調理したかったのでしょうけど、何しろ時間が無い・・・
a0095931_13483126.jpg
 アルミホイルでフタをして・・・そういえば部屋についてる鍋と、いっしょにおいてあったフタがぜんぜんあわなかったですなあ。
a0095931_13494845.jpg
その後オーブンで焼き色をつけます。回ってます、ブレス鶏・・・美味しくなってね。・・・以下次号(すみません)。
by nobimaru | 2010-10-16 13:30 | 海外で料理! | Comments(0)

リヨンでブレス鶏の蒸し焼き その1

a0095931_0505240.jpg
 仏蘭西に行って市場でブレス鶏を一羽買い、丸ごと蒸し焼きにして食べました。ある意味のび丸にとっても、夢のひとつを実現しちゃった!って感じでしょうか。仏蘭西時間で9月30日(木)の夕食です。場所はリヨンの台所付ホテル。現地で買ったワインを4人で3本空けました・・・。
a0095931_22432024.jpg
 旅の最初の日、なんとポール・ボキューズでブレス鶏の膀胱包み焼きを食べたのび丸。切り分け方を見てきたので、その通りにします。マダ〜ム、お好みは胸肉?もも肉?
a0095931_2246750.jpg
 切り分けて、ソースをかけていただきます!あとでのび丸にソースの説明をしてもらわなきゃ・・・(コメントに書いてます)
by nobimaru | 2010-10-09 00:58 | 海外で料理! | Comments(1)


夫が作る日々のご飯。


by nobimaru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル