<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

冷や汁 料理しない嫁の料理

a0095931_20275625.jpg
  まだ残暑が厳しいので出番がありそうです。報告者eの数少ない料理のひとつをのび丸の実家でご披露しました。超かんたん。宮崎の冷や汁は焼き魚の身も使い豪華ですが、福岡のeの実家では夏の簡単さっぱり昼ご飯の定番でした。すりばちでたっぷりのいりごまをすり、ミソを多めに使った濃い具無しみそ汁を熱いうちに加えます。薄く輪切りにスライスしたキュウリと大葉のみじん切りと氷をぶちこみ、炊きたての(保存ごはんであればあたためて)ご飯にかけていただきます。写真の冷や汁は姪が一生懸命ごまを擂ってくれたのでなめらかですが、普通はごますりはもっと雑でかまいません。食欲が無いときもキュウリの食感と大葉とゴマとミソの香りでさわやか。さらさらと食べられて、本当に助かります。実は本日もこれをつくって食べたちょと夏バテ気味のeでした〜。
by nobimaru | 2010-08-30 20:42 | 季節のもの | Comments(0)

憧れの三色そーめん


a0095931_1483618.jpg
 子供の時そうめんとか冷や麦に数本色つきが入ってましたよね。色つき麺たっぷりで食べたいなあと、誰もが思ったはず。のび丸も例外ではなかったようで、緑とピンクと白のそうめんを買ってきて、実現です。昔より色がソフトですね。冷やしたつゆと冬瓜をのせ、ネギをちらして。食欲がいまいちの夏。猛暑が続く8月21日の朝ご飯でした。のび丸のコメントです「冬瓜は前の日に出汁で煮て、つけたまま一晩冷やしたものです。この出し汁に薄口を加えてそうめんつゆに調整します」。
by nobimaru | 2010-08-29 14:15 | 朝ご飯 | Comments(1)

この芝エビ 太ってるなあ oishii


a0095931_238060.jpg
 芝エビごろごろのオムレツです。
その名は「オムレツ、ソース芝エビアメリケーヌ」8月2日の夕食のひと皿。
作り方。
・芝エビ、剥いて身と身以外(皮、頭、内臓、ミソ)に分ける。
A)ソース
・(もらいものの)ナポレオンを1/2カップ(100cc位)を鍋でフランベ。それに身以外をほおりこみ、中火で煎るような感じで加熱しながらつぶしていく。
・水分が無くなりかけたら野菜ジュースを300cc入れる。さらにつぶしながら弱火で少し煮詰める。煮詰まったら火を止めて漉す。塩で味付けし、少しねかす。
B)オムレツ
・芝エビの身は、別の鍋に水50~100cc用意、塩をかるくひとつまみ加えたものに入れて(エビの身の半分は水から出ている感じ)フタをして強火。沸騰したら一呼吸置いて火を止め蒸らす。
・フタをあけて芝エビの身を取り出し、その鍋に日本酒(普通は白ワイン)30ccと水50ccを入れて再度沸騰させ、鍋にこびりついたエビの味を溶かしてとる。その後火を止めて漉す。(この段階で芝エビエキスは50cc位になっている。)
・玉子2個を溶き、漉した汁の30cc位を加え芝エビを入れて塩味を確認して、ソースの最後の味付けの見当をつける。
・生クリームを少々(たらっと)足す。
C)仕上げ
・供する直前に鍋にバターを溶かしてB)でオムレツを作る。
・温めた皿にオムレツをよそい、A)のソースを暖めてかける。先にソースを皿にしいても良い。

とろとろの芝エビぷりぷりごろごろオムレツ。イタリアの微発泡赤ワインがジャストミート。
・・・あの〜のび丸から聞き書きのメモ通りに書いたんですが、疑問がひとつ。芝エビエキス20ccはどこにつかわれたのでしょう。おしえてのび丸(T_T)。のび丸のコメントです。「芝エビエキスは実は全部卵汁に入れちゃってます。50ccより多かったと思う。だからオムレツがちょっとゆるめになりました。卵2個なら生クリームと合わせて50cc以内にしましょう。」ゆるくてもおいしかったです!
by nobimaru | 2010-08-26 23:17 | エビ | Comments(1)

生体反応超ありの、イカ で宴会


a0095931_22123814.jpg

a0095931_22194189.jpg福岡のボンラパスで定期的に唐津の活きイカ販売があるんですが、運良くのび丸がいたら、福岡いかセンター状態の宴会のはじまり〜。もっとも宴会はほんとに突然なので参加者を募るのがたいへんであります。今回いつもの友人宅にイカもって押しかけることに。(福岡いかセンターは「新宿いかセンター(4F禁煙)」のもじり。福岡にはイカセンターはありません。たぶん)
a0095931_22214751.jpg 泳いでます!けっこう元気。どれがいいかなあとつつきながら選ぶのび丸はイカにとっては悪魔だなあ。実はのび丸が福岡に居ないときはこの活きイカ販売を横目で見ながら寂しく通り過ぎる報告者eであります・・・。かわいそうよね・・・。ちなみに福岡ではヤリイカが普通。つんつん動いてますよ。
a0095931_2227543.jpg 見て〜〜!透き通ってるでしょ〜〜!!友人宅の勝手知ったる台所。イカの赤い点が元気に点滅してる。解体されてもけなげなイカだ・・・(参考までにお値段。今回一番大きいヤリイカだったので2000円。一ぱいで4人分しっかりありました。2人だと小ぶりの1500円で十分すぎるほど。福岡でのイカの値段にしては高いけど、ごちそうの材料と思うと満足できるかな。)
a0095931_2229234.jpg 超高速で刺身にするのび丸。ていうか、ボンラパスで買って、イカスミだけ魚屋さんでとってもらい、すぐタクシーに飛び乗り友人宅へかけつけ、台所にとびこみ、ビールの用意をして(してもらって)さばくんであります。
a0095931_22325189.jpgでっきあがり〜!!で、最初の写真にもどって凍るほど冷えた掟破りのビールでかんぱい!!さあ食うぞ!!イカの他に大川のかまぼこと静岡のわさび漬けで板わさ、リヨン風フライドポテト、行者にんにく醤油づけの鶏の照り焼きなどなど。8月21日(土)の早めの晩餐です。
a0095931_2237454.jpgおきまりの残った部分(ほとんどないけど)の揚げ物。活きイカじゃない時はイカスミを使った炒め物が定番ですが、イカスミが移動中に破れてしまうので、買った時に取り除いてもらっちゃったので、無し。それはそれで惜しい気分。でも福岡イカセンター大成功。ごちそうさま! 
by nobimaru | 2010-08-23 22:14 | イカ | Comments(0)

海の家バーベキューの準備  マイハニーレモンラム


a0095931_23372535.jpg 8月1日(日)志賀島の海の家でバーベキューをしました。恒例のラム。めずらしく下準備を写真に撮ったので御報告。
a0095931_23401383.jpg ラム肉のかたまりを二つ用意。前々日に天神の岩田屋で購入し一晩かけて解凍しました。好みですが、余分な脂をカットします。前日7月31日(土)の朝9:00頃。
a0095931_23434878.jpg しっかり塩して、冷蔵庫で2時間ほど寝かせます。
a0095931_23463210.jpg 肉をマリネする材料の野菜を切ります。野菜の種類はのちほど。ええと、野菜は玉ねぎのスライスです。一個スライスして、半分づつ2つのボールに入れます。それとレモン2個をこれも適当にスライス。一つのボールに一個ずつ。
a0095931_23475839.jpg ハーブもほおりこんで、たっぷりの蜂蜜を加えます。ハーブものちほどのび丸にきいて追加します。ハーブはセージ・ローズマリー・タイムにディル。スカボロウフェアのパセリがなくてディルですね。
a0095931_23595067.jpg アプリコットブランデーを加えます。
a0095931_084930.jpgよく混ぜます。レモンは高知産。レモンとはちみつは是非ものです。マイハニーレモンラムなので。マイハニーバレンタインのおやじギャグらしい。
a0095931_0101721.jpg 塩をして冷蔵庫で寝かせていたラムを酒で洗います。ふつう白ワインですが、なかったので、日本酒で。日本酒を倍くらいにうすめてから洗っても大丈夫。のび丸はめんどくさいのでうすめずに使ってます。
a0095931_0142934.jpg
洗いました〜〜。こらっ大七じゃないかあっ。もったいない〜〜〜〜。
a0095931_016765.jpg 肉をさらしに包みます。ふつうはガーゼですが、さらししかなかったので。のび丸は料理用にさらしの反物を常備。料理というか切って布巾として使いますね。
a0095931_0181961.jpg包みました。包むのはハーブや野菜を肉に付けたくないからだそうです。でも香りや味はしっかりしみこみます。
a0095931_0204966.jpg さきほどのマリネのボールを用意。ラム肉は2ブロックなので包みも二つ、ボールも二つ。
a0095931_0213478.jpg 包んだ布ごとポールに入れ、マリネ液をしっかりまぶします。
a0095931_0232073.jpg マリネ液ごとビニール袋にほおりこみます。
a0095931_0293471.jpgラムブロックを二つとも同様にして袋に入れ、冷蔵庫で一晩ねかせます。あーたいへんだった(写真撮るのが)。ふつうは報告者eはこの作業の時は寝てますな。翌日、一番上の写真のように備長炭でじっくり焼きます。ある程度焼けたら、ひと骨(っていうのか?)ずつにカットして、ふたたび好みに焼いて食べます。
by nobimaru | 2010-08-03 23:44 | 宴会(3人以上の食事) | Comments(0)


夫が作る日々のご飯。


by nobimaru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル