カテゴリ:秘密( 1 )

報告者eが料理をすると


a0095931_21391195.jpg報告者eの元へ美味しい筍と蕗の到来物がどっさり来ました。ほっこりと下茹で済み。不幸なことに、のび丸がいない。友人といっしょに、飲みながら筍の料理を食おうと言うことになり、eが調理せざるを得なくなりました。そこで、のび丸に電話で質問。友人は筍と鶏の煮物が大好き。どうしたらいいのじゃ。秘訣を教えてくれました。のび丸はなぜか教えるのがとっても上手。ありがとう!その通り作ってみると感動的に美味しくできました。eは思いました。『のび丸の秘密を知ったわ・・・』さて『鶏と筍と蕗の煮物』の作り方。事前に「幽庵地」を作る。「幽庵地」とは「酒1みりん1醤油1」の割合で合わせた調味料。鶏もも肉は塩をして15分くらい置き、純米酒で洗う。適当に切った筍と蕗を少なめの昆布だしで煮る。鶏もも肉はフライパンで焼き色をつけ上の鍋に加える。幽庵地を適当に入れて、煮る。味を見ながら薄ければ幽庵地を追加する。うすめに味をととのえ、煮上がったら冷ます。時間がないときは急速冷却法(大きい鍋に水をいれそれに煮物の鍋をつける。水を流すかとりかえながら冷ます)。冷めると味がしみて濃くなります。大成功!コツは、「幽庵地」だったのです。酒洗いも、かなり使える。あと残った筍を小さく切り、油揚げ(南関のお揚げ)といっしょにこっちもちょっと残った幽庵地で軽く煮て、3㎝角の昆布をいれた炊飯器の米にのせて炊くと、おいしい筍ごはんになりました。水は普通の量。は〜サバイバルだけど上等な筍懐石を作っちゃったです。友人が持ってきたあじの刺身とともに。eと友人大満足。いばってしまいますね。
a0095931_2213115.jpg木の芽和えです。京都の甘い白味噌があれば、木の芽とみりんと白味噌をすればできあがり。あ、この日一番大変だったのは木の芽を見つけることでした。5軒目にやっと一袋みつけました。野生度100%の木の芽。とげだらけの枝もついて100円。煮物にも木の芽和えにもたっぷり使いました。飲み物はビールとイタリアのラクリマの赤ワイン。ともに料理に良く合って美味でした。ごちそうさま!
by nobimaru | 2007-04-20 22:21 | 秘密 | Comments(0)


夫が作る日々のご飯。


by nobimaru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル