カテゴリ:今日の一品( 31 )

これぞ完成形!モンサンミッシェルオムレツ・うどん…?!

a0095931_1245169.jpg
 1ヶ月の間数回作ったモンサンミッシェルオムレツののび丸完成形はこれでした〜!!全卵をバーミックスでしっかり泡立てて焼いたフワフワのモンサンミッシェルオムレツが地海苔・素干し桜えびとともにうどんにのっかっています。お笑いください、いえ笑いましたが美味しい…。丸く焼いたオムレツを半分に折り畳む代わりに二つに切って1人半分。卵にしたら1人1個です。
a0095931_1210435.jpg
 食べ進むと、うどんの出汁がじゅわ〜としみ込んできて出汁味になるモンサンミッシェルオムレツ(しつこいですね)!むむ?何かに似ている。これは、まさしく、ふわふわの、はんぺん!卵味。…なんという落ちでしょう。申し訳ないですが、もう一度、美味しいです。え〜と「半月うどん」と命名したそうです。たしかにトマトソースより好きかも。
by nobimaru | 2015-02-27 12:31 | 今日の一品 | Comments(2)

モンサンミッシェルオムレツ完成形?

a0095931_16291858.jpg
初めてモンサンミッシェルオムレツを造ってから5日後の再トライ。わりと美しいです。
a0095931_163082.jpg
 ふわふわです。焼きたてのスフレの甘くない感じ。海老とか色々入っているといいのにと思いますが、全卵を泡立てているので色々加えるとへな〜〜となってしまうとか。ソースで勝負ですね。これは夕食の〆に出てきました。
by nobimaru | 2015-02-25 16:34 | 今日の一品 | Comments(3)

モンサンミッシェル名物のオムレツ!?

a0095931_9525886.jpg
 フワフワのオムレツです。のび丸が町ですれ違ったおばさま軍団が話していて「え?それはいったいなんなんだ?」とネットで検索したらかの有名なフランスの観光地モンサンミッシェルで名物として食べられているそう。
a0095931_9551164.jpg
 本当はもっとオムレツ、なんでしょうけどこれはのび丸風。海老とマッシュルームのトマトソース。卵が好きなのび丸は聞き捨てできなかったんでしょう。
a0095931_9564336.jpg
 福岡で埋もれていたバーミックス。白身と黄身を一緒に泡立てるのがモンサンミッシェルオムレツらしい。…布巾が汚い…炭を扱うので色が染みてます。
a0095931_1001039.jpg
 この日のビールのあては糸巻き蒟蒻とエリンギを炒ってかえしで味付け、かえしの水分がなくなるまで炒り付けたもの。ふつうの蒟蒻ではやりますがこの日巻き糸こんが余ってたらしい。普通の蒟蒻より食べやすくて味もからまってるし美味しいです。
a0095931_1022011.jpg
 モンサンミッシェルオムレツに合わせたのは都濃ワイナリーのキャンベル・アーリーのロゼ。ものすごく美しい色、イチゴの香りですいすい入りますがデザートワインだったかなあ。
a0095931_1043791.jpg
 3皿めはあるもの野菜と豚肉の炒め物。
a0095931_1062287.jpg
 残った汁でほとんどソーメンだけのソーミンチャンプルーで締めました。実験料理は続きます。
by nobimaru | 2015-02-19 10:07 | 今日の一品 | Comments(3)

鶏ささみの生クリームしゃぶしゃぶの作り方。

a0095931_18535768.jpg
 「鶏ささみの生クリームしゃぶしゃぶ」。この皿は野菜にアサツキを使ったものです。
a0095931_18563365.jpg
 こちらは芽キャベツで。
野菜を変えれば一年中できます。山菜(うるい・たらの芽など)も使えます。

レシピです。
1)鶏ささみは筋を抜き、塩を軽く降って10分置く。純米酒で洗ってから
 写真くらいの大きさにそぎ切りにして造る(刺身にする)。

2)アサツキもしくは芽キャベツはあらかじめ好みの固さに塩ゆでしておく。

3)生クリーム100ccを温め、鶏ささみの造りをシャブシャブ程度に軽く振りゆがく。

4)そのあとの生クリームで用意していたアサツキもしくは芽キャベツを軽く煮て塩で調味。
これに鶏ささみを和えて供する。

2枚目の皿にはたまたまあった「ほうじ茶塩」を降ってます。

ささみと野菜をいっしょに口の中に入れます。美味しいです!
よろしかったらお試しください。
by nobimaru | 2015-02-03 19:08 | 今日の一品 | Comments(0)

とりともの「鯛す」が届きました。

a0095931_13553793.jpg
 暮れに京都に行った時、日本海が荒れて小鯛がなかったので年が明けてからというお約束で送ってもらった「鯛す」。ワインオープナーをフタに突き刺してます。
a0095931_13585446.jpg
 パコっと開けました。
a0095931_13594988.jpg
 これでもかと入ってます。一枚は小鯛の半身。食べやすいようにそれを半分に切ります。
a0095931_141142.jpg
 樽についてきた説明書。京都やねえ。ちらっと見えているワサビは去年の11月21日、東京農工大学園祭で買った多摩のわさび。静岡産と味が違います。
a0095931_1434325.jpg
 わーい、飲むぞ〜!「鯛す」に合わせるのは奥野田フリザンテ2012。
a0095931_1465073.jpg
 「鯛す」に添えるのは自家製のカブの漬物・静岡のわさび漬け・寒締ほうれん草のごま和え。
a0095931_1485371.jpg
 鯛すにカブとワサビをのせて頂きます。デラウェアなのにしっかり辛口のフリザンテに合う…。
a0095931_14101593.jpg
 フリザンテは無濾過なので最後の方(右のグラス)は酵母で濁っています。身体に良さそう?かくして一本目はあっという間になくなりました。
a0095931_14104411.jpg
 ものすごく美味しい芽キャベツと鶏ささみのクリームしゃぶしゃぶ。報告者e絶賛。ちなみに…
a0095931_14155149.jpg
 これは12月12日の鶏ささみのクリームしゃぶしゃぶ。野菜はアサツキ。このときもe絶賛。温かい生クリームに包まれたささみが超柔らかい!毎日食べたい一皿だけど、のび丸は同じものをあんまり作らないのでe不満だ。この時絶賛したので短い間に同じようなものを作ってくれたらしい。簡単なので次回レシピをあげます。
a0095931_14204196.jpg
 はっはっは。やっぱり一本では足りなかった。2本目(黒い蝶のラベル・しゃれてますね)は去年の12月にリリースしたばっかりの奥野田フリザンテ2013!つまり図らずも垂直試飲が出来ました。
a0095931_14231878.jpg
 ラストは前日一緒に焼いておいたサバのパエリア!これもフリザンテのつまみです。ごちそうさま!
by nobimaru | 2015-01-30 14:24 | 今日の一品 | Comments(2)

正しい瓢亭卵には一歩とどかない?それでもよくもまあ切れたもんだ。

a0095931_23501490.jpg
 たいへん美しく剥けていますよね。秘密は生まれて3日目の卵で、という強い規制があります。これでないとうまく剥けない。え〜〜なんで?
a0095931_23512953.jpg
 剥いた卵を手のひらに載せて包丁でふっと切ったそうです。パチパチパチ!そして醤油を1滴ずつ…。食べるのはぱくっと一口、瞬間の幸せであります〜。でも瓢亭卵、にしてはちょい固?らしい。というわけで、ここからはのび丸が書き込みました。



 瓢亭卵とは、まあ、ゆで卵ですな。黄身はふんわりとろとろ白身はふっくらふわふわ、を目指します。卵は生まれて3日目が理想。冷蔵しない。

 ・冬場ならぬるま湯につけて温度をあげておく。

 ・鍋を二つ用意し、片方に卵を並べ、もう片方にその卵がかぶるくらいの水を入れて加熱します。

 ・卵無しの鍋の水が沸騰したら卵の鍋にお湯を移して火を付ける。すぐ再沸騰する程度の火加減です。

 ・お湯を移してから最初の2分程は卵を転がして黄身を真ん中にもってきます。

 ・5分30秒たったら取り出し即座に冷水に取る。夏場は氷を使いましょう。

  #このあたりでグズグズしていると写真のようにちと固めになってしまいます。
  #予熱の影響もあるかもしれません。

 ・卵が冷えたらスプーンの裏などで叩いて細かく亀裂を入れます。

 ・もう一度水につけて卵の丸い方からゆっくり剥いていきます。うまくいくとリンゴの皮むきのように全体がつながって剥けます。

 ・両端をちょんちょんと切って手のひらに横にしてのせ、真ん中をすっと切って上手に扱うと黄身がこぼれません。

 ・薄口醤油を一滴たらしてしばらく置き、黄身がしまったら供します。

 新しい卵なのに、殻がうまく剥ける理由は不明です。茹でてすぐ冷却するからだと物の本(辻留「料理のコツ」)に書いてありますが、冷水で冷やさなくてもきちんと剥けます。宇宙は不思議でいっぱいですね。

たまごってこんなに深いとはおもってなかった 報告者eでした。
by nobimaru | 2015-01-20 00:32 | 今日の一品 | Comments(2)

笑うしかない一品。黙々と食べました。

a0095931_1302849.jpg
 台風18号、19号が過ぎた直後に奄美大島に行ってきました。キャンセルせずに延期してなんとかやってきたご褒美に豪勢な酒のつまみじゃ〜〜。なんと6人分です。ちなみに…
a0095931_1314217.jpg
 尊敬する奄美の漁師が伊勢エビを獲るべく海に飛び込んだ所。BCなしだもんなあ…。
a0095931_1374246.jpg
 刺身。左から姫エビ、伊勢エビ、セミエビ。お味も違います。贅沢すぎて冷や汗。
by nobimaru | 2014-10-21 13:11 | 今日の一品 | Comments(3)

お役立ちの常備菜ですが、贅沢にアグー豚のチャーシューだ!

a0095931_18561553.jpg
 台所でなんかしてるな〜と思って行ってみたら、豚肉の表面を焼いてました。アグー豚?豪華やね。
a0095931_18565423.jpg
 つけ汁とともにビニール袋に放り込む。 
a0095931_18595215.jpg
 報告者eの唯一の調理器具シャトルシェフ1,6リットルを使用。eはこれで玄米ご飯とか炊きますがのび丸はこういうビニール袋真空調理や温泉卵に。
a0095931_1901955.jpg
 冷えない湯の中でビニール袋豚肉が程よく煮えます。
a0095931_1943229.jpg
 出来上がり!
a0095931_195026.jpg
 贅沢にワインのつまみに使ったり…
a0095931_1943073.jpg
 冷やし中華に使ったり…。お役立ち豪華チャーシュー。のび丸はこれを気に入って常備菜にしています。もう少し安い豚肉で。
by nobimaru | 2014-05-31 19:09 | 今日の一品 | Comments(5)

アボカドの肉巻

a0095931_1828615.jpg
 のび丸のビールのつまみその1。ラフなマッシュポテトに明太子。合うよね〜。植物は奥野田ワイナリーのカベルネソーヴィニヨン。葉っぱが出てきました〜。
a0095931_18295432.jpg
 ポテトにトッピングを替えて、その2。サラミロマーノ。
a0095931_1831676.jpg
 近頃みつけた調布地ビール。輝く調布の星「ホッピー」で作っている。何じゃこりゃー純粋ビールじゃないかい。麦芽とホップだけで作られている志が高い生意気なビール。美味しいよ〜〜。
a0095931_18332522.jpg
 報告者eが春の体調不良でずっと食欲不振なので、アボカドの肉巻きフライが美味しかったよね、でも油分が多いのはまだ入らないとかぐずぐずわがまま言ってたら作ってくれた「アボカドの肉巻き揚げワンタン仕立て」
a0095931_1836461.jpg
 中身。ビール飲めたらなあ。ホクホクです。
a0095931_18372540.jpg
 蕗の黄身酢和え。
a0095931_1839647.jpg
 遊んでこんなことも。奥の2個はアボカドだけをワンタンに包んであげてます。
a0095931_1839516.jpg
 〆は抹茶素麺の煮麺でした。ごちそうさま。早くビールをがばがば飲めるようになりたい…。
by nobimaru | 2014-03-30 18:41 | 今日の一品 | Comments(1)

つまみにもおかずにも。作り置きできるポーク

a0095931_10171810.jpg
 のび丸が旅にも持って行ったようですが、報告者eの夕飯もしくはワインのつまみ用においていったローストポーク。前日の夜作りました。味見で〜す。
a0095931_10192731.jpg
 夕飯を食べながら作ってます。同時進行でソースも。
a0095931_1021125.jpg
 ポークが出来る前から飲んでました。ヒトミワイナリーのカリブー
a0095931_1022043.jpg
 野菜もの一品。キャベツとアサリがたっぷりのフランス鍋グリル。ほくほく。食べて飲んでいると台所でじゃーじゃーポークを焼く音が聞こえてました。美味しそうな音ですな。
by nobimaru | 2014-03-17 10:25 | 今日の一品 | Comments(1)


夫が作る日々のご飯。


by nobimaru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル