カテゴリ:珍しいもの( 35 )

スッポンさばいて食べました〜〜。ワインはもちろんMBA!

a0095931_15563587.jpg
 パルコの魚屋さんでゲット。しかし、さばいてくれるというので予約したら当日さばき担当が休み!しょうがなく自分でさばくのび丸です。なむ〜。
a0095931_15581992.jpg
 スープとってます。スッポンはスープが命。小鍋で内臓を煮てます。
a0095931_15591711.jpg
 肉を切り分けています。
a0095931_160416.jpg
 いよいよ「スッポン鍋」を食します。敬虔な気持ちに…。ワインはのび丸のリクエストで敷島醸造のマスカットベーリーA。
a0095931_1622322.jpg
 まずは京都のスッポンの名店「大市」方式でスープ。塩をひとつまみ。…う、う、うまい…。かなり大市!肉の大きさは三分の一位ですが。
a0095931_1685873.jpg
 内臓の佃煮。日本酒じゃなく、ワイン合います!!
a0095931_1641491.jpg
 大市の鍋はひたすらスッポンのみですが、のび丸は合うのではないかとごぼうを投入。合います!!!日本のワインも無敵!
a0095931_1654430.jpg
 生米からスッポンのスープで煮たごはんで最後のお決まりの雑炊です。鶏卵をまわしかけます。スッポンの小さい卵も入ってます。スッポン鍋の前のビールの時にはぐら瓜と水茄子の漬物、ズッキーニのフランス鍋焼きも食べました。超ごちそうの夕ご飯でした!口がねとねとします…。
by nobimaru | 2016-06-23 16:14 | 珍しいもの | Comments(0)

ミズの実 秋の始まりに。

秋を先取り!&「小さい秋」、見つけた!
a0095931_8275692.jpg
9月の初め、調布のやさい畑に出ました!早速買ってきてしょうゆ漬け。ミズという山菜の実、というかなんと言うか。
a0095931_8294282.jpg
 つながっています。プチプチとしてぬめりがあり、もうミズの実がでる季節なんだなあとしみじみ。9月の終わりくらいまででます。山菜って普通春とか初夏のものですが、これは秋の味覚。ミズとミズの実。こちらのHPが詳しいです。
by nobimaru | 2015-09-16 08:33 | 珍しいもの | Comments(0)

気が弱い人は見ない方が…2)豚顔

a0095931_22154025.jpg
 豚の顔です。去年奄美のスーパーでゲット。冷凍庫に眠っていたものを解凍してなにかするのでした。コラーゲンのかたまりですね。
a0095931_22165550.jpg
 出来たものは野菜の右にある豚味噌。コラーゲン味噌といえよう。
a0095931_22174141.jpg
 作った日の夕食。
a0095931_2218354.jpg
 サフランライス。
a0095931_22201976.jpg
 サフランライスをレタスに乗せて…。
a0095931_22205382.jpg
 豚顔味噌を三つ葉といっしょにその上に乗せて…。かぶりつくのです。奄美の味噌を使っているのでやや甘め。
a0095931_22262988.jpg
 宮崎の都農ワインの甲州プライベートリザーブをあわせています。
a0095931_222215100.jpg
 明太子乗せてもおいしい。あの顔の大きさから推し量って頂けると思いますが、たっぷりの豚味噌が出来て長いことお役立ちでした。
by nobimaru | 2015-05-26 22:28 | 珍しいもの | Comments(1)

旦過市場のクジラ、2日目です。

a0095931_18585371.jpg
 クジラ赤身のタルタルに宮崎の都農ワイナリーの赤スパークリングを合わせました。葡萄はカベルネ・ソーヴィニヨンとマスカットベーリーAなので濃くて味わいも深いですが、泡があんまりたたない
a0095931_1905920.jpg
 でもクジラのタルタルにすごく合いました。スティルワインと思えばいいかな。クジラは赤身を細切り。ショウガの絞り汁と白醤油に、ごま油を加えたもので和えます。卵黄をほんのちょっとたらして(報告者eはきづきませんでした。そのくらい少し)もう一度和えます。モヤシは残りの卵でチャンプルーにして上と同じ調味料で味を付け、その上にクジラを乗せ白ネギの千切りを添えます。シャキシャキ感がねっとりしたクジラを引き立ててます。
a0095931_19123975.jpg
 昨日はハリハリ鍋になったクジラのうねをフランス鍋に並べ、魚焼きグリルの弱火でじっくり焼いたもの。油は敷きません。これがイノシシの肉に良く似ているそうで、泡がなくなって赤ワインとなった都農ワインにピッタリ!左はのらぼう菜の白みそベースの酢味噌和え。
a0095931_19172351.jpg
 3皿目は麻婆豆腐のび丸風。肉がラム肉なので「ラム麻婆」。
a0095931_1918835.jpg
 残った汁を絡めて炒めた麺。
a0095931_19185525.jpg
 数日前、気が抜けて味が薄くなったワインに蜂蜜を加えイチゴとリンゴを漬けたソースをハーゲンダッツのナッツアイスにかけて冷たいデザートで〆。長年ワインを飲んでいると色々あります。でも美味しかった!ごちそうさま。
by nobimaru | 2015-03-14 19:23 | 珍しいもの | Comments(1)

小倉出張のお土産で。旦過市場のぬか炊きとくじら!

a0095931_14361053.jpg
 今週の月火、のび丸は出張で小倉に。これはお土産です。帰ってきた日、遅くなりましたがビールのつまみはこれらのもの。
a0095931_14381511.jpg
 手前は北九州名物の糠炊き。たっぷりのぬかみそ(糠漬けの糠)で炊いた左がイワシ、右がさば。奥の左は博多ではなく北九州の辛子明太子。奥右はのび丸の白菜漬け。ぬかみそだきはもともと小倉の家庭料理でものによっては糠臭いと苦手な人もいるようですが、これはすごく上品で美味しい。ふじたという店のものだそうです。ビールに合いますがご飯にも合いそう。
a0095931_14464413.jpg
 メインはクジラのハリハリ鍋。たっぷりの水菜がはりはりしているからの名前、かな。
a0095931_14481278.jpg
 やっぱり赤でしょう。機山ワインの赤。
a0095931_1449343.jpg
 赤身は普通生が美味しいのですがしゃぶしゃぶに。ショウガのすり下ろしをたっぷり添えて。
a0095931_14494851.jpg
 クジラのうねの部分が鍋の中で待っていました。これは美味しい!何年振りでしょう、ていうかこういう調理は初めてかな。クジラの店は佐世保にもありましたね。旦過市場も懐かしい!この後チャンポン麺で〆にしました。
by nobimaru | 2015-03-12 14:55 | 珍しいもの | Comments(1)

超めずらしい現象。超簡単。eが作って1人で食べました。

a0095931_109189.jpg
 のび丸が石垣島出張の3日間、残っているジャガイモ、不断草、玉ねぎを消費するべく報告者eが料理(まあ料理とは言えないか)。
a0095931_10102614.jpg
 この不断草を使った料理はずーっと昔に雑誌に載った料理研究家辰巳芳子さんのレシピ。もともとはスペインの肉料理の付け合わせ用だとか。当時夏の葉もの野菜が少ない時の貴重な不断草。この色付きは「スイスチャード」として売られています。ジャガイモを割と大きめのまま、塩ゆでします。ゆだってゆで汁も少なくなってきたら不断草をばっさりほおりこみます。不断草に火が通ったら出来上がり。香り高いオリーブオイルをたっぷりかけてジャガイモをつぶしながら不断草とオリーブオイルにからめて食べます。こってりした肉料理の付け合わせなので薄味。これだけの時は好みで塩や仕上げに醤油をちょっと。
a0095931_10184646.jpg
 新玉ねぎのスライスを水にさらして紫蘇のみじん切りと和えました。味付けはのび丸が置いて行った胡麻酢味噌。簡単な夕食でした。
by nobimaru | 2014-06-27 10:20 | 珍しいもの | Comments(2)

恥ずかしいですが、ひとりごはん

a0095931_11192631.jpg
 のび丸がいない4日間3夕食の1日目。のび丸が作りおいてくれたふろふき大根でワインです。これが飲まずにやってられるかい。ワインは滋賀県のヒトミワイナリー「一晩のみあかそうワイン」。すかすかはいります。
a0095931_1121479.jpg
 続いて焼そばを作りました。のび丸料理の残り物の「なんだかわからない汁」で味付けしてるのでなかなかです。ワインが一本あっという間に空きました。残すつもりでバキュバンも用意してたのに。飲み過ぎですが二日酔いが軽い。自然派ワインの特徴ですね。
a0095931_11281558.jpg

次の日です。報告者eは唯一愛用の鍋「シャトルシェフ」ならご飯を炊けます。大豆も茹でます。その鍋を使ってのび丸が作った「ローストポーク」、カブの漬物、ふろふき大根(といっても味付き)の汁にたっぷりの野菜をほうりこんだ汁、で2日目の夕飯です。
a0095931_11354998.jpg
 なんでアルコール無しにできないかなあと忸怩ですが、残ったチーズもあり、朝の消防訓練でもらったリッツもあったので3日目はこんな1人の夕食になりました。だってのび丸は旅先で絶対飲んだくれてるに決まってるんだもん〜〜。なんとなく限度な食事風景ですね…。すみません、お目汚しでした。味は良かったです。
by nobimaru | 2014-03-16 11:51 | 珍しいもの | Comments(1)

久々の我が家

a0095931_7375713.jpg
 パリから帰ってからなぜか約1月別居。やっと我が家で紅茶を飲みました。福岡に来た従妹がコンランショップで見つけてくれたもの。映画版。ははは。妹にはこのアート版。ピカソやマティスが紅茶の風呂に入ります。ほっ…。
by nobimaru | 2013-10-24 07:44 | 珍しいもの | Comments(0)

アーティショー(アーティチョーク)の正しい食べ方in Paris

a0095931_9495943.jpg
 アーティショーです。正しいというか報告者eが憧れていた食べ方です。大昔、本で読んで…。大きいのを一個丸茹で。日本では高いよね…。パリだから出来ること。
a0095931_9521676.jpg
 ガク(?)をちぎって…根元を歯でしがみます。そうするとそのホクッとした中身が空豆の様な味と歯触り、と本に書いてありましたがほんとにそんな感じです!わーい!
a0095931_9562591.jpg
 どんどんちぎってどんどんしがみます。お試しで朝ご飯の後に茹でましたが、こりゃビールだなあ。中心に進むに従って中身が少なくなる…。パリまったり宴会で来てくれたのび丸の友達によれば、飲み会の際によくこうして食べるそうです。アーティショーはフランスにおける枝豆だったのだ!
a0095931_958976.jpg
 ガクにはもうほとんど中身無し。花なんだなあ、やっぱり。
a0095931_959750.jpg
 食べられる所を求めて全部剥いちゃいました〜。不気味…。
a0095931_9595079.jpg
 真ん中は食べられそうには見えませんが、毛とかをとりのぞき…
a0095931_1003344.jpg
 これをスライスすれば、お味は空豆。
a0095931_1021854.jpg
 パリラスト宴会で食べたアーテショー。柔らかいので全部ぱくっといけます。こっちは細いのが5,6本花束のようにくくって売られています。そうです!このアーテショーは細すぎてガクをしがむことはできなかった。のび丸のばかー、泣。次回のフランスでは100個くらい食べてやる!ビールで!一瞬の夢でした…。
by nobimaru | 2013-10-02 10:16 | 珍しいもの | Comments(1)

ほやのさばき方

a0095931_1832449.jpg
 のび丸がほやなんか買ってきました!(泣)。魚屋さんからさばき方を教わって来たそうです。二つの突起は+と−があって、まず+の突起を切り落とす。
a0095931_18342496.jpg
そこから汁が出てくる。この汁は美味しいので(!)取っておく。
a0095931_1835555.jpg
下の黒い固い所を切り取り、皮を剥く。オレンジ色の部分を適当に切り分けて、先ほどとっておいた汁にくぐらせて、食べるそうです。
a0095931_18355496.jpg
 のび丸はこういうのが苦手な報告者eの為に色々工夫をしてます。
a0095931_18373618.jpg
 ホヤの身には千切りのショウガをまぶして、千切りの山芋をそえます。軽く塩した冷えたキュウリといただきます。ちょっとお醤油。意外と旨いっ!!
by nobimaru | 2013-05-28 18:43 | 珍しいもの | Comments(3)


夫が作る日々のご飯。


by nobimaru

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル