筍!タケノコ!竹の子!いつもの春のいただきものです!

a0095931_98457.jpg
 福岡からたくさんのタケノコが届きました。福岡にいたら電車で頂きに行くんですが。もっちろんタケノコ料理で乾杯!え、どこにタケノコ?って?
a0095931_9152768.jpg
 これこれ。まずビールのお供に茹でて味付けした海老と味付けしたタケノコと生のウルイをベトナム春巻きしました。採れたてを絶妙の茹で具合で茹でて送ってくれるので歯ごたえもさくさくです!パンは調布パルコ地下に出張中のリンデのプレッツェル。出張最後の日ということで買いだめしたら、翌週も玄関前に特別出店してました。でもそれが終わると吉祥寺まで買いに行かなきゃいけません…。
a0095931_9445992.jpg
 途中でワインに。特別の日のワイン、奥野田ワイナリーのシャルドネ、なんと2008が手に入りました。
a0095931_9462366.jpg
 
a0095931_9465521.jpg
 定番のタケノコ料理は…。
a0095931_9473393.jpg
 タケノコを油で炒めて、醤油・ちょっとのお酒・みりんをカラメル状になるようにからめます。本当は砂糖を使うらしい。アンコウと穴子の店「たまる」で出てくるもので報告者e、その妹も大好物です。タケノコに同封されていた山椒!柔らかくて香りも高い。花もついてます!心遣いに感謝です!
a0095931_9512136.jpg
 メインは、不気味な姿ですが…。
a0095931_9521127.jpg
 もちろんタケノコ入り。タケノコを牛肉で巻いて、オムレツに埋めてグリルで焼いたもの。オムレツにもタケノコ!
a0095931_9531630.jpg
 超定番若竹汁!
a0095931_9534429.jpg
 同じに見えますが若竹蕎麦です!ごちそうさま!しばらく幸せなタケノコ三昧の春です。
Commented by nobimaru at 2015-04-23 09:33
若竹煮:師匠の教えは「ワカメとタケノコは別々に煮る。そのときの料理の流れに応じて、ワカメの味つけを濃くしたり、タケノコの方を濃くしたり。吸い地も別に調味して張る。一緒に煮ると同じ調子の味つけになり食べ飽きてしまう」。ここではワカメの方を若干濃くしています。蕎麦を入れるときは吸い地もちょっと味を足します。
by nobimaru | 2015-04-21 09:59 | 到来もの | Comments(1)

夫が作る日々のご飯。


by nobimaru