アーティショー(アーティチョーク)の正しい食べ方in Paris

a0095931_9495943.jpg
 アーティショーです。正しいというか報告者eが憧れていた食べ方です。大昔、本で読んで…。大きいのを一個丸茹で。日本では高いよね…。パリだから出来ること。
a0095931_9521676.jpg
 ガク(?)をちぎって…根元を歯でしがみます。そうするとそのホクッとした中身が空豆の様な味と歯触り、と本に書いてありましたがほんとにそんな感じです!わーい!
a0095931_9562591.jpg
 どんどんちぎってどんどんしがみます。お試しで朝ご飯の後に茹でましたが、こりゃビールだなあ。中心に進むに従って中身が少なくなる…。パリまったり宴会で来てくれたのび丸の友達によれば、飲み会の際によくこうして食べるそうです。アーティショーはフランスにおける枝豆だったのだ!
a0095931_958976.jpg
 ガクにはもうほとんど中身無し。花なんだなあ、やっぱり。
a0095931_959750.jpg
 食べられる所を求めて全部剥いちゃいました〜。不気味…。
a0095931_9595079.jpg
 真ん中は食べられそうには見えませんが、毛とかをとりのぞき…
a0095931_1003344.jpg
 これをスライスすれば、お味は空豆。
a0095931_1021854.jpg
 パリラスト宴会で食べたアーテショー。柔らかいので全部ぱくっといけます。こっちは細いのが5,6本花束のようにくくって売られています。そうです!このアーテショーは細すぎてガクをしがむことはできなかった。のび丸のばかー、泣。次回のフランスでは100個くらい食べてやる!ビールで!一瞬の夢でした…。
Commented by のび丸 at 2013-10-02 15:22 x
というわけで、お怒りはたいへんなものです。間違えないようにしなくては。大きい方はけっこうアクが強いので、茹で置きはしないほうがいいです。クリーム系のソースを用意して、芯の部分だけになったらこれに絡めて食べるのがいいかな。和食の黄身酢も合いそうです。
by nobimaru | 2013-10-02 10:16 | 珍しいもの | Comments(1)

夫が作る日々のご飯。


by nobimaru