朝ご飯には温泉卵

a0095931_10495885.jpg
 4月29日の朝ご飯です。あれ?ごはんがない。…お茶漬けでしたっけ。
a0095931_10514399.jpg
 温泉卵。きれいに出来ました。
a0095931_10521837.jpg
 理想的。
のび丸の作り方です。(コメントをコピペしちゃいました)

(0)卵6個(70g前後のもの)を室温(20℃)に戻しておく
(ぬるま湯を使ってもよい)。
(1)厚手の金属の鍋(蓋付きの物)に水1000ccを入れて沸騰させる。
(2)水200ccを加えて撹拌し、卵を投入して蓋をする。
(3)20分で黄身が少し固まった状態になる。ゆるめが好みなら15分。
 放置しておいても黄身がしまってくるだけで白身は固まりません。
 つまりタイマーなしでもできちゃいます。
(4)注意。IHを使うときは、沸騰状態に見えても温度が低いことがあります。
 いったん弱火にしてよく撹拌し、完全に沸騰した事を確認してください。
 
 卵の数を変えたいときはどうするのか、については公式を作成中です。

この日午後から宴会なので朝ご飯が終わったら早速お買い物、そして下ごしらえです。
Commented by kt at 2012-05-12 13:51 x
お湯の温度を予め決めてから、卵を入れるのですね。
温泉卵が出来る温度まで水温が下がる。
熱量の問題となる訳ですね
Commented by のび丸 at 2012-05-12 17:48 x
そうです。卵の比熱が問題なのですが、どこにもデータがありません。しかも生のときと半熟のときで値が変わるはずなのです。で、自分で実験して算定することに。結論はもう少しデータ解析してから発表します。
Commented by のび丸 at 2012-05-12 19:53 x
その後の実験で判明した事:
(1)鍋の状態(厚さ・蓋の密閉度)で放熱量がかなり違います。やや薄い鍋でやってみたら黄身がゆるくなりました。こういうときのリカバーの方法も検討中。
(2)IHでの加熱は、最も強火で見かけ上沸騰状態のとき火を止めて水温を計ると約90℃でした。ガスだと95℃くらいです。これは新知識かも。
by nobimaru | 2012-05-12 11:00 | 朝ご飯 | Comments(3)

夫が作る日々のご飯。


by nobimaru